陶芸家・熊本栄司の陶芸春秋

陶芸家・熊本栄司の日々の活動や思い、陶芸家としての喜怒哀楽を綴ります

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

陶芸家と年金

 
ついに私のところにも・・・

「キターーーーーーッ!」

って何が来たかと言いますと「ねんきん特別便」

・・・で「年金の記入漏れがないかを確認してください」という事。

特別便って言うのだから、何か特別なサービスでもあるのかと思いきや
間違っていないか確認して返送してくれだと・・・・

なんで社会保険庁の仕事をタダでしなきゃ~いけないんよ!

郵便局までのガソリン代払ってくれ。
書類を書いている時間給をくれ(ちなみに私は高いぞ)
切手代は税金ではなく、職員の給料から天引きしろ!

おっとっと~・・・冷静に冷静に。

私は国民年金一本なので確認作業というのは
加入開始年月日だけ。

どうも私は22歳から支払っていた?らしい。

年金をもらうには25年は払わないといけないらしいが
まあ、このまま納めていれば軽くその基準はクリアーできそうだけど。

それで一体どれくらい年金がもらえるのだろうと、60歳まで払い続けたとして
計算してみたら・・・

だいたい月に6万円から7万円の間。

そこから介護なんとか言うのを天引きされたら
一体手元にいくら残るのだろう?

年金だけの老後を考えると生活はできない。

超・超・超節約生活をしてやっとサバイバル生活ができるかどうか?
よゐこの濱口と良い勝負だろう。

つまりはお先真っ暗、ブラックホールへ一直線。

基本的に陶芸家はほとんどの人が国民年金だと思うんだけど
陶芸家を志す人は老後の事も考えて決断すべし。

・・・・ってこういう風に書くと超ネガティブだから、前向きに書くと

死ぬまで現役でビシバシ儲ける事ができる陶芸家。
年金なんて当てにしなくて年金はボーナスのつもり。

月に6万あれば年間72万円。

毎年、贅沢な海外旅行に行けるな~~!あははははは

そのような老後になるように、陶芸家は棺桶に入る前日まで
働かなくてはいけないのだ!

陶芸家に定年はない。良い事だ!????

(ちょっと・・いや、かなり槍投げ・・ではなくなげやり)


人気blogランキングへ

banner2.gif

スポンサーサイト

Comment


    
プロフィール

熊本栄司

Author:熊本栄司
陶芸家・熊本栄司

三重県四日市市在住。
陶芸ビエンナーレグランプリ。
朝日陶芸展 秀作賞・新人奨励賞。
日展など多数の公募展に入選。

岐阜県瑞穂市の市章をデザイン




カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。