陶芸家・熊本栄司の陶芸春秋

陶芸家・熊本栄司の日々の活動や思い、陶芸家としての喜怒哀楽を綴ります

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

手びねりの指導

 
今日は実にさわやかな日でした。

暑くもなく、寒くもなく、湿度は低く、天気も上々。
どこかに遊びに行きたくなるような日でした。

やっと夏のあの蒸し暑さからようやく開放された感じです。

今日は久々にやってきた生徒さんがいました。

作りたいのは「どんぶり」という事だったので私としては
電動ロクロをオススメしたのですが、「ロクロは難しい」と
言われるので手びねりでの製作となりましたが・・・

私は初心者とは言え電動ロクロの方が比較的簡単にどんぶりを作れ、
手びねりでの方がよほど難しいと思うですが・・・

みなさんはいかがでしょうか?

ロクロの場合、先生があるコツさえうまく伝える事ができれば
誰でもすぐに上手くなります。

実際、体験コースでロクロを選択された方でも終わりの方には
どんぶりくらいの大きさの作品を作れている人もかなりいます。

しかし手びねりの場合は、そうはいきません。

まっすぐ煙突みたいに土を積み上げる事すら
かなり難しいです。

まして、複雑な形・・・いや・・・むしろシンプルな形(球とか立方体とか)
は簡単なようで難しいです。

特に土に馴れてない人が手びねりをやると、ほとんどの人は
だんだんと作品が大きく広がっていきます。

まっすぐな花瓶を作るつもりがいつの間にか口が大きく広がり
そしてピサの斜塔になり、最後にはイナバウワーになってしまいます。

ましてや・・・手に持って、口に運ぶ「どんぶり」となると、よほど
均一に・・・しかも・・重力の事を計算して作らないといけません。

灰皿なら灰が置ければ、一輪挿しなら重くても水が漏らなければ良いのですが
食器を手びねりでの製作となると・・・オジサン、隣で見ていて相当に
疲れてしまいます。

3分くらい目を離してしまうと、もう元には戻れないような状態に
なってしまって・・・

こちらの方が、

「そして僕は途方に暮れる♪」 

そんな状態になってしまいます。(また古い曲)

途中で助け舟を出さないと、初心者の場合、崩壊やひび割れ、
もしくは皿とは呼べない皿になってしまうのはほぼ100%。

陶芸指導の中でも手びねり・・・特に食器の指導が一番疲れます。

いや~、おかげで・・・今日もよく寝れそうだ。


人気blogランキングへ

banner2.gif

スポンサーサイト

Comment

No title

龍洸 さん

すみませ~ん!
龍洸 さんのレスを飛ばしてしまってました。

しかし73人というのは・・・すごいです。

確かに手びねりだと破損の確立もあがりますし
本当に指導が難しいですもんね。

うちの場合、ロクロでない場合は
タタラで教える事が多いです!

2008.10.03 | 熊本[URL] | Edit

No title

私の所は初めての方は電動ロクロで体験をします
そのほうが早くて綺麗に出来ます

手びねりだと本当に大変ですよね!
中々終らないし疲れます・・・・・

今度2日の日は陶板と電動ロクロ73人やるつもりです・・・・

2008.09.29 | 龍洸[URL] | Edit

No title

さかさん

手びねりで重くなる場合は・・・

「削り」

あるのみです。あははは

2008.09.29 | 熊本[URL] | Edit

No title

はい、そうですm(_ _)m毎度そうやって失敗していました。自力で作る食器類は使い物になりません(重くって・・・)

2008.09.27 | さか[URL] | Edit

    
プロフィール

熊本栄司

Author:熊本栄司
陶芸家・熊本栄司

三重県四日市市在住。
陶芸ビエンナーレグランプリ。
朝日陶芸展 秀作賞・新人奨励賞。
日展など多数の公募展に入選。

岐阜県瑞穂市の市章をデザイン




カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。