陶芸家・熊本栄司の陶芸春秋

陶芸家・熊本栄司の日々の活動や思い、陶芸家としての喜怒哀楽を綴ります

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

冷却も焼きのうち

 
よく陶芸仲間の間では、何度で焼いたか?というような話を
したりします。

四日市の万古焼に代表される急須などは、1160度から1180度くらいの
比較的低い温度で焼かれます。

それは鉄分の多い木目の細かい土を使っていて高温にはむかないからです。

無理に温度を上げると、土が沸騰してしまい、土の表面に
あぶくのようになってしまってブツブツになってしまうからです。

低い温度で焼いているからと言って、焼き固まっていないとか
水が漏れるという事はありません。

その温度でもしっかりと実用強度になっています。

よく業界うちで聞く話に・・・

「これは○×度まで温度を上げました」・・ってな
話を聞きますが、温度を高く上げる事を競争しているわけでも
ありませんから、そういう事を聞くたびに・・・

「だから??何??」

・・・という気持ちになってしまいます。

別に到達温度によって作品に勲章が
付くわけでもないので、そんなに力説しなくても・・・って
思ってしまうんです。

・・って言うか・・・私はまったくそういうような事に興味がないからかも。

焼き〆度合いの事だけ言うのであれば木目が細かい土を使えば、
そんなに温度を上げなくても十分に焼き〆ります。

陶芸の難しい所は温度を上げるという事よりは、むしろ温度を下げる
方が難しいのかも知れません。

上げるだけなら燃料をガンガン注入し、長時間焼けば温度は
上がっていくのですから。

比較的小さな作品・・・茶碗サイズだったりぐいのみや徳利などは
収縮に強い土を使っている場合、窯の温度が400度でも無理やりに
引き釣り出す事もできます。

しかし、大きな作品でしかも底の部分の面積が大きい作品とか
厚みが場所によって違ったり、複雑な形状、物理的に重力との
バランスに無理があるような作品は温度の上昇よりはむしろ急冷の方が怖いです。

(もちろん温度上昇も大事だけど)

ですから、そういうような作品を窯に入れる場合、冷めていく時の
事を考えて一番負担の少ない場所に置くようにします。

大きい作品の場合は窯の入り口や煙突の近く(煙突に近い煙道)は
避けてできるだけ中央に置き、周りを作品等で囲むような窯詰めをします。
しかもできるだけ高い場所に。

周りの余熱を最大限使い、急冷を回避します。

大きい作品等を見る場合、私は「よく焼けたね~」というのは
むしろ「うまく冷却したね~」の意味合いの方が強いです。

大きな作品というのは本当に冷ますのが大変です。
大きな作品の致死率で半分は冷却に問題があるような
気がします。(あくまで個人的見解)

seisa.jpg

ちなみにこの作品は小さいのです。


ブログランキングに参加しています。クリックよろしく!

人気blogランキングへ

banner2.gif


スポンサーサイト

Comment

No title

よっし~

まあ、それぞれ人は色々な仕事をしていて
それぞれの専門でやってますよね。

私の場合、陶芸しか能がないので陶芸に
関する事に関してはある程度は知ってますよね。
冷却の事もその一部ですが、いばれた事では
ありません。

よっし~も私の知らない事をいっぱい知って
いますからね~。

まあ、それでも美術の世界は最終的には
好みの問題になるんだけど、やはり作品は
売れないよりは売れた方が良いのですが・・・

これが・・・なかなか・・あはははは

もし買える余裕があればぜひイケメンの
若手アーティストの作品を買ってあげて
ください。

2008.09.14 | 熊本[URL] | Edit

へえ~

冷却がすごく気を遣うんですね・。
以前miyamiyaさんが器を作ってお写真してあったとき、ひびが入った・とか書いてあったのを思い出しました。
私は全く「陶芸」に関して無知なんですが、ほんのちょっぴり関心が出てきました。
「陶芸家」の苦労はこちらの「越前焼き」してる陶芸家も同じようです。それも「若い人」。
私は見るのも好きなので個展とか行くのですが、皆さん同じ悩みを持ってらっしゃいました。
個人的にはこれまでのように頑張って欲しいです。そのためには作品を買わなきゃいけないんですよね。笑

2008.09.14 | よっし~[URL] | Edit

    
プロフィール

熊本栄司

Author:熊本栄司
陶芸家・熊本栄司

三重県四日市市在住。
陶芸ビエンナーレグランプリ。
朝日陶芸展 秀作賞・新人奨励賞。
日展など多数の公募展に入選。

岐阜県瑞穂市の市章をデザイン




カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。