陶芸家・熊本栄司の陶芸春秋

陶芸家・熊本栄司の日々の活動や思い、陶芸家としての喜怒哀楽を綴ります

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

見慣れた風景

 
小さい頃から見慣れた風景というものがある。

そのひとつに近所にある松の木がある。

しかし・・・その松の木を見るたびにあるモノに見えて仕方ない!

・・・って言うか・・・

この松を見て、あなたはどう思う???

machigai1.jpg


私はオオカミ?が口を大きく開けて「ガオーッ!」ってやっているようにしか
見えないのであります。

machigai2.jpg


この木は私が赤ちゃんの頃からあり、保育園、幼稚園、小学校・・・とずっとこの木を
見て育ってきた。

子供の頃は想像力が異常にあり、色々なモノが変なモノに見えてしまう傾向が強い。
だから子供の頃だけそういう風に見えて大人になったら、そういう風には見えないと
思っていたら・・

大人になった現在でもオオカミに見えてしまうのであります。

それと・・もうひとつ!

私の母屋のある部屋の天井の柱?があるモノに見えて仕方ない。

machigai5.jpg


夜、寝る時に天井を見ると必ずこの柱の部分に目が釘付けになってしまい、
恐怖で中々寝付かれない日々を送った。

machigai3.jpg


どうみても・・・・骸骨(ガイコツ)だろ~が~~~!!

machigai4.jpg


この骸骨にしても夜、寝る前に見ると本当に怖い!




外に出ると巨大なオオカミ!

天井からずっと自分を見ている骸骨!

あなたにもないですか?あなたにしか見えない色々なモノ!


ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif


スポンサーサイト

Comment

No title

みっぴさん

夜中の遺影とか肖像画とか・・・
すごくわかります。
確かに動いてますもん!!あははは

今でもカーテンが動いているように
見える時がありますが・・・・
単に酔っ払っているだけかも知れません。
あはははは

2008.06.20 | 熊本[URL] | Edit

No title

うつわいさん

あははは・・・確かにそういう風にも見えますね~。
そういう風に見るようにしていれば、夜に
怖い思いをしなくて済んだのに~!!
・・・って今更遅いですが・・・

昔、電柱が怖い背高巨人に見えてそれも
怖い思いをしていました。

想像力が豊かすぎ??たのかも知れませんが
肝心の陶芸の方の想像力が昨今、さっぱり
ダメです。
困ったもんですよ!!とほほほ

2008.06.20 | 熊本[URL] | Edit

おもしろい!!

このシリーズ、クイズ形式でまた何かあれば見たいですね~。

おっしゃっている意味は理解できますが・・・それには見えなかったです♪

わたしは夜中の遺影・・・ですね~。薄暗いところで写真をじ~っと見ると、絶対に何かしゃべっています。口だけが動いているんですよ。

って、そう錯覚しちゃっているのはよくわかるんですけどね。 釘付けになります。

2008.06.20 | みっぴ[URL] | Edit

No title

ありますね~。
私は鉄塔ですら、スケルトンのキリンたちに見えたりします。

この松の木は狼でしょう、迷いないです。

そして、母屋の天井の柱ですが、私にはかわいい恐竜が『何?』って、振り返った感じに見えました。
ちなみに、熊本さんの骸骨の鼻が恐竜の目玉で、あばらの辺が口です。

2008.06.19 | うつわい[URL] | Edit

No title

さかさん

え~???
どう見たってオオカミでしょう?!

う~ん・・・わからん!

2008.06.19 | 熊本[URL] | Edit

No title

やはり芸術家は小さい頃から見る目が違うのね~(^^;)私など木は木にしか見えないもの・・・。

2008.06.18 | さか[URL] | Edit

    
プロフィール

熊本栄司

Author:熊本栄司
陶芸家・熊本栄司

三重県四日市市在住。
陶芸ビエンナーレグランプリ。
朝日陶芸展 秀作賞・新人奨励賞。
日展など多数の公募展に入選。

岐阜県瑞穂市の市章をデザイン




カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。