陶芸家・熊本栄司の陶芸春秋

陶芸家・熊本栄司の日々の活動や思い、陶芸家としての喜怒哀楽を綴ります

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

所詮、他人(ひと)事。

 
先日、テレビを見ていたら漆工芸の事をやっていた。

見事な漆作品でお盆やら弁当箱やらを紹介していた。

後継者がなく、匠の人も高齢なんだけど、伝統工芸を死守すべく
がんばっているという。

そこでアナウンサーの人が・・・

「素晴らしい作品ですね~。特にお弁当箱なんて粋ですね。
こういう伝統技が無くなるのは残念です。後継者が出てくる事を
期待したいですね」

後継者が出てくるのを期待する?!
何を言ってるんだよ~、まったくぅ~。

高級な漆の弁当箱って誰が買うんだよ~?

・・・・ってお前の弁当箱は100円ショプで買ったヤツだろうに~!!

以前、東京の青山の漆専門店でなぜか陶芸のグループ展をした
事がありますが、その時の店主は漆で食べていくのは陶芸に
比べてはるかに大変だと言っていました。

手間ひまかけて、何度も漆を塗り重ねる作業の後にできる作品は
やはり高価になってしまうけど・・・匠の給料を計算するとそれでも
薄給料になってしまう。

いつ売れるかわからない。需要が少ない。
漆工芸は素晴らしいんだけど・・・

ただ・・・伝統工芸品という名前でなんとか地位を保っているが
名前だけで食べていけるほど現実は甘くない。

若者に匠の技を習得させるのは良いけれど、それで
若者の将来が見えない以上、後継者になる人なんて
いないのも当たりまえ。

少ない給料で、漆で肌がかぶれたりで、本当に重労働。

アナウンサーも自分の子供に漆を勧めるとは思えない。

たまにアナウンサーのコメントって、偽善者っぽく聞こえます。

所詮・・・他人(ひと)事です。


消え行く伝統工芸・・・悲しいけど仕方ない事なのかも知れません。

四日市の万古焼も他人事ではありません。


ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif

スポンサーサイト

Comment

No title

Henry君

アナウンサーが「もっともな事」を
もっともらしく話すのが・・・どうもなじめません。

久米さんがニュースキャスターとして、トピックスに
久米さん個人の意見を言うようになって以来、
各局のキャスターがもっともらしい発言をするように
なった。

メインの隣の女子アナでさえ、コメントする昨今。

NHKは今でもニュースはニュースとして報道し
決してキャスターの個人的感情は放送しない。

久米さんが出てきた時、庶民の感情を代弁してくれる
ような感覚があり、コメントするキャスターも
良いとは思ったけど・・・

毎回、ニュースに対してコメントしてくれると
当たり障りのない、優等生的コメントになりがちで
それが逆に人の神経を逆撫でする事もしばしば。

本当に発言には注意して欲しいですよね。

2008.05.29 | 熊本[URL] | Edit

No title

鋭い指摘、その通りですね。火事が起きると、「付近の住民は眠れない夜を過ごしました」。でも、そう中継するアナウンサーの後ろでガキどもがVサインをして飛び跳ねている・・・なんてことはよくあります。
伝統工芸⇒後継者不足⇒残念、という図式に沿ってしゃべるように、報道の世界で暗黙の了解があるんでしょうか。
他人が軽々しく言うことではないですね。

2008.05.28 | Henry[URL] | Edit

    
プロフィール

熊本栄司

Author:熊本栄司
陶芸家・熊本栄司

三重県四日市市在住。
陶芸ビエンナーレグランプリ。
朝日陶芸展 秀作賞・新人奨励賞。
日展など多数の公募展に入選。

岐阜県瑞穂市の市章をデザイン




カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。