陶芸家・熊本栄司の陶芸春秋

陶芸家・熊本栄司の日々の活動や思い、陶芸家としての喜怒哀楽を綴ります

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

よくよく考えてみれば・・・

 
今日、カミさんが読んでいる通販のカタログを見ていたら
食器の記事があり、これがこれが・・・無茶苦茶安い。

もう、信じられないくらい安いです。

よくぞこんな価格で販売できるものだと感心しきりでした。
MADE IN CHINAなんですがね。

・・・で・・・

昨日、ブログで書いた一枚7万円のシャツの事を思い出しました。

ちなみに私の金彩赤絵のコーヒー碗皿は1客で1万円。

通販のカタログでは1万円も出せば何十個と食器が買えます。

日頃、通販で食器を買っている人が私のコーヒー碗皿を見たら

「1客・・・い・い・・・一万円?!?!?」

って感じになるでしょう。

それって昨日「な・な・・・7万円?!?!」って驚いた私と同じだという
事に気がつきました。

今日の夜は臨時陶芸教室、通称3B(3人のババ)クラスがあったのですが
一枚7万円のシャツの話をしたら・・・

「先生!別に驚く金額じゃないよ~!」・・だって。

そうなんだ!?驚くべき金額ではなかったのか???

しかし、私にしてみれば驚くべき金額だった。

・・・という事はやっぱり私は下々の生活者だったという事をまた
改めて認識せざるをえなくなった訳であります。
(今更、何を!・・って突っ込まないでください)

考えてみればD&Gの店が存続しているという事は誰かが
買っているという事で・・・

そして私が陶芸を存続してやれているというのは、1客1万円を
出しても買ってくださるお客さんがいるからだという事。

改めて生活レベルはみんなそれぞれ違うという事を再確認しました。

私も作品の値段をつける時・・・本当に悩みます。

作品を作っている時は値段の事などまったく考えてません。
作っている時は作品のレベル向上のみ集中してますんで。
(商売人としては完璧に失格やね)

・・で実際、値段をつける時になると1000円単位で悩んでしまうんですが
よくよく考えてみれば、1万円のコーヒー碗を買える人でないと
私の作品は買わない訳で・・・

だから私のコーヒー碗皿を2000円にした所で、日頃カタログ雑誌で
安い食器ばかり購入している人や100円ショップでしか器を買わない人には、
まったく意味をなしません。1000円でも売れないでしょう。

逆に経済的に余裕がある人は、1万円でも2万円でもそこに価値を
見出せば金額というのは2の次、3の次なんです。

・・・で・・・つまりは・・・店に行ってなんでも自由に躊躇なく買える
身分になれれば一番なんですが・・・中々これが・・・・あはははは。

そんな事をまたまた思ってしまった月曜日なのでした。

ブログランキングに参加してます。 

人気blogランキングへ

banner2.gif



スポンサーサイト

Comment


    
プロフィール

熊本栄司

Author:熊本栄司
陶芸家・熊本栄司

三重県四日市市在住。
陶芸ビエンナーレグランプリ。
朝日陶芸展 秀作賞・新人奨励賞。
日展など多数の公募展に入選。

岐阜県瑞穂市の市章をデザイン




カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。