陶芸家・熊本栄司の陶芸春秋

陶芸家・熊本栄司の日々の活動や思い、陶芸家としての喜怒哀楽を綴ります

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

3月突入

 
ついに3月に突入ですね~。

まだまだ先だと思っていた広島での個展も暦の上では来月!
いや~・・・作品ヤバイっす!

今回は色々と失敗が多いし・・・

明日からは気合いを入れなおしてビシッっとかっちょよく
作品作りに精を出します。

さて・・・作品を作る場合、頭の中にイメージができないと
作品はできません。(私の場合)

イメージさえ出来上がれば、そのイメージにそって手を動かせば
良いだけです。

しかし、イメージができてもそれを具体化するための技術が必要です。
頭の中にアクロバット的な作品イメージが浮かんでも陶芸でそれを
具体化するのは大変な事です。

ですから始めに脳内製作をやります。

頭の中で粘土を積み上げ、乾燥させ、焼いてみる。

頭の中のシュミレーションが最後の焼成の工程までイメージが
できればほとんどの場合、うまくいきます。

しかし、製作には失敗はつきもの。
今まで数え切れない失敗をしてくると脳内のシュミレーションも
失敗回避の方向にベクトルが動いてしまいます。

結果、安全な道ばかりを選択するようになります。

あまりに安全な道は、失敗が少ない分面白みや新鮮味に欠けてきます。

職人的な仕事はそれで良いのです。

私の場合、職人的な仕事も基礎にはあるのですが、やはりそれだけでは
面白くありません。

例えば、ロクロの技術ももちろん大事ですが、ロクロが上手くなればなるほど
失われていくものもあります。

それは安定した技術から脱却できないからです。

新しい試みは面白いけど半面怖い。

失敗もあるけれど、新しい試みというのは今までの
自分の得意としてきた技を少し捨てるという事にもなるからです。

まあ、自分でも何を書いているのかワケわかんなくなってきていますが
とにかく、そういう事もふっくるめて新しい作品作りをがんばろうと思っておりますです。はい。

ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif

スポンサーサイト

Comment

No title

nagaさん

ども~!本当にお久し振りです。
教室にいまだに貼ってあるnagaさんのチケットを
見る度に「どうしているのかな~?」なんて、ふと
考える事がしばしばあります。

「進化」の反対は「退化」ではないんですね。
たぶん、私も「退化」と答えてしまっていたでしょう。

ま、それはさておき、人は「変化」を恐れます。
「変化」には相当なエネルギーとリスクが伴うからですね。

当然ながら作品もとどまる事なく、「進化」して
いきたいと思ってます。

写真は・・・また、アップしますね~!
nagaさんのミクシーも楽しみにしてますよ。

2008.03.03 | 熊本[URL] | Edit

No title

お久しぶりです。
昨日、本を買いに行ったついでに立ち読みした本に書いていあったことですが、「進化」の反対は?との質問に90%の大学生が「退化」と答えたそうです。
よく考えてみれば、退化も環境適合のうえでの進化であり、答えは「停滞」「変化しないこと」です。
(結局、その論理学の本は買いました)
「停滞」って、この時代、リスクになることが多いような今日この頃、とにかく変化したいものですね!
新たな新天地に期待です(また、できたら写真をおねがいしまーす)。

2008.03.03 | naga[URL] | Edit

    
プロフィール

熊本栄司

Author:熊本栄司
陶芸家・熊本栄司

三重県四日市市在住。
陶芸ビエンナーレグランプリ。
朝日陶芸展 秀作賞・新人奨励賞。
日展など多数の公募展に入選。

岐阜県瑞穂市の市章をデザイン




カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。