陶芸家・熊本栄司の陶芸春秋

陶芸家・熊本栄司の日々の活動や思い、陶芸家としての喜怒哀楽を綴ります

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

火葬とミイラ

 
いきなりですが・・・・
陶芸で使う窯は火葬場で使用する窯と酷似しています。

ずっと前のブログにも似たような事を書いたけど
火葬する際には一体何度で焼いているのか?
不謹慎ではありますが職業柄ちょっと気になります。

実際に陶芸用の窯で人を火葬したという事件も数年前に
起きています。

1300度近くまで温度を上げれば、たぶん骨すら
残らないかもしれません。

しかし、一般的な火葬をすると人間は骨だけになってしまいます。
死体としてまだ人間の形をとどめている間は死体という
感じがしますが、骨だけになってしまうとなんだか
死体ではなく、それこそ完全に無くなってしまったという印象があります。

「ああ・・・いなくなってしまった」という感じです。

同じ「死」でも、もし形が残っていたら・・
いや・・・「形」が残ってしまったら・・・

でも、それはそれで「なんともはや」って感じかも知れません。

良い例がエジプトなどで有名なミイラです。

mira.jpg


この写真のミイラは比較的、保存状態が良いミイラですが
なんだか中途半端な状態のミイラも当然の事ながらたくさんあります。

もし、自分がミイラにされていて数千年後に博物館に展示されるのも
なんだか遠慮したい気分です。

火葬されなくて形で残ってもなんだか嬉しくもありません。

それこそ土に帰るという方がしっくりきます。

永遠の命を希望して死後・・・そして復活を遂げる時に体がないと
困るという事でミイラ状態にしたんだろうけど、もし輪廻転生という事があり
死後に他人に転生したとしたら、自分の死体(ミイラ)を自分で見るって事???

すみません!自分で書いていてワケわかんなくなってきました。

(こういうのってミイラ取りがミイラになるって言うのかな?あははは)

う~ん・・・どうも最近、ブログのネタが無くてちょっとオカルトっぽい内容に
なってしまいました。

誰かネタくれ~~~い!!!

ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif





スポンサーサイト

Comment

No title

いつかの亀田嫌い!さん

確かに考えようによると怖いですよね。
変な話ですが窯に閉じ込められて火をつけられた
夢を見た事があります。
完全に猟奇的な夢で病気の領域ですが・・・
やっぱり窯をみるとふとそういう事がよぎる事が
ありますよ~!怖~~~!!!

2008.01.20 | 熊本[URL] | Edit

No title

kirakupoさん

へ~・・・そういう事もあるんですか?
死んだら土を握るとまた陶芸家になれるんですか?
いや~・・・私もやめてくれ!というでしょうね!(大笑)
次の人生で公務員になるには何を握れば良いのでしょう?あはっは

大阪経由・・・・う~ん・・・時間があれば
一杯やりましょう!
しかし、そうなると大阪泊だよな~!

2008.01.20 | 熊本[URL] | Edit

No title

まるさん

私もだいたい800度から1000度くらいかと
思っていました。
低火度焼成ですね(爆)

ま、低火度と言っても十分に高いですが。

うちの生徒さんも800度も1200度も
あんまり違いがわからないみたいです。
私も陶芸をしてなかったら同じように感じて
いたでしょうね。
ちなみに私の友人が陶芸は5000度で焼くの
ですか?という人がいましたが・・・

それって核融合の温度ですよね!あははは
広島では楽しみにしています。

2008.01.20 | 熊本[URL] | Edit

No title

「まつもとせいちょう」の小説にも同じような話があり
ますね!陶芸の窯を見るたびに思いだしてしまい
まじ怖いです。v-40

2008.01.20 | いつかの亀田嫌い![URL] | Edit

No title

僕も前から気になってましたが(↑)なるほど。素焼きほどの温度ですか~。

ところで火葬で思い出しましたが、陶芸家が亡くなった時に手に土を握らせて火葬するそうですが聞いた事あります?生まれ変わってもまた陶芸家になれるようにですって!?
僕は周りの人にやってくれるなって言ってますが(笑)

広島個展の際には大阪経由でお願いします。カブマツさんと一杯行きましょう。


2008.01.19 | kirakupo[URL] | Edit

No title

う~む、
確かにかなりキビシイ話題ですね~(^^)
ちなみに、火葬は800度前後で焼かれるそうです。
そう、素焼温度ですね。
この温度だと、骨だけ残ってちょうど良いとか。。。

さて、話題変えて♪
遅くなりましたが、熊本さんの広島の個展日程決まりましたね。
お~、ゴールデンウィーク期間は、私もあちこちイベントがあり忙しいのですが、
なんとか、観にいきたいと思います。
楽しみにしてます~♪

2008.01.19 | まる[URL] | Edit

    
プロフィール

熊本栄司

Author:熊本栄司
陶芸家・熊本栄司

三重県四日市市在住。
陶芸ビエンナーレグランプリ。
朝日陶芸展 秀作賞・新人奨励賞。
日展など多数の公募展に入選。

岐阜県瑞穂市の市章をデザイン




カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ブログ内検索

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。