陶芸家・熊本栄司の陶芸春秋

陶芸家・熊本栄司の日々の活動や思い、陶芸家としての喜怒哀楽を綴ります

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

金彩の器と電子レンジ

 
ご存知?のように私の製作する器の中には金彩・銀彩等の光モノが
あります。

よく個展会場なんかでお客さんに・・・

「これって電子レンジは使えないよね?!」

・・・って言われる事がありますが、そんな事、いちいち説明するまでもなく・・・

「使えません。」

お客さんの方も使えない事を知っていてワザと聞いてきます。

ぐいのみを指さして「電子レンジでは使えないですよね?!」な~んて
言われると「あなたはぐいのみをレンジに入れるのですか?」と聞き返し
たくなります。

たまに思うんだけど電子レンジというのは・・・

「調理をする機械」

だと思うのです。

もちろん電子レンジで食材を調理するにしてもやっぱり器は必要です。
しかし、作家の作品と一緒にレンジの中に入れるのはちょっと考えものだと
思ってしまうのです。

電子レンジに一番向いているのは100円ショップで売っている磁器の器。
磁器で出来ているので非常に丈夫。
仮に急な加熱で破損しても100円であります。

私が思うに100円ショップの器は実際は100円以上の価値があると
思います。

100円ショップで売るためにわざわざ工場で作っているとすれば
かなりの薄利多売でないとメーカーはやっていけないと思いますが
私が100円ショップで見る限り粗悪なものではありません。

私の勝手な予想ですが、100円ショップにならんでいる中には
実際にはもっと高価な値段なのに色々な諸事情があり100円ショップに
並んでいるとも考えられる品々です。
(あくまで私の勝手な予想)

話を本題に戻しますが・・・

本質的な事は、金彩の器で物理的にレンジ調理ができるとかできないとかの
問題ではありません。

もし仮に人間国宝の器があったとしましょう!
唐九朗の器でもいい。魯山人の器でもいい。

金彩がしてなくてもあなたは電子レンジの中にその器を入れる事が
できるか?・・・という事です。

「器は使ってなんぼ」
「過酷な日常使いに耐えてなんぼ」
「丈夫が一番」

・・・とだけに重きを置いて器を選んだり購入していたとしたら
なんとも心寂しいものがあります。

時計は時間がわかればそれで良し。
車は移動できればそれで良し。

そんな考え方の方は絶対に100円ショップの器をオススメします。

町内の草抜きやどぶそうじにお気に入りの服はやっぱり着ていかないでしょう。

電子レンジを使う場合、器を使用しますが、その器はあなたの中では
破損しても構わないレベルの器であるに違いありません。

まあ、人にはそれぞれの考え方がありますので、「お気に入りでかつ
電子レンジにも使える」というのであればそれはそれで良いと思います。

しかし・・・私個人の心情的には・・・

「電子レンジで使えますか?」

の問いかけに・・・

「電子レンジの中に一緒に入れて欲しくはないんですが・・・」

というのが本音です。

レンジで調理してそれをお洒落な器に移し変えて欲しいと思うのは
わがままな事でしょうか?

ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif



スポンサーサイト

Comment

No title

しんちゃん先輩

線香花火と閃光花火!どちらがきれいかな~?

・・・おあとがよろしいようで・・・!

2007.12.13 | 熊本[URL] | Edit

No title

SATOチチさん

SATOチチさんならおわかりだと思うのですが
暖房を例にあげてみても・・・やはり暖炉の火による
暖房というのは実際の温度でも温まるとは思うのですが
やはり視覚効果というのも絶大だと思います。

しかし、暖炉は手間がかかる。

器も同じで作家モノの食器というのは、
はっきり言って実用食器というよりは、お洒落な
雰囲気や空間を演出するのがメインなような気がします。

強度のある実用食器と作家モノの食器を同レベルで
扱う事に問題提議しているわけですね。

食器と呼ばれるモノは全てにおいてオールマイティーで
ある(使いやすさ、強度など)と思うのは完全なる間違いですね。

人間にも強い人間、弱い人間がいるように食器にも
強い食器と弱い食器があります。

それを見極めて色々な状況によって使い分けるという
心くばりが足らない人が多いですね。

そういう意味で食器とは何か?を今一度考え直すという
意味で今回のブログを書きましたが、私とてたいそうな
人間ではありませんが、おーぬきさんが言われたように
器を作っているという立場に立つと・・・

少々は器の気持ちがわかる?って事でしょうか??

ま、うちの場合は予算等の関係で暖炉はありませんが。

2007.12.13 | 熊本[URL] | Edit

No title

おーぬき しんさん

かう言う私も漫画「おいしんぼ」に出てくる
海原雄山のような食生活を送っているワケでも
ありませんし、インスタントラーメンを鍋のままで
平気で食しております。

お気に入りの器を電子レンジに入れるという
のは別な次元の話なんですね~。

作家モノの作品を個展会場で吟味する時に
電子レンジで使えるか?という質問は
ある意味、愚問ではないのかな~?

ってな事が一番言いたかった事なんですぅ~。

2007.12.13 | 熊本[URL] | Edit

金彩の器

電子レンジに入れると、ご家庭内花火がお楽しみいただけます。

2007.12.13 | しんちゃん@七輪陶芸[URL] | Edit

誰の仕事?

そういうことは、一体誰が、どこで教えるんでしょうね。
つくづく疑問です。
毎日のもので、のがれられるものでなし。
個人の自由・嗜好なんですかね。
新聞紙ひろげて、カレー載せて食べても、
革靴にビールいれて、飲み干そうと、個人の責任・嗜好ですかね。

食育とあわせ、もっと、本腰で、国レベルで考えてよ!といいたい。

タワゴト、私見で、熊本様の高尚なブログを汚しました、スミマセヌ。

常識が通らないご時勢です、ネコを乾かすのにチン!
で、訴えてやる!!!    「やきもの」でも・・・。
ダメになった食材返せ!、酒返せ!
こわいですね~。ホラーですね~。

2007.12.13 | SATOチチ[URL] | Edit

「・・・とだけに重きを置いて器を選んだり購入していたとしたら
なんとも心寂しいものがあります。」

食べることに無頓着な人が多いなぁと陶芸を始めてから思うようになりました。
そして私もその一人(汗)
私は料理もできないし、タッパーで食べてもごはんがおいしいと思うタイプなので、食器を作っても正直ピンとこないです。最近ちょっとずつ改善されつつありますが。

陶芸やってなきゃそんなことに気づくこともなかったので、ちょっと得した気分です☆


2007.12.13 | おーぬき しん[URL] | Edit

    
プロフィール

熊本栄司

Author:熊本栄司
陶芸家・熊本栄司

三重県四日市市在住。
陶芸ビエンナーレグランプリ。
朝日陶芸展 秀作賞・新人奨励賞。
日展など多数の公募展に入選。

岐阜県瑞穂市の市章をデザイン




カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ内検索

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。