陶芸家・熊本栄司の陶芸春秋

陶芸家・熊本栄司の日々の活動や思い、陶芸家としての喜怒哀楽を綴ります

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

続・京都人

 
前回のブログで京都人の事を書こうと思ったんだけど
読み直してみると、京都人の悪口?・・と思われても
仕方ないような文体だったので、一旦仕切りなおしという事にして・・

「続・京都人」

という事で書きます。
大阪の場合は・・・

「族・大阪人」

・・・になるだろうか?(冗談ですよ!冗談)

実は私は京都人には色々とお世話になってるんです。

昔、取引のあった画商さんも京都だし、四条にある
京都大丸でも個展で何回となくお世話になってます。

今も某ギャラリーにお世話になってるんだけど、
そこも本社は京都です。

うちの生徒さんは京都で開かれる「女流陶芸展」の会員になった
んだけど、その本部も京都。

個展で全国あちらこちらの百貨店を放浪していた時代、
特に京都にはお世話になった。
他の地域の人達よりも一番京都人と接する事ができた。

良い人もたくさんいたし皆さんよくしてくれた。

だからはじめに断っておくけど、今から書くのは京都人の
悪口ではなく四日市人の私個人的に受けた京都人の感想なので
誤解無きようにお願いしたい。

京都の人は良い人が多かった・・・

しかし・・・

その~・・

まあ・・・

結局・・・

それは大阪でも、東京でも、広島でも、愛媛でも、名古屋でも
感じなかった何か違う感覚・・・それが京都人にはあります。

なんでだろ??・・・と毎回家に帰ってきてから思うのだけど
ひとつの原因はやはり方言なのかも知れない。

「おいでやす~」・・・おっとりした雅なイントネーションが
どうも雅でない私の頭ではよく理解できないんです。

個展で作品を並べていて、お客さん・・・

「よろしおすなぁ~」

・・・って伊右衛門のCMの宮沢りえみたいに言ってくれても
なんか本当に「良い」」という感想ではなくてなんか
「とりあえず」そう言っているみたいな感じがしてしまうのは
私だけだろうか?

良くても悪くても「よろしおすなぁ~」ってな感じなので
大阪人みたいに好き嫌いがはっきりしてないので、京都人の
お客さんの反応がイマイチ分りづらい。

おまけに京都人はプライドが高い人が多かった。
まあ、名古屋人だって、大阪人だってプライドはあるんだけど
京都人のそれとは違う。

根底に流れている他の追随を許さない京都の歴史。
昔、都があったという雅なプライド。
同じ歴史でも奈良のそれとは一線を画す京都。

それらの京都人独特のプライドと方言が入り混じり
時に会話の中で・・・・

「あ~ぁ、そ~どすかぁ~!?」

なんて言われるとなんか小ばかにされている感覚を覚える事も
しばしばありました。

(もちろんそう感じるにはそう感じる故のTPOがありましたが)

たぶん全然、京都人は悪気があるわけではない・・・と
思います。

悪気がないからこそ、こちらが真っ向から受け止めると
大変な事になってしまいます。

もう少し私の勉強が足りない感じですね。

京都に詳しい方!どうぞ私にご指導、ご鞭撻のほど
よろしくお願いします。

ブログランキングに参加してます。 応援クリックよろしくね~。

人気blogランキングへ

banner2.gif



スポンサーサイト

Comment

No title

AIさん

全ての京都人がそうあるわけではないのですが、
そういう意味ではやはり京都は一般の土地とは
違うという意識が特に強いように私は感じましたが
それも、私が勝手に思っているだけなのかも
知れませんし、意外にも他の人もそう思っている
のかも知れません。

だから京都がどうしたという事は全然ありません。
すごく良い人や愛想の良い人もたくさんいました
からね。

ただ・・・自分と合わない人がたまたま京都人で
たまたま京都の文化を話し、京都弁を話している
という事でそう思ってしまったのかも知れません。

そうだとすれば、まったく勝手なブログを書いて
しまったもんです。

ま、そこのところは大目にみてくださいね!

2007.11.05 | 熊本[URL] | Edit

No title

ハプーさん

ども~・・・ご無沙汰です。

やはり京都の事はハプーさんが一番知っておられる
でしょうね。
私は何も知らない。

知らないが故の率直な感想を書いたつもりです。

いや・・一般の方(一般の京都人)はそれほど深く
京都を意識してないのかも知れませんが、意識して
ないのに、やっぱり京都が出るのが京都でしょうか!
あははは

京焼き・・・それを聞いただけで雅なイメージを
受けてしまいます。

2007.11.05 | 熊本[URL] | Edit

No title

(・へ・;;)うーむ 
プライドねぇ~・・・そうなのでしょうか。

日本における京都のような、世界におけるイタリア?(ローマ)でも似たような事を長男が体験してきたようです。
イタリア人の若者と話した時に口論になったとか。
どうもその彼は自分の国の文化こそ歴史も古く一番世界で誇れるものと感じていて、他の国の文化の追随を許さないような物言いだったと。
そう思うのにも一理あるようには思いますが、長男はカチーン!ときたらしく、それぞれの国にもその国の文化があって、どれが素晴らしいかは比べようもない・・・などと反論して大激論になってしまったとか。
詳しい内容は分からないのですが・・・

ちょっと話がそれてしまいました。(^▽^;)

それにご無沙汰してしまってごめんなさいね。
族・大阪人 のσ(^_^)アタシ   ヾ(≧▽≦)ノ

2007.11.05 | AI[URL] | Edit

No title

さかさん

あの~・・・2位になってますが・・・トホホ

あれ?だんな様は京都人ですか~?!
絶対に私のブログを見せないでくださいね(笑)
さかさん、また京都人の事について教えてくださね。

2007.11.05 | 熊本[URL] | Edit

うーん 庶民の「京都」と  対外的「京都」があって・・・

エエ・・・
京都 および 京都人 ・・・
うん・・・ 突込みどころ 満載・・・・
ぼくも 京都人なんですけどねー・・・・ 
京都 に対しては 愛憎なかば・・・・

    田舎の学問より 京の昼寝

これが究極のプライドなんですよねー京都人の
で みんなそれに ひれ伏す そのほーが安心やから
文化力 がキーワード でも 局面局面で 商売のネタやったり コケオドカシでのバトルスーツやったり  中身のびっしりつまった 本物の品格やったり・・・・・


 こまったことですわー 1000年の都の権威・・・・♪
 京都に生まれる ぼくの陶暦の最初の文節
 変にソンケーされもし 変に疎まれもし 
 さて これから それを どー使うべきかなー・・・・

2007.11.05 | ハプー[URL] | Edit

No title

週間で1位になってるね(^^)
私の友人も京都にいますが元は三重県人なのであまり感じませんが、ダンナは生粋の京都人ですから喋るときにちょっとね~・・・(^^;)

2007.11.05 | さか[URL] | Edit

    
プロフィール

熊本栄司

Author:熊本栄司
陶芸家・熊本栄司

三重県四日市市在住。
陶芸ビエンナーレグランプリ。
朝日陶芸展 秀作賞・新人奨励賞。
日展など多数の公募展に入選。

岐阜県瑞穂市の市章をデザイン




カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。