陶芸家・熊本栄司の陶芸春秋

陶芸家・熊本栄司の日々の活動や思い、陶芸家としての喜怒哀楽を綴ります

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

温度調整

 
暑いです。

仕方ないです。

三波春夫でございます。(で・でた~!)


確か今日のニュースで電力会社の最高の電力量を更新したとか。

うちの教室も朝一番からクーラー全開です。

しかし、毎年クーラーをかけると、ある問題が発生します。
それは「温度調整」

それは設定温度の事ではありません。

同じ温度でも「暑い」と感じる人がいれば「寒い」と
感じる人がいます。

教室のクーラーは店舗用のクーラーで最強・最低温度に設定
するともう南極のように寒くなります。

当然、そのような設定にはしませんが、やはり5馬力の
店舗用クーラーだと風量が結構あります。

教室でも風が当たる場所、そうでない場所、色々あって
まあ、とにかくクーラーを止めるわけにもいかず、
日々、温度調整というか・・・

暑がりの生徒さんと寒がりの生徒さんの表情を見ながらの
調整という事になります。

もちろん土だってクーラーの部屋の中はあまり良い環境では
ありません。

すぐに乾燥してきます。

私が作る場合ならバケツに水を用意したり、濡れタオルを
用意したりして制作しますが、生徒さんは土が乾燥するという
事に関しては・・・正直あまり気が回らないみたいです。

しかし、それを指導するのも私の仕事ですので結局は
私の責任です。

でも何回言っても・・・結局はその時になれば忘れてしまう人が
多いです。

本当は作る前に土をある程度買い取ってもらって
残り分の土の管理まで生徒さんにしてもらうようにすれば
少しはそういう事は改善されるのでしょうが・・・

うちの場合は使用した分だけの課金制で残りの土は土練機に
返してもらうというシステムです。

返すと言っても固くなってしまえば土練機には返せなくなります。

・・・で結局・・・

もう、口で説明する事が面倒になり、私がササッと
濡れ雑巾を土にかぶせたり、ビニールをかぶせたりしてしまいます。

口で説明している間にも土は乾燥していっているので
こちらとしては気が気ではありません。

また、これが悪循環の始まりです。

こういう時、私はほとほと「先生業」に向いてないと思います。

本当に先生失格です。

温度調整も大事だけど、自分調整もしなければ・・・

教育現場って・・・大変なんでしょうね~!きっと。



ブログランキングに参加してます。 応援クリックよろしくね~。

人気blogランキングへ

banner2.gif








スポンサーサイト

Comment

tetsu君

陶芸教室の先生の立場といたしましては・・・

「それではお二人とも弱冷車両にお移りください!」

うるさい婆さんでもお客様ですんで・・・トホホ

2007.08.10 | 熊本[URL] | Edit

こういうジョーク知ってる?
ある列車の中で二人のお婆さんが言い争いをしていました。
車掌さんが理由を訊くと一人のお婆さんが
「こんなにクーラーが利いていては寒くて私は死んじまうよ」
するともうひとりは
「私のほうこそクーラーを切ってしまうと暑くて死んでしまうわ」
すると隣で見ていた他の客が
「車掌さん、いいアイデアがあります。まずクーラーをつけたままにしておきます、すると一人が死にます。次にクーラーを切ります、そうするともう一人も死にます。それでようやく私たちは静かに旅を続けられます。」
ぜひお試しを!
試せるか~~い、キック!!!

2007.08.10 | tetsu[URL] | Edit

    
プロフィール

熊本栄司

Author:熊本栄司
陶芸家・熊本栄司

三重県四日市市在住。
陶芸ビエンナーレグランプリ。
朝日陶芸展 秀作賞・新人奨励賞。
日展など多数の公募展に入選。

岐阜県瑞穂市の市章をデザイン




カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。