陶芸家・熊本栄司の陶芸春秋

陶芸家・熊本栄司の日々の活動や思い、陶芸家としての喜怒哀楽を綴ります

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

鬼師

 
昨晩NHKの「プロフェッショナル」という番組を
偶然に見ていたら鬼瓦を作る人の特集でした。

神社仏閣の屋根の鬼瓦を作る工程も見れたのですが
いや~・・・すごかったですね~。

久々に陶芸番組で感動しました。

よく昔、テレビ番組で陶芸家の作品や製作方法を
紹介している番組がありましたが、大体が・・・

「炎との格闘・・1・2・3・ダァー」

・・って感じで・・

「はいはい、わかりましたっ!」

という事が常でした。

土との格闘、炎との格闘、薪窯で1週間焼き続けますって
・・・はっきり言って

「うざい!」

そんなの全然感動なんてしません。

が、昨日の番組はすごかった。

お恥ずかしい話ですが、鬼瓦を作る人を「鬼師」というなんて
知らなかったです。

とにかく大きい作品で、よくぞ無傷で焼けるものだと
脱帽しておまけにヅラまで取ってしまいそうになりました。
(ヅラの件は冗談ですが)

よく公募展の審査講評で「大きいだけではダメだ」的な事を
かかれている方がお見えなのですが、確かに大きいだけでは
ダメなのでしょうが、あえて私は大きい作品を作るという
行為に1票入れたいです。

まあ、あの鬼瓦風にいぶして焼くという事を除外しても
私にあの大きさの作品が無傷でできるか?と言われると・・・

「オラ、できねーだ!できねーだよ~」

・・って大岡越前に裁かれる悪人みたいになってしまいます。

私も相当に大きい作品を今まで作ってはきましたが
あの鬼瓦のような大きい作品はとても無理です。

いや~・・・尊敬します。

弟子入りしたい気分です。

・・・が私だったら3日と持たないだろうな~。
あ~、情けない。


ブログランキングに参加してます。 応援クリックよろしくね~。

人気blogランキングへ

banner2.gif

スポンサーサイト

Comment

piccoloさん

それはそれはすごいですね~!

しかしドイツから借りてくるというのも
これまた大変な事ですね~。

チャンスがあれば見に行きたいと思います。

2007.07.13 | 熊本[URL] | Edit

あ、先生に言ってませんでしたねv-16
叔母のあおぴーまんは
ドイツ人に購入されたので
今回の展覧会のための貸し出し許可が
おりなかったそうです。
あかぴーまんは日本にあったので
購入された方が貸し出しをOKしてくださったそうです。
それにしてもその方
ぴーまんが好きなんだろうか?
私は絶対置きたくありません。
家にぴーまんのオブジェとか
ししとうのオブジェとか
宇治金時のオブジェとか
のびたうどんのオブジェとか
ホルモンのオブジェとか・・・・・・
誰か止めてェ~~~v-38

2007.07.12 | piccolo[URL] | Edit

ながさん

再放送があるのでぜひ見てみてはいかがですか??
きっと勉強になりますよ。

今日はありがとう!

2007.07.12 | 熊本[URL] | Edit

よっこさん

よっこさんの所の鬼瓦もさぞかし立派でしょうね!
しかし・・・鬼瓦って値段はいくらくらいするんでしょうか?

まったくもってわかりませんが・・・

きっとお高いのでしょね。
再放送の予定は7月16日の深夜みたいですが・・
今日の日記にリンク先をアップしますね。

2007.07.12 | 熊本[URL] | Edit

piccoloさん

ドイツに行ってないピーマン・・・という意味が・・
すんまそん!わかりませ~ん。

でも巡回ってすごいですね。
私の作品もかつてオーストラリアに巡回した事が
あります。

本人は行ってないのに~~~!

2007.07.12 | 熊本[URL] | Edit

先生が弟子入りしたいなんて、よほどすごいんだろうなーー。

極彩色の鬼瓦とか、観てみたいな~。

2007.07.12 | なが[URL] | Edit

再放送があるのでしょうか。
ビデオは撮ってませんか?

改修中の本堂の屋根に鬼瓦が上がっていますが
鬼師のお宅で瓦に住所や名前を書かせて
いただいたのですよ~
そちらのあととりの方は女性の方でしたよ。

2007.07.12 | よっこ[URL] | Edit

観たかったのに観そびれました。
再放送観ようっと。

ちなみに
叔母の焼き物が
信楽に巡回してきてます。
ドイツに行ってない方の「ぴーまん」です。
ちょっと宣伝でした。

2007.07.12 | piccolo[URL] | Edit

    
プロフィール

熊本栄司

Author:熊本栄司
陶芸家・熊本栄司

三重県四日市市在住。
陶芸ビエンナーレグランプリ。
朝日陶芸展 秀作賞・新人奨励賞。
日展など多数の公募展に入選。

岐阜県瑞穂市の市章をデザイン




カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ内検索

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。