陶芸家・熊本栄司の陶芸春秋

陶芸家・熊本栄司の日々の活動や思い、陶芸家としての喜怒哀楽を綴ります

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ご要望

 
早いものでもう金曜日も終了です。

最近、月日の流れるのが本当に早いです。

時間の長さというのは、子供の頃も大人になっても
同じはずなのに、大人になるとなんと1日の短い事。

時間の長さの感覚は自分の歳を分母として計算すると
当てはまるみたいなんです。

例えば5歳の頃は5分の1。
20歳になると20分の1。
60歳になると60分の1。

つまり、歳をとる毎に時間の感覚がどんどん軽くなっていってます。
子供の頃の1時間って本当に長かったような気がします。

・・って今日のブログのネタはそういう事じゃなくて・・・

陶芸教室をやっていると、やはり生徒さんのご要望にできるだけ
お答えしようと思っています。

粉引の器が作りたいとなれば、その方法を教えてあげたいし、
御本の色が出したいとなれば、そういう風に焼いてあげたいと
思っています。

しかしながら、陶芸教室の先生は・・いや陶芸教室の先生に限らず
この世の全ての焼物の技法を一人の先生が伝授することは
実際には不可能に近いです。

一人の作家でロクロや手びねり、たたら作り、型作り、動力成形
鋳込み、他色々な技法を全部教えられる人はそうはいないと思います。

数々の釉薬・焼き〆・象嵌・楽・上絵・釉裏金銀彩・盛絵、等々・・
陶芸の装飾技法も無限にあります。

焼成にしても、電気・ガス・灯油・薪窯・野焼き・七輪等々・・
これもまた、色々な焼き方が存在します。

生徒さんが陶芸雑誌から切り抜いた写真を持ってきて
「先生~!こういうのを作りたいんですが~」
・・・と言ってこられた場合、私は・・・

「まったく同じのはできないけど、似せて作るようにしましょう」

と答えています。

前にも、国宝の「曜変天目茶碗」の写真を持ってきて、こういう
風な茶碗を作りたいと言われた時は、リンダ困っちゃいました。

他の陶芸教室の事はわかりませんが、私の場合は自分の経験に
基づいた技法や経験を切り売りしているにすぎません。

陶芸教室の先生と言えども、わかんない事はわかんないんです。
すべての疑問に答えられる陶芸教室の先生なんて存在しません。

なぜなら・・・私の作品の写真を他の教室の生徒さんが
先生に見せても同じ作品を作らせる事はできないからです。

(土の配合・焼成温度・窯の特性等の関係上。)

そうは言ってもやはり、生徒さんのご要望にできるだけお答えすべく
日夜がんばっているのでありました。

また、それを機会に新しい事を私自身も挑戦させてもらっていると
思っておるのでありま~す。

ブログランキングに参加してます。 応援クリックよろしくね~。

人気blogランキングへ

banner2.gif






スポンサーサイト

Comment

piccoloさん

うひゃ~~!!
へこみますぅ~~~!!

2007.03.17 | 熊本[URL] | Edit

早く色や釉薬見本を作ってくださいね~v-7
とプレッシャーをかけたらまたへこむかな?v-38

2007.03.17 | piccolo[URL] | Edit

    
プロフィール

熊本栄司

Author:熊本栄司
陶芸家・熊本栄司

三重県四日市市在住。
陶芸ビエンナーレグランプリ。
朝日陶芸展 秀作賞・新人奨励賞。
日展など多数の公募展に入選。

岐阜県瑞穂市の市章をデザイン




カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ内検索

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。