陶芸家・熊本栄司の陶芸春秋

陶芸家・熊本栄司の日々の活動や思い、陶芸家としての喜怒哀楽を綴ります

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

金彩・銀彩

 
そ~言えば一昔前・・・

「金は百歳!銀も百歳!」

・・・ってなお婆さんいたよな~。

金さん、銀さん・・・CMの出演料をもらった時その使い道を
たずねられたら・・・

「老後の蓄え!」

・・・って言って周りを笑わせたとか・・・

閑話休題

だからという訳ではありませんが、今日は金彩と銀彩をしました。

金彩の方は注文があった香合。
銀彩の方は陶の看板。

まずはボディーはまっ白に焼き上げます。
なぜ白なのか?は後ほど説明します。

ginsai2.jpg


それから銀彩の作業に移るわけですが・・・

本当の銀を使うと焼きあがってからも酸化がはげしく
すぐに黒ずんでしまうので私の場合はパラジウムを使います。
(白金を使う事もあります)

ginsai1.jpg


塗った直後は真っ黒ですが、私の場合は790度で焼くと
銀色になって出てきます。

さて・・なぜはじめに白色に焼き上げるか?と言いますと・・・

金・銀彩、もしくは上絵付けの場合、焼き上げた作品に
絵の具を塗ってもう一回低火度で焼き付ける訳なんだけど
作品が黒っぽいと発色が鈍くなる場合があります。

水彩絵の具でもそうなんですが、同じ赤色を塗る場合も
ダンボールの上に書くのと白い画用紙の上に書くのでは
全然色が違いますよね。

陶芸の場合、焼き上げた作品の表面は釉薬の違いによって
ツルツルしていたりザラザラしていたりします。

そして貫入が入っている場合もあります。

貫入が入っている場合その上に金銀彩や上絵付けをすると
見事にヒビが入ったような焼き上げになります。

上絵付けをする場合、一番大事なのは絵の具ではなく
実は・・・生地(キャンバス)なのです。

ま、これは人間にも言える事でいくら高価な化粧品を使っても
ベースであるお肌に問題があると・・・・ですよね!
(もっとベーシックな所でいうと美人かブスかって事にもなるか?)

そういう場合は・・・

「YES!高須クリニ~ック!」

陶芸の場合、ツルツルが良くてザラザラが悪いという事ではありません。

自分の表現にもっとも近い生地を選ぶべきでしょう。

ちなみに私の今回の白は無貫入ですし、絵の具の吸いも良いので
気に入って使ってます。

おお~~っ!!今日はなんか陶芸ブログっぽいぞ!!

ご褒美にワンクリックお願いします!あははは

↓↓↓↓

人気blogランキングへ

banner2.gif










スポンサーサイト

Comment

しんちゃん先輩!

泉重千代さんの話・・・面白そうですね。

似たような話をもうひとつ・・・

コレは私が経験した実話なんですが・・
ある日、私は結婚したい女性がいるので誰か良い男性を紹介してくれと言われました。

その女性は高学歴で健康でなんの問題もありません。
私はそんな高学歴の女性に匹敵する?男性を知らないので・・・という事を相談を受けた相手さんに言ったら・・・

男性は高学歴でなくても収入が無くても問題ないといわれるんです!

ひとつだけの条件をのぞいては。

その条件とは自分より背が高い人でないとダメという事でした。

その女性の身長は180センチ。

う~ん・・・私の知り合いで180センチをこえた独身男性って・・・一人もいませんでした。

よくよくかんがえると・・これって全然似たような話じゃないですよね!とほほ

2007.01.16 | 熊本[URL] | Edit

金さん銀さん、

あの方たちの前に、長寿日本一でよくTV出演なされた・泉重千代さんという方がいらっしゃいました、レポーターが「おじいちゃん、タイプの女性は?」と尋ねると。
「年上の人」と答えていらっしゃいました、見ていて「あっははあ」と決まりましたね。

2007.01.16 | しんちゃん@七輪陶芸[URL] | Edit

SATOチチさん

そうです!あの白い釉薬です。

あの釉薬はマットなんだけどマットでもなし・・
溶けているんだけど溶けていないような感じで・・

あの釉薬を使ったまっ白な器はあまり良い感じではありませんが、上絵付けにはとても相性の良い釉薬です。

かく言う私も上絵には下地が大事な事に気がついたのはかなり上絵をやりこんだ後からでした。

それまでは上絵が焼き付けばそれで良いと思ってましたもん。

気がつくのが遅い!っつーの!!

ま、下地のたとえを女性の肌に例えたのはいただけませんでした。
女性のみなさん、ごめんなさい!

2007.01.16 | 熊本[URL] | Edit

金彩

例の泡立つようなマチエールの白釉薬ですね。どうもあの個展以来、純度の高いといわれる金彩のお皿が頭にちらついてます。クラ~リ、クラリときてます。ですが・・・財布はママの手にぃ、残念、御許しがでないと買えません。さて、確かに絵画でも発色は下地の地にあります。明るいほど良いです。女性の肌に例えちゃ、女性の顰蹙をかいますよ。いろんな個性があって好みは千差万別。善い旅しましょう、やきものも女性も。オーッと・・・・     ボキッ。

2007.01.16 | SATOチチ[URL] | Edit

    
プロフィール

熊本栄司

Author:熊本栄司
陶芸家・熊本栄司

三重県四日市市在住。
陶芸ビエンナーレグランプリ。
朝日陶芸展 秀作賞・新人奨励賞。
日展など多数の公募展に入選。

岐阜県瑞穂市の市章をデザイン




カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ内検索

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。