陶芸家・熊本栄司の陶芸春秋

陶芸家・熊本栄司の日々の活動や思い、陶芸家としての喜怒哀楽を綴ります

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

サービス業

 

実は今、菰野町にある「萬卯」(まんう)という喫茶ギャラリーで
グループ展をやってます。
(三重郡菰野町湯の山8474-116)

1週間で数人単位で作家が入れ替わりやってまして
11月11日~17日まで私も参加しています。

日曜日という事もあり、ギャラリーにちょいと顔だけ
出してきました。

湯の山温泉の麓ですのでもう寒いくらいです。

そこのご主人さんも陶芸家で、今日訪ねて行った時には
陶芸教室をやってみえました。

ちょっとだけのぞかせていただきましたが・・・
やはり自分も教室の先生をやってますので、彼の説明の
一言、一句が納得のいく言葉でした。

傍から見ているとやっぱり教室の先生というのは完全なる
サービス業です。

お客さん(生徒さん)に満足していただく事が一番という事に
なります。

でも基礎的な事は教えられても、その先の事はやはり
生徒さん自身で進めなければいけません。

何を作るか?どんな色にするか?

・・・な~んて事はやはり
自分で決めていただかなくてはなりませんが、ややもすると
こちらもサービス過剰になりその領域まで踏み入れてしまう
事もあります。

生徒さんもそれに慣れてしまうと、全てを依存するクセが
ついてしまいます。

どこまで先生が教えるのか?

そういう事に頭を悩ませるのも教室の先生としてはよくある
事なんですね~~!

最近、心を鬼にしてあえて「手伝わない」という時も
必要じゃないか?とも思っています。

(でも・・・手伝ってしまうんだろうな~?!)

↓↓↓↓

人気blogランキングへ

banner2.gif



スポンサーサイト

Comment

SATOチチさん

プラモデルを作る時の醍醐味はその過程にあると思うんです。

また山を登る時もその過程が面白い?

いきなりヘリコプターで頂上へっていうのも
セレブ気分でそれはそれで良いのですが
教室の場合はやはり過程をやる事に意義があると思うのですが・・・

人間・・やはり低きに流れる傾向があります。
それは先生とて同じ事。
いちいち過程を教えるよりこちらがやってしまった方が実は楽なんです。

ま、そこいらの加減が難しいところでしょうか?
人に何かを伝える(教える)っていうのは本当に難しい事ですね~!あはははは

明日、こちらこそよろしくお願いします。

2006.11.13 | 熊本[URL] | Edit

ノリさん

はいはい!手伝うべき所は手伝いますよ!
でも芸術大学を出ているノリさんには・・・

愛のムチを・・ピシッ!パシッ!

2006.11.13 | 熊本[URL] | Edit

愛があるなら

たとえ嫌われようが千尋の谷に突き落とす。そしてスフインクスの謎かけを受けさせる。ふたたび素に戻れない迷宮に引きずり込む。ワタシャひどい人間ですよ、全く。自分自身に愛想が尽きる。それにくらべ、陶芸教室の先生の的確な助言、手配りの利いた示範、配慮の素晴しさ。今まで出会った人から多くの感銘を受けてきました。当方わが道の本質を外れずその高みにまで上っていけるよう励みます。明日、よろしくお願いします、やっ、疫病神だ~って施錠しないように。それと節分も終わってますからね。

2006.11.13 | SATOチチ[URL] | Edit

先生・・・
手伝ってもらわないと・・・・
こまりますよ(^^;

2006.11.13 | ノリ[URL] | Edit

    
プロフィール

熊本栄司

Author:熊本栄司
陶芸家・熊本栄司

三重県四日市市在住。
陶芸ビエンナーレグランプリ。
朝日陶芸展 秀作賞・新人奨励賞。
日展など多数の公募展に入選。

岐阜県瑞穂市の市章をデザイン




カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。