陶芸家・熊本栄司の陶芸春秋

陶芸家・熊本栄司の日々の活動や思い、陶芸家としての喜怒哀楽を綴ります

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ブランドモノ

 
今日は天気もよく、暖かい日でした。

さて、昨日紹介した雑誌「LEON」は年収が
1000万円以上の人を対象にした雑誌らしく(知らなかった)
どおりで値段が高いはずだわね!

う~ん・・・ちょっとだけ足りないかな??むふっ!

ま、それはそれとして・・・

昔はブランドモノに対して、まったく興味がなかったし
今でもそれほど「ブランド命」って事もないんだけど
それでも、やはり「ブランド」と言われているだけの事は
あるな~と最近思うのでありました。

結局は自分の自己満足という事になると思うんだけど
そのレベルをどこに置くかって事でしょうね~。

車だって最低の基準は人を乗せて運ぶという事。

時計の場合、時間がわかる事。

服だってカバンだって
最低限の機能をはたせればそれで良い訳だからね~

しかし、車でもボロボロの軽トラックに乗っているのと
ベンツAMGlongに乗っているでは、気分が全然違うし・・

腕時計にしろ、100円ショップで買った時計と
パテック・フィリップの時計ではテンションが全然違う。

実は器でも同じ事で・・・

たとえばビールを飲むという事だけなら
紙コップでも飲めるわけだけど・・・

バカラのグラスで飲むビールは
同じアサヒスーパードライでも味までも違ってきそうであります。

私の仕事は器を作る仕事なんだけど、やはり機能性プラス何かを
入れて作っているわけですね~。

よく器は「使いやすさでナンボ」とも言われるが実はあながち
そうでもないのです。

もちろん、使いやすいにこした事はないですが、一番の問題は
その器を好きになれるか?・・・という事なんですね~。

その器を使っていて楽しいか?嬉しいか?気分が高揚するか?
ゴージャスな気分になれるか?

私はそういう方面に力を入れて作っている作家ですから
一つを作るのにやはり時間がかかる。
(時間がかからなければそれはそれでもっと良いのですが)

当然値段が上がる。

器は食器にしろ花器にしろ、機能性だけでは紙コップと同じに
なってしまいます。

何かしらそこに「夢」のようなモノを入れたい!
私のモノ作りの姿勢はそこに重点をおいています。

逆に言えば、器にロマンを重ねられない人には
私の作品は無用の長物です。

↓↓↓↓

人気blogランキングへ

banner2.gif





スポンサーサイト

Comment

さかさん

実用主義でも鑑賞主義でも自分が好きで使っていればそれでOKですよね~!!

2006.11.11 | 熊本[URL] | Edit

いさちゃんですの連れ合いさん

どうも~!いつも読んでいただいてありがとうございます。

さて・・・ご質問の件なんですが・・・

ま、人間が歳をとる事が避けられないようにタタラ板が反る事というのは避けられない事のひとつですね!?

ナマの現場を見ていないのではっきりとした事は言えませんが2,3思い当たる事を書きますね。

タタラ板が反る場合・・・

1・・・乾燥が急、もしくは片乾燥(表面だけとか)の場合に反ってくる場合があります。

2・・・作る時にすでに反る原因を作っている場合。土をタタラ板に伸ばす時片方向だけしか力を入れてないとか上下で伸ばしていないとか・・つまりは不均一の土の伸ばし方で反る場合があります。

3・・・出来ているタタラを変な風にさわってしまう。という事も考えられます。土のメモリー作用により、タタラ板の端っこを持ち上げただけで土はその方向に反ってくると考えてください。出来あがったタタラ板をむやみに持ち上げたり、運んだりすると反る原因になります。

4・・・あまりに水分の多い土でタタラを作ると反りやすいです。少し水分を抜いたちょっと固めの土で細工をすれば少しは反りを抑える事ができると思いますよ。

いさちゃんですの連れ合いさんの場合、ゆっくりと乾燥させてみえるとの事ですので、乾燥スピードが問題ではないと思いますが、どれだけゆっくり乾燥させても反る場合は反ります。

長い皿の場合は中央が膨らんでくる場合もあります。軽い重石をのせたりする場合もありますよ。

ま、ほとんどお役にたてない説明ですがこんなところでしょうか?
・・っていうかやはり現物を見てみないとなんとも・・・・です。

2006.11.11 | 熊本[URL] | Edit

SATOチチさん

共感いただきありがとうございます。

あ、そういえば私のメールアドレスって
わかりますか?

一応念のため記しておきま~す!

kumamoto@cty-net.ne.jp

です!よろしく~!

2006.11.11 | 熊本[URL] | Edit

nagaさん

今日はどうも!

・・てなんかみんなにどうも!って言ってるな~!
私の作品、使ってくれてありがとう!
でももうすぐnagaさん作の初めてのロクロ作品ができますね!楽しみです!

2006.11.11 | 熊本[URL] | Edit

しまちゃん

先ほどはどうも!

まだまだ、がんばりまっせ~!!

2006.11.11 | 熊本[URL] | Edit

茶碗

そうですね~、お茶碗も食べながらだんだんと出てくる楽しい色など、模様など・・・。私はお皿とか茶碗とか実用しか求めないからねー。

2006.11.11 | さか[URL] | Edit

教えてください

女房があなたのファンなので影響されて時々拝見させてもらっております。
ちょっと教えてもらいたいことがあるんですが・・・
300x150のトレーを貫入土(7mmタタラ)で作っているのですが、乾燥するにつれ反ってくるのです。
ビニール袋を被せてゆっくり乾燥させているのですがうまくゆきません。
どないしたらいいんでしょうか?お忙しいのにすみませんが教えてください。よろしくお願いします。

2006.11.11 | いさちゃんですの連れ合い[URL] | Edit

まtったくさようで

極端が新聞紙のうえにカレーライスのせられて「食え!」っていわれてもね。大事なところ、おさえてみえます。使いやすさ重視も価値観のひとつ、また魅力あれば使い勝手二の次もあり。

2006.11.10 | SATOチチ[URL] | Edit

ふむふむ

ふむふむ、そうですね~。
先生のゴブレットで飲むビールはとってもおいしいですよ。先生がその作品を作っていた過程も見ているだけに、なおさらです。
で、あの価格は破格。

たぶん10年たっても(壊れていなければ)陶芸の楽しさをちゃんと呼び起こしてくれること間違いなし!

同じ器でも、単なる既製品とはまったく違いますよね。

2006.11.10 | naga[URL] | Edit

まったくもって、そのとうりです。
拘りを捨てるくらいなら、生きていられませぬ。
自分の中で良いものは、良い。
それを、そっと・・・慎ましく大切に拘り続けたいものですね。

っと・・・オタクの私が言うとウソくさいですね。

で、今日もプチっとね(^-^/

ではでは。

2006.11.10 | しま[URL] | Edit

    
プロフィール

熊本栄司

Author:熊本栄司
陶芸家・熊本栄司

三重県四日市市在住。
陶芸ビエンナーレグランプリ。
朝日陶芸展 秀作賞・新人奨励賞。
日展など多数の公募展に入選。

岐阜県瑞穂市の市章をデザイン




カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ブログ内検索

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。