陶芸家・熊本栄司の陶芸春秋

陶芸家・熊本栄司の日々の活動や思い、陶芸家としての喜怒哀楽を綴ります

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

賀状の整理

 
パソコンでの年賀状作りも裏面は印刷完了。

後は宛名を書く作業となるんだけど、まずは喪中ハガキをいただいた
方を拾い出す。

結婚をされた方は女性であれば大体の場合、苗字が変わるので
それの確認。

引っ越しをされた方は住所変更。

一番の問題は「出すべきか?出さざるべきか?」の方々。

「去年、賀状をもらっていないので、もう出さなくてもいいかな?」
・・と思うと「あれ?今年は来ている~!」って感じだし。
「そういう事があったから今年は出さねば~!」と出すと来ないし・・
(別に気にしてませんが・・・)

賀状はもらうけれども、誰だかわからない人も実は数人おみえに
なるんですよね~。(おいおいおい!)
「この人、誰だっけ??誰だっけ??う~ん??誰だっけ?」
ただただ・・・「今年もよろしくおねがいします」だけのお付き合い。

本当は「今年こそはよろしく!」状態なんだけどね。

とにかくこの年賀状という習慣・・・あとどれくらい続くんだろう?

これだけEメールが普及しているのに、アナログな賀状というのは
確実に廃れていくだろうな~。

もちろん手書き(アナログ)の良さはあるんだけど、問題は
送り手、受け手の「心(ハート)の問題だからな~」

Eメールだって心温まるのもあれば、アナログ賀状でもイマイチなのも
あるし・・・・

・・・とは言え、現行の状態はアナログ年賀状はいまだ健在。
さて・・・再来年のネタどうしよう??と今から考えてます。

スポンサーサイト

Comment

勝手なもので・・・

出すのは大変なんだけど、もらうのは嬉しいよね!あはは

日本にはクリスマスカードみたいなのがないので、その代わりなのかも知れないけれど、毎年、年末に忙しくなるのには間違いないよね。

教室で色々な人の話を聞くと、大きく2つのタイプに分かれると思いますよ。

毎年、年賀状が増えていく人と減って(減らして)いる人。
どちらが良いのか?わかんないけどね。

きだちゃんが言うように、「せめて賀状だけでも」っていうのが本音のところかも知れませんね。

でも、ちゃんときだちゃんには送りますので楽しみに?していてくださいね。

2005.12.06 | 熊本[URL] | Edit

普段ご無沙汰してるから年賀状だけでも と考えるか 年賀状しか付き合いないし そろそろやめてしまおうか と思うか どっちにしようか と 悩むのです(笑)
友達が最近 年末に出すのはやめて 年明けにくれた人だけに出す。
これを数年続ければ 誰からも来なくなるだろうから
と 実践してる人がいるよ。
それを聞いてしまった私は 親しいのだけど
出さない事を望まれてるのか どうなのか
これまた悩むのです(笑)
うちの夫なんかは 字を書くことが大嫌いなので 悪習だと 年末がくるたびにイライラしてる(^_^;)

2005.12.06 | きだちゃん[URL] | Edit

    
プロフィール

熊本栄司

Author:熊本栄司
陶芸家・熊本栄司

三重県四日市市在住。
陶芸ビエンナーレグランプリ。
朝日陶芸展 秀作賞・新人奨励賞。
日展など多数の公募展に入選。

岐阜県瑞穂市の市章をデザイン




カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。