陶芸家・熊本栄司の陶芸春秋

陶芸家・熊本栄司の日々の活動や思い、陶芸家としての喜怒哀楽を綴ります

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

タクシーと靴磨き

 
さて、巷では今日は祭日。

陶芸教室も・・・

「空き空き空き空き空きッ空きあいしてるぅ♪」

「あわてない!あわてない!」

「一休み!一休み!」

ま、そんなもんでしょう。

空いているなら空いているなりに自分の仕事も並行して
やります。

だからこれと言った陶芸ネタはないのでまたまた今日も
底抜け脱線ゲームしましょう。

私はタクシーに乗るのが実は苦手です。

理由は・・・

自分よりも年上の人に「運転をさせている」というのが
ど~も落ち着かないんです。

車の後部座席に乗ってあそこへ行け、ここへ行けというのが
なんとなく「身分不相応」のような気がしてならないんです。

もちろんお金を払って乗っているんだし、運転手もそれが
仕事なのだから、別に変な気を使わなくても良いんだけど・・・

かなりの年配の方が運転するタクシーに乗った時には
なんだかな~?と思ってしまうのでありました。

駅のタクシー乗り場でお客待ちのタクシーの長蛇の列。
かなりの時間を待っていただろう運転手に・・・

「近くなんですけど行ってくれます?」

なんて言えないんですよ!私。

それに「靴磨き」

私は生まれて一度もあの靴磨きというのをやってもらった事が
ないんだけど・・・あれって一体いくらでやってくれるんだろう?

500円くらいだろうか?1000円くらいだろうか?

とにかく値段の問題ではなく、年配の方に自分の靴を
磨かせている(磨いていただいている)のがたまらなく
居心地が悪い。

足を投げ出しているポーズはなんか女王様が・・・

「足を四つんばいになっておなめっ!」

っていうイメージと重なり合ってしまうし!

(注)私はそちらの人間ではありません。念のため!

しかし、タクシーの運転手にしても靴磨きのオジサンにしても
そんなこたぁ~ど~でもいいから・・・

「タクシー乗ってくれ!」

「靴磨かせてくれ!」

・・・という事なんでしょうけどね。

私は変な所に気を使ってしまう妖怪人間なのです!

「早く人間になりたい!」

↓↓↓↓

人気blogランキングへ

banner2.gif





スポンサーサイト

Comment

ダンナのインボー(?)で行けませんでしたv-36
っつ~か、夜に出かけるので
昼までもって頼みにくかっただけですがv-85
今月いけそうにありませ~ん!
だれか息子を預かってぇv-205

2006.09.24 | piccolo[URL] | Edit

わたしこそ

早くまともな人間になりたい~。             ゲスト呼んだね。

2006.09.24 | SATOチチ[URL] | Edit

    
プロフィール

熊本栄司

Author:熊本栄司
陶芸家・熊本栄司

三重県四日市市在住。
陶芸ビエンナーレグランプリ。
朝日陶芸展 秀作賞・新人奨励賞。
日展など多数の公募展に入選。

岐阜県瑞穂市の市章をデザイン




カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ブログ内検索

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。