陶芸家・熊本栄司の陶芸春秋

陶芸家・熊本栄司の日々の活動や思い、陶芸家としての喜怒哀楽を綴ります

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

時代は繰り返される

 
さて・・・土曜日です。

しかし生徒さんは超少なめ!

それでも何人かは来てくれました。

その中に今年、朝日陶芸展に入選された生徒さんも来て
くれました。

2年連続の入選で先生としましては嬉しい限りです。

正直、朝日陶芸展に入選するのは至難の業です。

彼女はさっそく名古屋の丸栄百貨店で開かれている
朝日陶芸展に行ってきて、パンフレットを買って来てくれました。

色々な作品の載っているパンフレットは色々と参考になります。
そして毎回、審査員のコメントをしっかりと読ませていただきます。

はっきり言いまして、時代は繰り返されるという事を感じました。

土味を生かした力強い作品、そして華奢で繊細な作品。

どちらも陶芸作品で、どちらが良い・悪いとは簡単には言えません。

しかしながら、時代の流れというのがあって、最近はどちらかと
言えば華奢で繊細な作品の出品が多いそうです。

そうなると土味の大胆な作品というのが見直されます。

逆にそういう作品ばかりの出品が多くなると繊細な作品が
脚光を浴びたり・・・・で・・・

なんか、ジーンズのベルボトムが再びブームがめぐってくる
みたいな感じです。

考えようによってはかなりいい加減だとも思いますし
朝日陶芸展のように長い間続いていると毎年、似たり寄ったりに
なってきます。

作り手から言わせてもらうと、土を焼くというプロセスがあり
そうは簡単には新しい技法や表現は中々難しいです。

その中でも若い作家は自分のエレルギーを全力を出して
挑戦していくんですね~。

最近は私は公募展熱がすっかり冷めてしまって・・・

歳ですかな~~???


今日はよゐこの浜口さんにお越しいただきました。

「浜口さん、一言お願いします!」

「押じだぞ~~~~~~~~~~っ!」

↓↓↓↓

人気blogランキングへ

banner2.gif

スポンサーサイト

Comment

piccoloさん

え?市役所??

なんだっけ???あれ???

それより今度はいつ来るの~???

2006.09.03 | 熊本[URL] | Edit

時代を読むってのは難しそうですねえv-116
でも私、先生のキンキラキン好きですよォ~v-20
市役所に飾ってるのなんか
そのうち盗んで帰ろうと・・・なんてねv-61

2006.09.03 | piccolo[URL] | Edit

    
プロフィール

熊本栄司

Author:熊本栄司
陶芸家・熊本栄司

三重県四日市市在住。
陶芸ビエンナーレグランプリ。
朝日陶芸展 秀作賞・新人奨励賞。
日展など多数の公募展に入選。

岐阜県瑞穂市の市章をデザイン




カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ内検索

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。