陶芸家・熊本栄司の陶芸春秋

陶芸家・熊本栄司の日々の活動や思い、陶芸家としての喜怒哀楽を綴ります

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

たかが10度、されど10度

 
8月・・・

お盆までは暑い日が続きます。

え~っと・・・

ただ今の温度1220度!

1220do.jpg.jpg


・・・って言っても気温じゃないですよ!あはは
窯の内部の温度です。

私は低い温度でのヤキモノは約1200度で焼きます。
高い温度の場合は約1250度になります。

こういう話をすると一般の方は・・・

なんで1200度が低い温度で
なんで1250度が高いのか?


差があまりピンとこないみたいです。

気温が0度と50度ではすごく違う感じがするんだけど
すでに1000度を越えた時点では、もう訳わかんない!
・・・っていうのが本音でしょうね~。

でも・・・よくよく考えてみてください。

「たった1度の差で水が氷になるんです!」

ましてや50度も違うとそこは別世界。

「サザエさんとゴルゴ13くらい違います!」

窯の内部の温度は上部と下部とでは約10度ほど温度が
違います。

先ほども言いましたが、たった1度で物質は固体から液体へ・・
はたまた液体から気体へと変化します。

ですから温度に敏感で流れやすい釉薬は窯の下の方へ置きます。
逆に温度に強い釉薬の作品は窯の上の方に置きます。

1240度と1250度ではたった10度の差が実は
大きな差なのです。

「たかが10度、されど10度」

今日はゲストに「オレは男だ!」にご出演の森田健作さんに
お越しいただきました。

「森田健作さん、一言お願いします。

「押すんだ~っ、吉川く~~~ん!」

↓↓↓↓

人気blogランキングへ

banner2.gif








スポンサーサイト

Comment

piccoloさん

piccoloさん

私もこの気温で少々夏バテ気味です。

夏はキライです。
だって暑いもん!

・・・ってまたまた子供みたいな事言ってます。

2006.08.11 | 熊本[URL] | Edit

うちのジャリが暑さ寒さ雨あられ関係なく外で遊ぶので、親子とも最近は着々と黒に彩色されています。v-15今日も暑かった~v-42あと10度気温が下がる日を待ちわびています。

2006.08.11 | piccolo[URL] | Edit

    
プロフィール

熊本栄司

Author:熊本栄司
陶芸家・熊本栄司

三重県四日市市在住。
陶芸ビエンナーレグランプリ。
朝日陶芸展 秀作賞・新人奨励賞。
日展など多数の公募展に入選。

岐阜県瑞穂市の市章をデザイン




カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。