陶芸家・熊本栄司の陶芸春秋

陶芸家・熊本栄司の日々の活動や思い、陶芸家としての喜怒哀楽を綴ります

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

作家の姿勢

 
作家にとって何が一番苦しい事か?といえば・・・

自分の作品が他者に認められない事であり、
また作品の需要がなく、一般的に言うと売れないという事である。

ここで作家は苦悩する。

認められるにはどうしたら良いのか?
売れるにはどうしたら良いのか?

結果・・・認められるように作品を変え、売れるように
作品を変えていってしまうのである。

「あなた!また売れない作品を作って!」

bidorokaki.jpg.jpg


(最近完成した作品)

・・・というカミさんに対して

「うるへ~!俺の作るモノに文句あっか!」

・・・と横面をベンベーーーンというくらいの勢いが必要。(願望)

実は作家が一番やってはいけないのは、世間に迎合し自分自身を
見失ってしまう事である。

売れないにはそれ相当の理由が存在し、認められないのにも
それ相当の理由は存在するんだろうが、実は世間というのは
かなりいい加減なモノだと思う事もしばしば・・・

こういう事を書くと「生意気」と思われるかも知れないけど
消費者、この場合はお客さんとでも言おうか?・・・

モノの良し悪しを見極める力の無い人が多い。

それどころか、美術の専門家達でさえ、贋作を見つけられず
賞なんかをあげちゃったりするんだから、はっきり言って
世の中ってかなりいい加減です。

そういう人達の意見をまともに受け入れるとこちらが
バカになってしまう。

今までお客さんのアドバイスを受け入れて良くなったケースは
稀で、

「かえって悪くなった!」

・・・場合が私の場合は多かった。

よく・・色々な人の意見を聞くのも大事っていうけど・・
ある意味、そういう事はクソくらえだ!
反旗をひるがえす心意気がないと作家なんて家業はやってられない。

作家の仕事とはつまるところ・・・

「本当の自分を維持し続けられるかどうか?」

・・・であると最近つくづく思う。

作家なんて優等生じゃなくて良い。

最近、岡本太郎ブームでみんな岡本太郎を賞賛している。

私も好きな作家の一人なんだけど、実は私は岡本太郎の作品は
私自身、あまり理解していない。
(太陽の塔は好きだけど)

太郎の生き方、考え方、作家としてのあり方に対して好きであり
太郎の作品を家に飾りたいとは思わない。

太郎にしても、一般人に絵が理解できるとは
思ってもいないだろうし、逆に理解するどころか、

「なんだ?これは?」

・・・と反発を覚えて欲しいと思ってあの作品を
描いていたに違いないのに・・・

最近のブームにのり、太郎の作品をわかってもいないのに
わかったふりをする人の多い事といったら・・・・
あまりの理解者が多いのに太郎も面くらっているだろう。

太郎の作品「痛ましき腕」が理解できるか?????

taro.jpg


正直・・・わしゃ~わからん!

私は岡本太郎の作品を真に理解できるのは「岡本太郎自身」しか
いないと思っている。

それは岡本太郎をやってみないと岡本太郎なんてわかる訳ないからである。

岡本太郎の作品が理解できる人・・・よほどスゴイか、かなりの凡人。

ましてや・・・私のような作家の作品を好いてくれる人は本当に
ごく一握りの人たち。

1000人に一人・・・いや万人に一人の割合だと思うけど
このたった一人がいるのといないのとでは天と地ほどの差がある。

「この一人のために作家は救われる」

この一人が買う、買わないの問題でもありません。

この一人がいる限りは、あとの残りの人はみんな理解者でなくても
それはそれで良いのだと思うのでありました。



それでも・・・・それでもね・・・・

「今月、これじゃ~足りないわよ!」

・・・ってカミさんに言われると・・・

「ごめ~ん・・理解者不足かな??」

・・・っていう状態になるのも作家の実態なのでありました。

とほほのほ!

今日はルー大柴さにお越しいただきました。

「ルーさん、一言お願いします!」

「ボタン押して、トゥギャザーしようゼ~!」

↓↓↓↓

人気blogランキングへ

banner2.gif


スポンサーサイト

Comment

よっこさん

ありがとうございます。
そう言っていただけると
方向性が決まります。

がんばるじょ~!!!

2006.07.24 | 熊本[URL] | Edit

いい色ですね~☆

この色大好きな色です。
こんな色の抹茶茶碗をお願いします!!

ご自分の力を信じてご精進をお祈りしてます。

2006.07.23 | よっこ[URL] | Edit

しまちゃん

なんか・・・
たまに・・・
爆発太郎なんですよ!

半年ぶりのパチは・・・
1万円の勝ちでした!

めでたしめでたし!

2006.07.22 | 熊本[URL] | Edit

6-ball-man さん

見ていただいてありがとうございます。
私の事はさておき・・・
ロト6、面白いですね~。

絶対当たるようになったらこっそりと
次回の当選番号教えてくださいね!
・・・って・・・ありえないか~??

何億円も当たったら私の作品、買ってくださいね!あはは

2006.07.22 | 熊本[URL] | Edit

で、パチは勝ったの?(^-^;

こんばんわ(^-^/
一言!「太陽の搭を見て!ウルトラセブンのデザインはココにある!」と言い切るオタクが最終的には勝つ!?(^-^;

まぁ~~ボチボチと頑張って下さい(^-^;

ではでは。

2006.07.22 | しま[URL] | Edit

あははは!

すいません、文章がおもしろくて思わず笑ってしまいました。そうそう、売れるものを作るのか、自分の筋を通すのか、いろんな場面で迷いますよね~。
でも、僕は自分の筋を通しています!自分で作った予想マシーンで今日もロト6の予想をしています。
よかったら見てやってください(^3^)/

2006.07.22 | 6-ball-man[URL] | Edit

nagaさん

本日はお疲れ様!

次回は上絵付けがんばりましょう!
しかし、Nさんとのつっこみの話は
いつもながら面白いですね!

2006.07.22 | 熊本[URL] | Edit

なはは

勇気付けられてしまいました。
ありがとうございます。
さすが先生。

僕も先生と同様、岡本太郎の彫刻や著作、発言、生き方は好きですが、絵はあまりいいとは思いません。
でも、独特。

シンボルというか、海賊のトレードマークというか、そういうジャンル?
もしくは、西洋絵画とメキシコの壁画、そして太郎の絵、、、っていうくらい何だか違います。
ま、飾るものじゃないですよね。

2006.07.22 | naga[URL] | Edit

SATOチチさん

自分にウソをつくという事。

自覚があれば良いのですが、自覚症状が
なく慢性的になり、途中で何が本当で何がウソなのかの判断がつかなくなる事を避けたいですね。

SATOチチさんのおっしゃるように、美しいものを見て美しいと感じれれば良いのですが、みんなが美しいというから美しい・・となると自分にウソをついている事になります。

でもそういう事をくりかえすうちに、自分の価値判断がまったくなくなり、美しいと言われるので美しい・・・本当は自分は美しいと思ってないのなら、「美しくない」と言えば良いのですが・・・

本当に自分がやりたい事・・・表現したい事・・・それって・・・簡単そうで・・・結構、風当たり強いっす!あはは

2006.07.22 | 熊本[URL] | Edit

ハプーさん

京都ではお疲れ様でした。

売り上げが伸びなかったのは、単に
平日で雨が激しかったという理由ですよ。
次回はお天気に恵まれますように!

芸術至上主義に殉じるっていう意味が私には
難解でよくわからないんです。あはは
(アホな私)

自分がやりたい事、やりたくない事。
色々な事に流され・・・
それを自分がたまにわからなくなる時があります。

それを確認するために文章にしているところもあるのが私のブログです。

ただ、陶芸家もやきもん屋も幸せになりたいのは同じですので、それぞれのスタンスでこれからもがんばっていきましょうね~!





2006.07.21 | 熊本[URL] | Edit

さかさん

よくわかっても、わからなくても・・・
それで良いんですよね~!
ほこりがたまるのは、やっぱり良くないですけどね!

2006.07.21 | 熊本[URL] | Edit

時計草みたい、美しい。

美しいものをみて美しいと感じる。理屈は要りません。空間があり、そこに花なり絵なり在る。それを快しと思える人に絵心がないとは言わせない。基本はここにあり、難解に思える現代美術でもそれぞれの感じ方でたのしめばいいだけのことです。より多くの美と出会い、本当の自分との解逅を果たす。    
こんな類のこと、当たり前すぎるくらい当たり前ですが今や伝えるべき場の縮小が起きています。

2006.07.21 | SATOチチ[URL] | Edit

たった1人・・・

うーん ・・・

利休の弟子 本覚坊の問うて曰く

 師匠の茶は
 これから どこに行くのですか・・・

師 利休 応えて曰く

 芸事の道は 枯れかじけて 寒し
 たった一人で行く道・・・

このあと利休は 秀吉から 死を賜る=切腹・・・

ま ぼくはこんなんやってられへんわー
芸術至上主義に殉じるなんて古すぎー
で・・・

 やきもん屋に徹しました
 皆々さまの 暮らしの道具を
 いかよーーにでもお作りいたします♪

それで 家族を養ってます・・・
ヒトそれぞれの人:にん=持ち味がありますから・・・
ぼくは
 
 バカに安住して
 トホウもなくシアワセである道を選びました♪

2006.07.21 | ハプー[URL] | Edit

見た目はいいけど、主婦はどうしてもほこりがたまる~・・・・・(-_-;)な~んてね。

岡本太郎の作品は何でこんなもんええんかなあと思う私です(-_-;)ほんま、ようわからん??

2006.07.21 | さか[URL] | Edit

    
プロフィール

熊本栄司

Author:熊本栄司
陶芸家・熊本栄司

三重県四日市市在住。
陶芸ビエンナーレグランプリ。
朝日陶芸展 秀作賞・新人奨励賞。
日展など多数の公募展に入選。

岐阜県瑞穂市の市章をデザイン




カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。