陶芸家・熊本栄司の陶芸春秋

陶芸家・熊本栄司の日々の活動や思い、陶芸家としての喜怒哀楽を綴ります

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

LOST

 
今日はガス窯を2基、電気窯を2基。
つまりはうちの窯、全て稼動。

工房の中は暑いのなんの。

明日の窯出しも暑いよきっと。

今日は暑くて頭がパーになってますので
いきなり話がワケわかんなくなります。

ご了承ください。

いきなりですが・・・飛行機の中で急病人が出た時に
スッチーが機内アナウンスで

「どなたかお医者様いらっしゃいませんか?」

・・・とその時・・・

「私・・外科医ですが・・・」

う~ん、かっちょええ~!

・・・で今、「LOST」というアメリカドラマシリーズを
見てます。

飛行機が無人島に墜落し、そこで無事に生き残った人達が
それぞれの人生を背負い、生き延びていくストーリーなんだけど。

これが摩訶不思議で、生き残った人の中には・・・

外科医がいたり
ミュージシャンがいたり
軍隊で通信班の人がいたり
ナイフマニアがいたり
建設作業に詳しい人がいたり
薬草に詳しい人がいたりで・・・

それぞれ窮地に立たされると自分の特技で
みなさんのお役に立つ。

・・・でもし私がその生き残りの一人だったら???

「器がない!器を作れる人はいませんか?」

・・・とその時・・・

「は~い!私、陶芸家です!」

「まず、土(粘土)を集めて来てください!」

「君は薪を集めて!」

・・・ってがんばるのかな~??
それってカッチョ良い???あはは

まあ、器の前に、まずは食べ物・着るモノ・・・って
無人島も今住んでいる所も・・・

優先順位、変わってないじゃん!

やれやれ・・・暑いとワケわかんない事考えてしまいます。

今日はフランスサッカー界からジダン選手にお越しいただきました。

「ジダン選手、一言お願いします!」

「押すから、レッドカード示談にしてください」

↓↓↓↓

人気blogランキングへ

banner2.gif




スポンサーサイト

Comment

よっこさん

まあ、無人島の話は実際は現実味を帯びてないよね~。あはは
もう、現代人は一人では生きていけないですよ。
横井さんや小野田さんっていうのは、強靭な精神力の持ち主だったんでしょうね。

私は各自それぞれ色んな意味で社会に貢献していると思ってます。
それが目立つか目立たないという違いだけと思っていますよ。

2006.07.13 | 熊本[URL] | Edit

無人島

無人島で生きていくとしたら
今の自分になにができるだろう?

考えてしまいますね。
これだけ便利な世の中になってしまって
これが当たり前のように
毎日を送っているのだけれど・・・。

なにか手に職を持っているのって
やっぱりすばらしいことですよね。

2006.07.13 | よっこ[URL] | Edit

    
プロフィール

熊本栄司

Author:熊本栄司
陶芸家・熊本栄司

三重県四日市市在住。
陶芸ビエンナーレグランプリ。
朝日陶芸展 秀作賞・新人奨励賞。
日展など多数の公募展に入選。

岐阜県瑞穂市の市章をデザイン




カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ内検索

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。