陶芸家・熊本栄司の陶芸春秋

陶芸家・熊本栄司の日々の活動や思い、陶芸家としての喜怒哀楽を綴ります

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

父子展

 
ソテツもぐんぐんと葉が伸びて来ました。

sotetu2.jpg


今日は大皿の模様入れの仕事。

sara1.jpg


拡大するとこんな風・・

sara2.jpg


この大皿一枚仕上げるのに結構時間がかかってしまいます。
(なんか土星の環みたいですね~)

さて・・私が陶芸を始めた頃、某百貨店から「父子展」のお誘いが
あったんだけど、当時私は陶芸を始めたばかりで、技術的にも
まったくダメでそれで当時、私の父は・・・

「早すぎる!」

・・・という事で「父子展」の企画はお流れになりました。

そして現在、もし「父子展」のお誘いがあれば、

「遅すぎる!」

・・・という事できっとお断りすると思います。

親子で同じ職場というのは、良い面と悪い面があります。
やはり親子ですので、作品への感覚というか・・・似ているんです。

それと何よりも他人でないが故に、ナーナーになってしまう
事もよくあります。

「父子展」をやる場合、親子で似たような作品を展示するのも
私はイヤです。

それと値段の問題があります。

父の場合、製作時間を短くして安価で作品を提供するという姿勢ですし
私の場合はその真逆で、いくら時間がかかっても自分の納得が
いくまで作りこむ、その分値段が上がってしまうというパターン。

普通「父子展」の場合、父の方が値段が高いのが常識だけど
うちの場合は子の方が高いという・・・

なんとも格好がつかない展覧会になってしまうんです。

ま、以上の事から「父子展」は私もやりたくないし、父も
やりたくないみたいです。

私には今、高校2年生の息子がいますが
陶芸の仕事をやって欲しいとはまったく思っていませんし、
たぶん本人もやりたくないでしょう。

普通のサラリーマンで良いので将来的にはどこかに就職して
お給料をもらってきて欲しいと思う今日この頃でした。

今日はゲストに松井須磨子さんにお越しいただきました。

「松井さん、一言お願いします。」

「命短し、押すんだ乙女!」

↓↓↓↓

人気blogランキングへ

banner2.gif




スポンサーサイト

Comment

piccoloさん

券があるだけいいじゃないですか?

うちは息子がパン屋でアルバイトを始めたんですが、毎日あまったパンを持って帰ってきます。
おかげさまでパンには不自由しなくなりました。

2006.07.05 | 熊本[URL] | Edit

さぶっ・・・。
地震も来なかったし。
ちなみに
使いづらさでは天下一品の
『おこめ券』
あります。
換金すると目減りするし
お米は生協で買ってるし。

2006.07.04 | piccolo[URL] | Edit

piccoloさん

なぬ~っ!地震がくるんですか?

私は自信がないっす?!

ヒデ引退は・・・申し訳ないけど私には
どーーーーーーーーーーでも良い事で・・
すんません!

それよりも明日の米代どうしようか?あはは
私の展覧会(個展)は10月で四日市近鉄です。
でも・・生徒さんはネタバレしている??

2006.07.04 | 熊本[URL] | Edit

hide引退!のショックも癒えぬままここに来ました。
今日は「亀が逆立ちする」大地震XーDAY前日。
しかし私の激震はこっちです。

さておき。
私、パパ先生の作品展はお邪魔したことがあるのですが
肝心の先生の展覧会ってないんです。
作品も、結構購入させていただいてるんですが
そういえば手元に残ってるのってひとつもありません。
これって不肖の弟子?

2006.07.03 | piccolo[URL] | Edit

    
プロフィール

熊本栄司

Author:熊本栄司
陶芸家・熊本栄司

三重県四日市市在住。
陶芸ビエンナーレグランプリ。
朝日陶芸展 秀作賞・新人奨励賞。
日展など多数の公募展に入選。

岐阜県瑞穂市の市章をデザイン




カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。