陶芸家・熊本栄司の陶芸春秋

陶芸家・熊本栄司の日々の活動や思い、陶芸家としての喜怒哀楽を綴ります

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

相対性

 
友人がリリー・フランキーの

「東京タワー・オカンとボクと、時々、オトン」

という本を貸してくれていた。

tokyotower.jpg


450ページにも及ぶ分厚い本なので、毎日寝る前に
ふとんの中で少しずつ読んでいって、ようやく読み終わりました。

結局はタイトルどおりの、主人公とその母親との半生記。

つまりは自分の人生を本にした・・・という事かいな?

「泣ける」と聞いているとどうしても私の場合ははじめから
構えてしまい、結局は泣けなかったし、オチもどんでん返しは
無く、予想通りの終わり方だった。

かと言って面白くなかったわけではないので
皆さんもお時間があればぜひドーゾ!

自分の人生を書けば、誰でも本がかける!

・・と昔聞いた事があるけれでも、それは当たっていて誰一人
同じ人生なんてありえないし、それぞれの人生で喜怒哀楽はある。

ただ・・・他人の一生を本にしても、それを読む側からしてみると
平凡な人生よりも波乱万丈の方が読んでいて面白い。

お金持ちのおぼっちゃん、お嬢さんの順風満帆な一生なんて
読む気もおきない。
(しかし、惨め過ぎる人生よりは、そっちの方が面白いかも?)

読む側からは波乱万丈の方が面白いけど、
自分は?と言えば・・・
むしろ、順風満帆で平穏で安定した生活をほとんどの人が望んでいる。

さて・・・今までの自分の半生を本にした場合、どうか?と
考えた場合、リリー・フランキーのような波乱万丈な人生を
送っているとは思えないけど・・・順風満帆で安定しているか?と
言えば・・・???

まあ、誰でもそうかも知れない。

リリー・フランキーの人生だって、それよりももっともっと
スゴイ人から言わせれば大した事ないのかも。

基本的に、全ての物事や事情は

「相対性」

・・・であるからね~。

しかし、陶芸家の場合、あくまで価値観を主観にもってこないと
とても苦しい人生になります。とほほほ

今日はゲストに「相対性理論」でおなじみのアインシュタイン博士に
お越しいただきました。

「博士、一言おねがいします」

「押すためのボタンなのか?」

「押されるためのボタンなのか?」

「ど~んと考えてみよう!」

・・・っていつの間にか欽ちゃんになってしまった。

↓↓↓↓

人気blogランキングへ

banner2.gif


順位も相対性です。







スポンサーサイト

Comment

piccoloさん

もう・・・涙の泉は枯れてしまいました。

最近、泣けないんだよな~・・・って
昔からあんまり泣かなかったけど。

むしろ、笑いすぎて涙が出るっていう本やDVD知らない???

2006.06.23 | 熊本[URL] | Edit

そこで泣くんじゃなくって~v-16
この線で泣けないなら
もしや『生協の白石さん』で号泣?

世のマザコンv-238たちを
カミングアウトさせるきっかけになったとか言われてますよね~v-10
息子にもず~っとマザコンでいて欲しいよ~v-205

2006.06.23 | piccolo[URL] | Edit

よっこさん

まあ、面白い本でしたよ。

文章としてはかなり量があるので
毎日、少しずつの方が楽ですし、別に推理小説ではないので、そんなに急ぐこともありません。

なにせ登場人物は主にオカンと自分だけ、そして時々オトン・・ってタイトルそのまんま東状態でしたので。

2006.06.23 | 熊本[URL] | Edit

読んでみよう♪

おもしろそうな本ですね。

私も読んでみたいと思います。

うちにも一人かわいい息子が
おりますもので・・・。

リリーさんって私たちと同じ歳みたいですね。

2006.06.23 | よっこ[URL] | Edit

piccoloさん

泣けなくて・・・

ど~もすみません!(泣)

始めに「泣けるぞこれは!」と言われると
「絶対に泣いてやるもんか!」となってしまう私でした。

確かに母親だと泣けるのかも?

しかし、見方によるとなんか「マザコンみたい?!」と思いながら読んでいた場面もありました。

ま、色々な感想があって面白いと思いますね!

2006.06.23 | 熊本[URL] | Edit

泣けないのは、先生が息子を持つ女親でないからです。
ど~しようもないけど愛しい馬鹿息子を持った女親なら号泣です。
私は各章ごとに号泣してました。
自分がオカンになって読んでるんですよね。

2006.06.23 | piccolo[URL] | Edit

    
プロフィール

熊本栄司

Author:熊本栄司
陶芸家・熊本栄司

三重県四日市市在住。
陶芸ビエンナーレグランプリ。
朝日陶芸展 秀作賞・新人奨励賞。
日展など多数の公募展に入選。

岐阜県瑞穂市の市章をデザイン




カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ内検索

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。