陶芸家・熊本栄司の陶芸春秋

陶芸家・熊本栄司の日々の活動や思い、陶芸家としての喜怒哀楽を綴ります

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ロクカリ

 
ハプーさんのネタ。ロクカリを熊本バージョンで。

・・・と言ってもロクロ・カリキュラムではありません。

「轆轤仮免許、略してロクカリ」

私は今まで陶芸の学校とかに行った事がありません。
修行にも行った事がありません。

ですからヤキモノ全般の知識や技術はほとんど自己流って事に
なります。

四日市は一応、「萬古焼」で有名?な焼き物の街ですので
小さい頃から町工場(焼き物の)の職人さんがロクロを引いている
のを見たり、はままた動力機械で土鍋などを作るのを
垣間見てきました。

しかし、私はその方達を憧憬や尊敬の目で見ていた訳では
ありません。

むしろ大人になったら・・

「こういう仕事はしたくない!」

・・・と思っていました。

うちは元々、「土鍋」を作っている工場経営でした。
小さい頃から土鍋の生産を毎日、毎日見ていると、正直
違う職業に憧れます。

パイロットとか、役者とか、ミュージシャンとか・・・

そういう人間でしたから、大人になって自分が陶芸をやるなんて
私の未来予想図には全然ありませんでしたので、大学も
外国語学部卒業という有様です。

父が土鍋の生産をやめて、陶芸作品を作りそれを仕事として
始めたのが私が大学を卒業する直前。

従業員を解雇し、一人になった父は学校を卒業する私に
家に帰ってくるように説得に走りました。

色々と事情はありましたが、結局私は家に帰ってきて
父の陶芸?の仕事を親子でやる事になった訳です。

父は陶芸家なのにロクロを引きません。使いませんと言えば
こだわりを持っているように聞こえますが・・・
・・・でも本当は・・・

「父はロクロがひけないんです!」

父は相当な歳からの陶芸という事ですので、今からロクロを練習しても
若い頃からやってきたロクロ職人には絶対に勝てないという思いから
今にいたるまで一度もロクロを引きません。

父は私に「お前はまだこれからでも間に合う」という事で
四日市市が開いていた「伝統産業育成コース」という所に行き
私はロクロの手ほどきを受ける事になりました・・・んが!

授業に出ても、ロクロには興味がなく、ほとんどがおしゃべり。

最悪の生徒です!

ロクロで作った作品は基本的には丸の形状で、壺とか鉢とか皿とか・・
そういう形状にはまったく興味がなく、前衛芸術の方ばかり
目が向いていて、ロクロ作品ばかりの作家を見ると

「なんて芸がないんだ!」

・・・と思ってばかりいたんですが、ある日、誰だったかの
作品かは忘れましたが、ロクロで作ったその壺を見た時、前衛芸術には
ない「美」・・・と呼べば良いのか?そういう風に思ってしまったのでありました。

それから、自分からロクロを回す事になったんですが、最悪の生徒が
今更習いに行くのも格好悪いので、自分での独学という事に
なってしまいました。

ですから、ロクロ職人から見ると私のロクロは全然ダメでしょう。

でも・・・まったくロクロで作品が作れないか?といえば
そうでもなく、少しは作れるんです。

ですから私の今の状態は教習所で車は運転できて路上も走れる
んだけど・・免許証までいかない、

「轆轤仮免許」

・・すなわち、「ロクカリ」という事になるんでしょうか?

しかし、陶芸家とか職人って免許制じゃないから。最終的には
自己判断で免許皆伝、仮免許、教習場内練習・・・

免許を持たなくても独創的で超一流の外科医・ブラックジャックを
目指すようにしたいな~なんて思う今日この頃。

今日はハプーさんのネタを使わせていただきましたので
ゲストは八風窯のハプーさんにお越しいただきました。

「ハプーさん、一言お願いします!」

「なにがしか みなさまのお心にとどきましたでしょうか?
もし そー思てくれはったら・・・ 

すんませんけど熊本のために
 ↓クリックしてもらえませんやろか お願いします」   

↓↓↓↓

人気blogランキングへ

banner2.gif


2位かな?







スポンサーサイト

Comment

まみさん

全然すばらしくなんてありませんよ~。

親子で同じ仕事というと、なんか聞こえが良いのですが、親子で同じ仕事ってマジで色々とあります。

ま、今更どうにもならないんだけどね。

私の生き方って相当にアバウトです。
陶芸を志している人ってすごく心に秘めた熱い思いみたいなんがありますが、私はどうでしょうか??自信ないな~。

2006.06.20 | 熊本[URL] | Edit

ハプーさん

思いっきりネタをパクってしまいました。
しかし、息子さん跡継ぎになられるんですか?
もし、そうだとしてもハプーさん直伝の
技法でうまくやっていってくれるでしょう。

私のところは、絶対に陶芸の道には
行かないですね~

私も希望してませんし、本人も希望してませんのでね。

2006.06.20 | 熊本[URL] | Edit

よっこさん

同窓会大変お疲れさまでした。
ワインもすごく美味しかったです。
しかし、私はお札の事もすっかりと
忘れていましたし、またお金の件の
話もしようと思っていて、つい酔っ払って
しまって全て忘れてしまいました。
最悪ですね。
F先生はお元気でしたか?
また、お会いしたいです。

2006.06.20 | 熊本[URL] | Edit

熊本さんの生きかたうーんそうなんだと思いましたが、お父様も潔い生き方ですね。
この親にしてこの子あり。すばらしいです。

2006.06.20 | まみ[URL] | Edit

すんばらしー!

いやー ナイス!
内容 ネタ運び 落とし お手本にしよー♪
さてー  ウチも子供3人 次の次の春には長男
美術高校を卒業・・・・・

うーん 

やってもらいたいよーな
違う道を きりひらいてほいしーよーな

ビミョー・・・
深刻な夫婦ゲンカの種ですー♪

2006.06.20 | ハプー[URL] | Edit

こんばんは~☆

18日はお疲れ様でした~

今日、瑞浪でF先生にお会いしたので
プログの話をしておきました。

今日はご覧になっておられると思います。

又来年も楽しみにしてます♪

2006.06.19 | よっこ[URL] | Edit

    
プロフィール

熊本栄司

Author:熊本栄司
陶芸家・熊本栄司

三重県四日市市在住。
陶芸ビエンナーレグランプリ。
朝日陶芸展 秀作賞・新人奨励賞。
日展など多数の公募展に入選。

岐阜県瑞穂市の市章をデザイン




カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。