陶芸家・熊本栄司の陶芸春秋

陶芸家・熊本栄司の日々の活動や思い、陶芸家としての喜怒哀楽を綴ります

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 
今日は寒い中、大勢の生徒さんが来てくれました。 作る作品も、耐火粘土を使った土鍋とか、技術的に難しい重箱とか。 新しい生徒さんも来てくださって、忙しい一日でした。 さて・・・実は数日後に東京に行かなければいけません。 仕事と同窓会をかねての東京行きなんですが、 六本木ヒルズでのリッチな?同窓会もそれはそれで 楽しみです。 そうやってたまに外出をする時に困る事・・・ それは着ていく服がな~い!って事です。 ・・って言うか・・・ 私の持っている服の90%が「黒」。 後の8%が白とグレーです。 (残り2%は何故か赤) まったく毎日、喪服状態です。 まあ、だから新しい服を仮に買ったとしても、たぶん黒色なので 本人だけが新しいとわかるだけで、第3者から見れば何も変わって いないように見えるかも知れない。 毎日、黒ばかり着ていると他の色を着ると、なんだか落ち着かなく なってしまうんです。 自分でももう少し色々な色を使った方が・・・・と思うんだけど 人間って不思議なもので中々新しい色に挑戦するのに 二の足を踏んでしまいます。 仮にカラフルな服を買ったとしても、結局は黒に手が伸びてしまい 何にもなりません。 私の洋服ダンスはほとんどが黒なので、どの引き出しを あけても黒・黒・黒・黒・・・・で自分でも何がなんだか真っ黒けで わかりません。 黒のタートル、黒のTシャツ、黒の長袖Tシャツ、黒のタンクトップ、 黒のシャツに黒のセーター、黒の靴下、黒のマフラー。 (ちなみに下着は黒ではありません。白でもありませんが) まるでクロゼットの中は暗黒星雲かブラックホールです。 唯一、冬の仕事の時は数年前にユニクロで買った白のフリースを着ています。 実はこの白のフリース、生地が厚くてとても暖かい。 しかも全然、破れもしなく丈夫なので、いまだに着ている。 冬は防寒が一番なので、どうしてもその白のフリースばかり着てしまう。 当然ながら陶芸で白を着ているとどんどん汚れてくる。 しかも2~3年も! 先日もカミさんに・・・・ 「その白のフリース、捨て犬みたい!」 って言われてしまった。 そのフリースは毛が毛布みたいになっているので、見た目は毛みたい。 さすがに数年も着たフリースは雨に打たれて汚れてしまった 白い捨て犬のように見えるのも無理はない。 そして結局・・・その白のフリースも最後には「黒」になってしまうのか? とほほほのほ! ブログランキングに参加しています。応援クリックをお願いしま~す! 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

フリース・・・。
撃たれませんように?
「捨て犬」は、ちと悲しいかな・・・。ポチっ!
(クリック音!)

2009.01.15 | SATOチチ[URL] | Edit

SATOチチさん
「捨て犬」ではなく
「負け犬」にならないよう、努力いたします!
ワンワンワ~~ン!!!

2009.01.16 | 熊本[URL] | Edit

    
プロフィール

熊本栄司

Author:熊本栄司
陶芸家・熊本栄司

三重県四日市市在住。
陶芸ビエンナーレグランプリ。
朝日陶芸展 秀作賞・新人奨励賞。
日展など多数の公募展に入選。

岐阜県瑞穂市の市章をデザイン




カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ブログ内検索

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。