陶芸家・熊本栄司の陶芸春秋

陶芸家・熊本栄司の日々の活動や思い、陶芸家としての喜怒哀楽を綴ります

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

「凍」と温暖化

 
今朝も寒かったですね~。 水たまりは完全に凍っていました。 朝、工房に行くと(スレート部分)温度計は0度。 この時期、陶芸をやっていて一番怖い事・・・ それは作品を凍らせてしまう事です。 それを業界用語で「凍てる」(いてる)と言います。 粘土で作った作品は乾燥しきるまでには、粘土の中にかなりの 水分が含有されています。 (完全に乾燥させているつもりでも、素焼き窯の場合、水蒸気が どんどん出てきます) 温度が低くなり、粘土が凍ってしまった場合、作品はボツになって しまいます。 今までに何回もこの時期に同じ失敗を繰り返してきましたが 一度凍らせてしまった作品は残念ながらどうする事もできません。 氷が膨張し内部から土をバラバラにしてしまうからです。 まるで北斗神拳みたいです。内部からの破壊です。 「お前はもう死んでいるっ!」 救済措置・・・・私は知りません。 土を撫で付けようが、バーナーであぶろうが、決してなおりません。 氷が溶けると作品は見た目にはまったく元通りになるんですが それがだんだんと乾燥が進むと・・・完全に亀裂が出てきます。 (誰か救済措置を知っている方がいればぜひ教えて欲しいです) よって、ある程度土が乾燥するまでは、教室の中で乾燥させます。 しかし、昔に比べて氷点下になる日が格段と少なくなったと思います。 私が陶芸を始めた頃は毎日のように氷点下。 しかし、昨今は本当にそういう日は少なくなりました。 やっぱり確実に温暖化は進んでいるんだな~! ・・・って土を扱っている業者の方は絶対に肌で感じていると思うよ。 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

よのじさん
普通の人に陶芸の事を聞いても
もう、まったく無意味ですね~。
いまだに今日作って明日焼きあがって
くると思っている人が大勢います。
ましてや土が凍ったところで
問題なしと思ってしまっても当然です。
なぜなら、私も当初問題なしと思って
いた一人なのですから!とほほほ

2009.01.15 | 熊本[URL] | Edit

まるさん
明日の四日市の予想最低気温は
マイナス3度です!
うちの工房は昔、土鍋を生産していた
スレート工場でスレート部分は外にいるのと
まったく同じで寒いです。
そのスレート工場の中に教室があるわけ
です。
教室は断熱材とかが入れてあり、とても
快適なんですがね~。
当然、今日作った作品はスレート部分には
置けません。

2009.01.15 | 熊本[URL] | Edit

SATOチチ さん
北斗神拳の威力を良い方向に使っている
「トキ」みたいなものですね(大笑)
逆もまた真なり!
内部崩壊を逆手に取る画期的なアイデア
ですね。
うんうん!

2009.01.15 | 熊本[URL] | Edit

粘土再生するには凍るのはいいのですが
マジで作品が凍るのは勘弁願いたいです
(陶芸家の伊藤公象さんは、粘土を凍らせる事で、できる現象を作品のテイストにしてましたね)
以前ローカルTvに出たときに、生の作品が凍ってしまうとどうなる?
というクイズを出題しましたが、回答の一般ピープルははずしました
凍っても平気って答えてくださいました・・
普通の人はそんなの興味ないですよね

2009.01.15 | よのじ[URL] | Edit

へぇ~
そんなに土が凍るとは。。。
四日市は案外寒いんですね。
というか、工房が保温性ほとんどないのですね。。。

2009.01.15 | まる[URL] | Edit

災いでも福とす!
20kgの粘土、塊のまま、
乾燥したらどうにもなりませんが、
水分含ませ、氷点下に!
晒せば、やすやすと、再生できます。
内部からの破壊!!!
ま、大きい規模でされる方は、
ちまちました事はされませんが・・・。
・・・結構、利用してますよ。

2009.01.14 | SATOチチ[URL] | Edit

    
プロフィール

熊本栄司

Author:熊本栄司
陶芸家・熊本栄司

三重県四日市市在住。
陶芸ビエンナーレグランプリ。
朝日陶芸展 秀作賞・新人奨励賞。
日展など多数の公募展に入選。

岐阜県瑞穂市の市章をデザイン




カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ内検索

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。