陶芸家・熊本栄司の陶芸春秋

陶芸家・熊本栄司の日々の活動や思い、陶芸家としての喜怒哀楽を綴ります

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

隣は何をする人ぞ

 
陶芸家の仲間とスキーに行く道中に、車の中の会話で
毎年必ず出る話題があります。

それは・・・・

「あいつ、どうやって食っているんだろう?」

もちろん、この場合の「あいつ」とは陶芸仲間のAさんだったり
Bさんだったり、Cさんだったりの事。

正直、どうでも良い事なんだけど、それでもやはり
みんな気になるみたい。

世界のトヨタまで赤字になる見通しの世の中。
それぞれの陶芸家の金銭事情も大変だと思うんだけど、それ故に
他の作家の台所事情も少々は気になる。

これと言った活動をしているようには見えない陶芸家の
AさんやBさんやCさんの収入源は一体どうなっているんだろう?

実に不思議なのだ。

実は先日、Aさんがうちにブラッと寄ってくれて色々と話をしていたんだけど・・・

そこで私は以下のような質問をしてみた。

私    「来年はいくつくらい個展が入っているの?」

Aさん  「今の所は3ヶ所」

私    「それってどこで??」

Aさん  「○と×と△で」

私    「全部、三重県内じゃん!」

Aさん  「だって県外のギャラリー知らないし・・・」

私    「・・・で個展以外の仕事は???」

Aさん  「う~ん、これと言って無いな~」

私    「じゃ~・・生活費どうするんよ?」

Aさん  「う~ん・・・」

・・・ってな感じで、本人に直接聞いてもまったく収入源の情報は
入ってこない。

先日、某所で行った個展も赤字だったというし・・・

不思議だ!まったくもって不思議だ。

特にこのAさんの生活状況は我々の中で7不思議のひとつになっている。

う~ん。

所詮、他人事なんだけど・・・ど~でも良い事なんだけど・・・

隣は何をする人ぞ?!


ちなみにブログで色々な作家のページを見るんだけど、
やっぱり収入源のわからない作家が多い。
陶芸家って本当に不思議ワールドだ。

私はどのように思われているんだろう?


ランキングに参加しています・・・・あなたの愛のワンクリックを!



人気blogランキングへ

banner2.gif
スポンサーサイト

Comment

まつさん

それはそれは不思議ワールド炸裂です。
Aさんの例もありますが、基本的にAさんは
パソコンも持っていませんし、カメラもデジタルでは
ありません。電話もプリペイドという感じです。

不思議というか・・・陶芸家の収入というのは
よほどの事がないかぎり突出する事はないと思う
のですが・・・

陶芸家の中には年に海外旅行も何回もする人も
いますし・・・

どう計算しても?って感じなんです。

やはり陶芸家とは別の収入があると思いますよ。

不動産収入だったり、遺産だったり・・・

不思議と陶芸家の奥様って働きに出ている人って
これまた少ないんですよ。

不思議ワールドがますます不思議になります。

2008.12.21 | 熊本[URL] | Edit

さかさん

そりゃそうでしょう。
不思議な方はそうもいるものではありませんが
陶芸家ではその不思議率が大幅にアップします。

親の介護も・・・それはそれで大変ですね。

2008.12.21 | 熊本[URL] | Edit

私も聞きたいです^^

奥さんが正社員で働いてる方が多いのかな
それから、親から受け継いだ不労所得(役員報酬含)で
生活の心配なく制作してる方なんかが
どうやって生計立ててるんだ?って方に多い気がします。

2008.12.21 | まつ[URL] | Edit

私の回りにはそういう不思議な方は今はおりません。このところの最近の私たちの話題は「親の介護」・・・。
てなこと言って、悩んでられないわ。遊ばなきゃならないからね~(^^;)

2008.12.20 | さか[URL] | Edit

    
プロフィール

熊本栄司

Author:熊本栄司
陶芸家・熊本栄司

三重県四日市市在住。
陶芸ビエンナーレグランプリ。
朝日陶芸展 秀作賞・新人奨励賞。
日展など多数の公募展に入選。

岐阜県瑞穂市の市章をデザイン




カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ブログ内検索

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。