陶芸家・熊本栄司の陶芸春秋

陶芸家・熊本栄司の日々の活動や思い、陶芸家としての喜怒哀楽を綴ります

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

凧考

 
もう~いくつ寝ると~♪
お正月~♪
お正月には凧あげて~♪
駒をまわして遊びましょう~♪
は~やく、こ~いこい、お正月~♪

・・・ってなんて平和なお正月なんだ。

昨今の世界的不況や派遣社員の突然の解雇とは
無関係な時代。

現在ではお正月に凧をあげる事もないし駒をまわす事もない。

しかし、私が小学生だった頃は、TVゲームもパソコンも無い
時代だったので、実際に正月に凧をあげて遊んでいた。

町内の駄菓子屋さんに売っていた凧はひとつ100円。
奴凧(やっこだこ)だと確か150円~200円くらいはしたと思う。

普通の凧は「竹ひご」で骨組みがされていて、それに
歌麿みたいな絵が描いてある、ただの四角い形をした凧。

仮面の忍者「赤影」に出てくる「赤影殿~っ!!」って大きな
凧に乗って叫んでいる白影が乗っていた・・・あれね。

(わかるかな??しかし白影の凧は誰が上げていたんだろう?不思議だ)

akakage02.jpg

実際に駄菓子屋さんで買ってきた凧は、そのままではあがらない。

新聞紙等を使って足(尾っぽとも呼んだ)をつけてやらなければ、
空中でクルクルと回転してしまいとても飛行は無理。

何故に新聞紙の足をつけるだけで、あれほどまでに安定しするのか?
当時は全然わからなかったけれども、航空力学に基づいているんだろうと
いう事は大人になってわかった事。

風が無い時などに凧揚げはとても無謀な事なんだけど、そこは小学生!
無理にでも揚げて楽しむのだった。

風がないのに凧を揚げるのには自走して風を凧に送り込む以外方法はない。

とにかく、走る!走る!走る!走る!走る!

・・・そして力尽きる。

必然的に凧は失速し墜落する。

こんな事を延々繰り返して遊んでいたのだから、子供って・・・・

そして逆に強風な時は寒さをこらえて凧揚げに興じるわけだが
今度は自走はしなくても良い。

調子に乗って凧を遠くまでどんどんと揚げていく。

しかし、ある一定の所までいくと、凧と凧糸の重量、それと操縦技術との
バランスが崩れてくる。

操縦技術と言っても凧糸をぐいぐいと力任せに引っ張るだけだけど
ひとたび、その状況で疾風が吹き抜けると凧糸が「ぷつん」と切れる。

「糸が切れた凧みたい」・・・という表現は今でも使うけれども実際に
糸が切れた凧を操縦していた経験を持っている人は何人いるだろうか?

それはそれは・・・みじめなもんです。

糸が切れた凧はまったく予測不可能な動きをして、遠くに風に流され
ゆらり・・・ぶらんぶらん・・クルクル・・ヒュ~・・・って感じで流されていく。

宇宙遊泳中に命綱が切れて宇宙を漂うような感じ。
そしてまた・・・陶芸家の日常みたいな感じ?!ありゃりゃ。

100円もした凧が(当時一日のお小遣いは10円)、どんどん遠くへ
流されていくのは、見ていて焦りと悲しみ以外何もない。

追いかける!追いかける!追いかける!

何故か川に墜落するか、高圧電線に引っかかるパターン。

そしてゲームオーバー。

楽しいはずのお正月は一転、失意のどん底でありました。

そこへ、子供たちの世界に革命がおきました。

「ゲイラカイト」の登場です。

geira.jpg

竹ひご、紙、新聞紙で作られていた今までの凧とは違い、
プラスチック製の骨組みにビニールみたいな胴体。

ほんの少しの風でもグングン上昇!

しかし、あまりにも簡単に揚がるので、なんだか面白くなくなってきて
結局、いつの間にか凧揚げはしなくなってしまった。

面白みって一体なんだろう?

凧を揚げる事に必死だったのに、ゲイラカイトの登場で簡単に
揚げられるようになったら興味を失ってしまった。

実は人生もそういうものなのかも???知れない??あれれれ???
あはははは。

人気blogランキングへ

banner2.gif





スポンサーサイト

Comment


    
プロフィール

熊本栄司

Author:熊本栄司
陶芸家・熊本栄司

三重県四日市市在住。
陶芸ビエンナーレグランプリ。
朝日陶芸展 秀作賞・新人奨励賞。
日展など多数の公募展に入選。

岐阜県瑞穂市の市章をデザイン




カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。