陶芸家・熊本栄司の陶芸春秋

陶芸家・熊本栄司の日々の活動や思い、陶芸家としての喜怒哀楽を綴ります

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

自分史(独立編)

 
公募展に出品を続けながら、同時にあちらこちらで個展やら
グループ展を開催していました。

しかし、それは父の仕事の手伝いの傍らに作品を
作っている状態には変わりありませんでした。

eiji1111.jpg

やはり生活費は必要ですからね~。

そしてある日・・・四日市・松坂屋においてグループ展をやっていた時に
京都の業者(画商)さんが私に声をかけてくれました。

「あなたの作品は面白いのでこれから一緒に仕事をしないか?」という事でした。

全国の(・・と言ってもその業者さんの得意エリアは西日本中心だったけど)
百貨店の画廊との仲介をしてくれて、予定を組んでくれます。
まあ、「陶芸マネージャー」と考えていただければ、わかりやすいかな?

その予定にあわせて私は作品を作り個展をするという事です。

色々な百貨店の画廊で個展ができる!

これは陶芸作家にしてみれば大きな魅力です。

私は即座にOKの返事をさせてもらい、その後怒涛の個展中心の生活が
始まる事となります。

こうなってくると父の下で仕事をしている場合ではありません。(大笑)

父に一応は許可をもらって、父の仕事の手伝いを休ませてもらい
私は自分の作品作りに没頭していきます。
当然ながら休んだ日数分の給料は天引きされています。キツイ!

しかし、一日や二日休んだだけで個展用の作品ができるはずもありません。

1ヶ月の半分以上も休むようになると、父もついに・・・

「来月は給料はなし!自分で勝手にやれ!」

・・・と半ば、いきなりの解雇です。
リストラです。リーマン・ブラザーズです!

大学卒業後、家に帰って来いと言った父があっさり
私に対してリストラ宣言です。おいおいおい!
よほどご立腹だったのでしょう。

「作家で食えるワケがない」・・父の意見でした。

退職金も、失業保険もありません。
女房・子供もいます。

eiji26.jpg


無茶苦茶な話です。アンビリーバボーです。

正直な話、3ヶ月も持たないと思いました。

しかし、個展の予定はすでに決まっています。

後戻りはできません。

10年ほど父の下で仕事をし、給料をもらっての生活でしたが
急に経済的にも仕事においても、すべて自分でなんとか
しなければいけなくなりました。

父と仕事場は同じですが、まったくの別会社という事になり
(会社というよりは、個人自営業)
実質的には「独立」状態になりました。

来月からはもらう給料はゼロ。
しかし・・・個展活動はしたい。

明るい明日と真っ暗な明日が同居してました。

おら、知らね~~~!

明日に続く。

人気blogランキングへ

banner2.gif





スポンサーサイト

Comment

No title

さかさん

たぶん、さかさんも自分史を書かれれば
波乱万丈?だと思いますよ!
・・・って・・・私の場合・・・大した事ないですよ。

2008.11.29 | 熊本[URL] | Edit

No title

波瀾万丈人生のはじまりなんですね(^^;)これからがまた楽しいってことですね。

2008.11.28 | さか[URL] | Edit

    
プロフィール

熊本栄司

Author:熊本栄司
陶芸家・熊本栄司

三重県四日市市在住。
陶芸ビエンナーレグランプリ。
朝日陶芸展 秀作賞・新人奨励賞。
日展など多数の公募展に入選。

岐阜県瑞穂市の市章をデザイン




カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。