陶芸家・熊本栄司の陶芸春秋

陶芸家・熊本栄司の日々の活動や思い、陶芸家としての喜怒哀楽を綴ります

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

らしさ

 
韓国ドラマ・冬のソナタより・・・(古)

ユジン 「こんなのミニョンさんらしくないです!」

ミニョン 「僕らしいって何ですか?ミニョンらしいって何ですか?」


※ ミニョン=チュンサン=ヨン様


私もたまに、「らしくない?」作品を作るらしく・・・

「これって先生らしくないですよ~!」って言われる度に・・・

「僕らしいって何ですか?」って聞きたくなる場合があります。




自分らしい作品を作るという事はなにより一番大事だと思っています。



この歳になっても作品の完成度よりは「らしさ」「個性」の方を重要視
しています。

ただ・・・たまに「自分らしい」っていうのがよくわかんなくなる時もあります。

自分らしくないと思われた作品も、実はもう一人の自分である事に
間違いはないのです。

むしろ・・・本当の「自分らしさ」はそちらの方だったりして・・・・

そして・・・「自分らしさって何だ?」、「自分って何だ?」っていう風になってきて・・・

なってきて・・・・

なって・・・

なっ・・・

・・・・







あ~~~っ!
酒でも飲んで寝るかな????

今日は本当にまとまりません。
長文を書いたけどほとんど消しました。



ブログランキングに参加しています。

人気blogランキングへ

banner2.gif




スポンサーサイト
 

陶芸教室考

 
ある陶芸ブログに「教室やどこかの講師をしている・・・すなわちセミプロで・・・」
ってな事が書かれてあったのを見て・・・

・・・って事は私はセミプロなんだな~?!

明日から「ミ~ン、ミーン!」って鳴いて過ごそうかな?ってマジで思ってしまった。

昔、陶芸教室を始めるにあたって、陶芸家の友人から「お前も落ちたな!」と
言われた事を思い出した。

作家では食べていけず・・・いや・・・厳密に言うと食べていたのだが・・

あまりに不規則、不安定な収入のために教室を始めた事については
大筋容疑を認めます。間違いありま千年。亀は万年。

(刑事さん!しゃべったのでカツ丼注文してください。)

作家だけで食べていた頃はとにかく無休で働き、個展に次ぐ個展を重ねていた。
一年に10回という個展回数は体力・気力の限界を迎えていた。

仮に1回の個展で100万円売ったとして、作家の手取りは半分より少し上。
画商や美術業者さんが仲介に入ると手取りは半分もない状況だった。

そこから個展にかかる経費(滞在費・交通費等)や土代、燃料費等を差し引くと
とても100万での売り上げでは生活できない。

おおきな百貨店での個展ならまだしも(百貨店なら100万ではちょっという感じだけど)
、小さい個人ギャラリーでの1週間で100万円をコンスタントに続けるのはかなりキツイぞ!

これではどれだけがんばってもほとんど儲けは出ない。

一回の個展の売り上げを300万、500万としていかなければ、とても
生活なんてできやしない。

それでも個展をやって作品を売っていくしか方法がなく、とにかく
個展を開くための作品作りに毎日身を粉にして働いた。

しかし途中から個展会場を埋めるために作品を作っているような気がしてきたのと
毎日、毎日、土との会話だけで他人とはまったく会話のない、いわゆる
「ちょっとヤバイ」状況に体力・気力が悲鳴を上げていた。

やっぱりある程度は地に足をつけて、作品を作らないともう何が何だが
わかんなくなって、頭がパニックになってきました。

ま、そんな事もあり、個展の回数を今までとは違って極端に減らして
その分、陶芸教室をはじめようと思ったのでありました。

教室をやっていると言うとやはり、同業者からは冷たい視線っというのは
正直感じますね~。

やはりどこかに「作品だけで食べてない」という、なんだか一番突いてほしくない
コアな部分への非難。しかし教室が流行っていたりすると、その反面の
嫉妬の部分。

「俺達は作家を貫き貧乏しているのに、あいつは教室をして儲けている」・・・と。

実際は教室をしてベンツに乗っている訳でもなく、ぎりぎり、スーパーで
ベビースターラーメン5連袋を買えるくらいなのだが・・・(どんだけ~っ)



どうも陶芸界では「陶芸教室」をしている作家というのはあまり
よく思われていない感じがします。

よくよく考えてみると、テレビで活躍している華道家の先生でも教室を持っているし
お茶の世界も教室で体制を維持しているみたいなもんだし・・・

書道だってほとんどが教室を持っていて、純粋に「書」の作品だけ売って生活している
人ってほとんどいないと思うんだけどな~。

ま・・・こういうブログの場合、〆は・・・・

「教室をやってはいても作品は良いのを作り続けます!」

・・・って事で一件落着??なのかな????

ブログランキングに参加しています。

人気blogランキングへ

banner2.gif


 

秘密プロジェクト失敗

 
実は以前に書いた「秘密プロジェクト」というのは伊丹クラフト展への公募の事
だったんです。

実は数ヶ月前にひょんな事から伊丹クラフト展のパンフが手に入りました。

それでよく見ると今年のテーマは「日本酒の器・台」という事でした。

「よよよ・・賞金もあるし・・いっちょ、挑戦してみようかな?」ってな感じで応募したのですが
結果は「落選」トホホのホです。

私も今までに数多くの公募展に挑戦し、入賞通知・入選通知・落選通知を受け取りました。

今回の展覧会のジャンルは「クラフト」という事で「陶芸展」ではありません。
素材も陶芸だけではなく、ガラスや漆、金属や布・・と色々です。

「いっちょ、ド派手にやっちゃるか~!!」

・・・ってな感じで、クラフト展である事なんておかまいなく、昨日のブログに
書いたように、自分が作りたい形、自分の表現したい色で応募いたしました。

落選通知を受け取り「あ~んあ、イヤ~なっちゃった、あ~んあ驚いた♪」
ってな感じになっていたんだけど・・・

今回の作品は機能的より、場の雰囲気を彩る、楽しむため、おしゃれのために
重点を置いたので、使い勝手とか使いやすさ、持ちやすさ、飲みやすさは2の次、3の次に
したのが、やはりクラフト展での一番の敗因かも???

・・・それより・・・

そもそも・・私は違った土俵に上がっていたのかも?って思う事も。

「あなたのはクラフトじゃないよ!」

「それってアートの分野だよ!」

って言われているような気分になったきたから不思議なもんだ。

私の知人で一度ある公募展に出品し、落選した作品を翌年の
同じ展覧会に出品して入選という快挙?を成し遂げた人もいるけど・・・

だから入賞したから天狗になる必要も、落選したから草履の下のゴムの
ような気分になる必要もない。

私のような作品に票を入れるか入れないか?は審査員次第。
審査員に気に入られなければ、何を作ってもダメ。

・・・で今回、出品した作品はこんな感じでした!

itami.jpg

ぐいのみの形もデスラー総統が使うワイングラス並みのフォルム。
徳利の方もあえて一枚の板(タタラ)からの変形で形を作り近未来的な
フォルムにしたんだけど・・・・

酒を飲むのにこんなに楽しい器はないと自分では思っているんだけど・・

私がバカなのか?審査員の見る目がないのか?どちらにしろ結果は落選。

今日は恥を忍んでブログに書きました。

秘密プロジェクトだから黙っていればわかんない事なんだけど・・・

これから、こういう手の展覧会に応募される方に参考になればと。

あまり派手な奇抜な形はやめましょう!!!落選しますよ~!風当たり強いですよ~!

(私はこれからもお構いなく奇抜で派手でいくけどね) 

やっぱ、要領悪いよ!俺って。


ブログランキングに参加しています。

人気blogランキングへ

banner2.gif





 

青臭い自分

 
実は昨日の日曜日も朝からカミさんとともに仕事をしてました。
夏休み中に焼き上げねばならない子供達の作品の釉薬掛け&窯詰めでした。

まあ・・・働けど働けど中々に仕事の区切りがつかない、じっと手を見る。

・・・で私の場合は?と言うと・・・前にも書いたけど要領の悪い仕事を
しているのも原因なのかも知れない。

細かい絵付けをしたり、手間がかかるフォルムにしてみたりと・・・

・・・だからと言って・・・

ダーーーーーッっとロクロをひいて

ダーーーーーッっと釉薬かけて

ダーーーーーッっと焼くという作業が私には向いてないし
そんな事は機械がやれば良いとも思ってる。

自分の名前を出して作品を発表する以上、それが湯呑みだろうが
ご飯茶碗だろうが、やはり自分が納得しなければならないだろう。

自分らしさの作品を作らなければ、一体何のためにサラリーマンを
せずにアドベンチャーなる陶芸家をやっているのかワケわかんなくなってしまう。

いつの間にか、手っ取り早くお金に還元するために作品がトーンダウンし、
「品」や「モノ」に化してしまうのが自分はイヤなのであります。

手をかけて1個の湯のみを作るよりもダーーーーッっと安い湯呑みを
3個作った方が早いし売れるかも知れないけど、やっぱりそういうのは
イヤなものはイヤ。
(それで自分の表現ができる人はそれで良いんだけど)

でも・・・つまりは私は青臭いという事なのか?

やっぱり手間がかかっても作りたい作品を作る、表現したい事を
表現しなけれは意味がない。

だから・・・ネクタイをせずに、土をこねているんじゃないのか?

いつまで、こんな青臭い事を言っていられるのか自分でも自信がないけど・・・

でも・・・いつまでも持ち続けなければならない一番大事な事でも
あるような気がする。

もっと言えばおじいちゃんになっても青臭く逝きたい・・ではなく生きたい!

ブログランキングに参加しています。

人気blogランキングへ

banner2.gif







 

ブログ考

 
毎回、ブログでバカな事ばかり書いていますが、たまには
陶芸について考える事とか思っている事を書こうとは思うのですが・・・

これを文章にしてネットにあげるとなると、いつものような軽いノリでは
中々書けず、結局は陶芸にはあまり関係ない事を徒然と書いてしまってます。

色々な陶芸ブログがあり、それらも読んでいて、作家の皆さんもそれぞれ
考え方があり生きているんだな~と実感してますが。

率直に言って、他のブログを読んで「同意」する所もあれば「?」と
思う所もあるんだけど、結局は人それぞれという事でそれに対して
大手を振って賛成、そして反対という事はできないんだけどね。

「いや~・・・それは違うだろ~」ってな感じでコメントを書き込んだとしても
テキスト上(活字)での議論は、ほとんどの場合、水掛け論になって
しまうし、書き方によっては誤解になり、中傷してしまう場合もあります。

・・・で結局は「自分はこうする」としか書けません。

ブログって言うのは、ちょっと毒があった方が面白いし、ありきたりの建前の
話よりは本音で書いた方が面白いのはわかってはいるんだけど、そこは
ネットの世界。迂闊な事を書けばすぐに板が炎上してしまいます。

私のように住所も名前も公にしている場合、逃げる場所もありません。

ただ言える事はやはり顔が見えなく作品だけだと、何かしら現実感に
欠けるというか、ひょっとして全部バーチャルなんじゃないか?とさえ
思えてくる事もあります。
(これも人それぞれ立場があるんで仕方ないんだろうね)

以前、私も名前は出していたんだけど顔は出していなかった時期があり
個展会場で私の名前と実物のギャップに大変驚かれた方が多かったです。

やはり「陶芸家」というイメージと「熊本」という名前から連想される熊の
イメージでかなり大柄で怖いイメージを持たれている時期が長かったのですが
最近では顔出ししているので、そんな事はないみたいですが。

まあ、また言いたい事があれば、ブログで吠えるとしますが、それでも
不特定多数の方が読んでみえるとなると、それはそれで気を使って
しまいます。

・・・で・・・結局はどこからも突っ込みが入れられない無難な文章に
なってしまうと、本当に自分が言いたかった毒の部分はすっかり消毒されて
しまうんだよね~。

正直、本音で書いてしまうととんでもない事になってしますんで。とほほほ

・・・で結局、今日も何が言いたいのやら無難に無難に無難に文章を
まとめている自分がいて、たまにイヤにもなってくるんですが・・・



ブログランキングに参加しています。

人気blogランキングへ

banner2.gif

 

双子考

 
夏休み子供陶芸教室はもう終了しているんですが、それでも
夏休み中の焼き上げは間に合いませんが、今でも何人かは
陶芸教室にお皿を作りにきてくれてます。

それで昨日は双子ちゃんが来てくれました。

小学校2年生だったと思うけど「一卵性双生児」だそうです。
もちろん顔はそっくり瓜二つです。

ザ・タッチの・・・

「幽体離脱~~っ!」

のギャグを学校でやったら
バカ受けするの間違いナシですよ!

ちなみに私は一卵性双生児の事を物心つくまで・・・

「一卵性ソーセージ」

だとばかり思ってました。ソーセージはどれも同じに見えるから
双子の事をソーセージを呼ぶのとばかり思ってました。

ま、そんなバカな話はさておき・・・

一つの卵子が分裂して双子になったワケだから、ある意味クローンであります。

顔が似ているのは当然だとしても、何もかもがまったく同じなはずなのに、
昨日の双子がまったく同じ皿を作るワケでもなく・・・

いや・・・むしろ対照的な作品作りでした。

一方はランダムな模様でしかも短時間で作り、一方ではシンメトリーで
きちんと整列した模様でしかも時間をかけて作ってます。

う~ん・・・・何でだ???まったく同じなはずなのに・・・

そういえば私の知り合いの陶芸家に双子がいるんだけど、この双子は
今、悲しい事に絶縁状態になってます。おいおいおい!

う~ん・・・まあ、性格が似すぎているのが理由なのかな?とも思うけど
私が知っているご両人はまったく性格が違っていました。

一人は温和、一人は勝気って感じでしたもん。

世の中には双子に関する不思議な話っていっぱいあるんですよね~。

しかし、もし私が双子でもう一人同時に生まれた兄、もしくは弟がいたら・・・
う~ん・・・私そっくりな人間がもう一人いたら・・・

そう考えると幽体離脱のギャグが出来るかな~などと面白いと思う反面、
そうでない方が良かったとも思ったりもして。

同じ顔して片方が優等生、片方がバカでもなんだかな~?

正直、もう一人の自分に勝てる自信がない。それは自分は負けず嫌いなのを
知っているので相手は(自分は)勝つまでやるからであります。

自分に勝つには自分を超えねばならない!?

な~んてワケわかんなくなってきちゃった!

ブログランキングに参加しています。

人気blogランキングへ

banner2.gif



余談

ちなみにアニメ「タッチ」の双子で「かっちゃん」の方が良いか「たっちゃん」の方が良いか?
私は死んでしまった「かっちゃん」の方のが好きですが・・・

ちなみついでに・・・サザエさんの「波平」も双子。波平は頭に毛が1本。お兄さんの
海平は毛が2本。ベタだな~!
 

お知らせ

 
今日は若干涼しくなったような気がします。

今日の夜は来月14日(日)に開かれる「名月陶芸祭」についての
ミーティングがありました。

今回の出展作家は12名。

当日は作家の作品展示&販売はもちろんの事、500円で楽焼体験コーナー、
呈茶席あり、音楽祭あり・・・と内容は盛り沢山です。

陶芸祭は10時から5時まで
呈茶は3時から5時までで中秋の名月にふさわしくお抹茶の野点席で。
音楽祭は5時半から7時までで、出演は和太鼓集団まんまる座、ソングユニット宙に
よる演奏・・・

そして私と友人と生徒からなる「迷月バンド」

まあ、この「迷月バンド」はチラシにも載っていません。
飛び入りという形での演奏になる予定?
練習がうまくいかなければ出演も見送る予定です。

また時期が近くになりましたら再び宣伝させていただきます。

ちなみに場所は・・・「酔月窯山の陶房」
四日市市西坂部町1103
電話 059-333-0021です。



ブログランキングに参加しています。

人気blogランキングへ

banner2.gif

 

ハイカラな名前

 
昨日に引き続き、今日も窯焚きです。

朝に窯出しをして、そのまま速攻でまた窯に作品を入れました。
今回の窯はほぼ100%子供教室の作品で皿ばかり。

皿ばかりで窯の中を満たすと、量が多くなり温度がなかなか
上がらないようになります。

もちろん最終的には希望の温度にまで上げるのですが
時間がいつも以上にかかってしまいました。

特に還元焼成に入ると温度が下がってしまいますので、還元状態を
しばらくの間、維持するとまた酸化焼成に戻して温度を上げます。

還元にしたり酸化にしながら温度を上げていきます。

まあ、そうこうしながら昨日焼き上げた子供達の皿を窯出ししていて
またまた思った事は・・・

実は今回は皿の中に自分の名前を入れてもらったんだけど、
最近の子供の名前というのはハイカラなのが多いですね~。

なんかホストクラブの源氏名みたいだったり、どこかの暴走族の
チーム名みたいな感じの名前もあります。

まあ、親はしっかりと考えて名前をつけてはいるんだろうけど
私にはちょっと抵抗感がありますね~。
(ま、古い人間なので許してください)

・・・・ってそもそも読めないのはオジサン困っちゃいます。


ブログランキングに参加しています。

人気blogランキングへ

banner2.gif

 

MIDI

 
先日、キーボードが壊れて困ったという話をしたけど
どうにか友人にキーボードを借りる事ができました。

しか~~し・・・借りておいてこういう事を言うのもなんだけど
私のキーボードが平安時代のとすれば、友人のは弥生時代の
キーボードで音は鳴るのだけど音質があまりよくない。

ピアノの音なんかはおもちゃのピアノみたいな感じ。

私のキーボードは音質は良いのだけど鍵盤が壊れている。
友人のキーボードは鍵盤は問題なしなんだけど音質が悪い。

どうにかならないかな~・・・と思っていたら両方のキーボードには
MIDI端子がついている事に気がついた。

MIDIとはMusical Instrument Digital Interfaceの略で
キーボード同士をMIDIケーブルで繋ぐと色々な事が
できるのでありました。

つまりは頭脳である音源は私のキーボードを使い
手足である鍵盤は友人のを使うという事ができるのであります。

midi.jpg

上のが私ので音だけ提供し下の友人のキーボードは鍵盤だけ提供!

2台並んでいるのでさぞかしすごいのか?という感じなんだけど
2台で1台って所がいかにも情けない感じ。

上のは弾かないので楽譜を乗せる台となってしまうんだけど・・・

しかし、余談なんだけど学生の頃はバンドを組んで色々な曲を
演奏していたんだけど(当時はドラム担当)、当時のキーボード
つまりはシンセサイザーは単音しか出なかった。

今では信じられない事なんだけど、ドならド、レならレの音しか出ない。
友人のキーボードを弥生時代と言ったけどそれより前の縄文時代の
産物でありました。

これを「モノフォニック・シンセサイザー」と呼んでいたんだけど
いわゆる和音(ハーモニー)が出ない鍵盤楽器で、なんとも頼りない。

それが学生時代後半になると、ついに「ポリフォニック・シンセサイザー」
が登場してくる。つまり和音が出るようになったのでありました。

それからはデジタル楽器全盛に突入し、それと同時にMIDIが導入されて
今までの音楽の常識を完全に覆した。

音も自分で作る事ができるようになり、「この楽器はどれだけの種類の
音が出るんですか~?」なんて質問は意味をなさなくなっていきました。

今までは複数の楽器が参加する音楽を一人で演奏する事が不可能だったんだけど
「シーケンサー」という機器が現れ、一人でピアノ、ドラム、ベースなどのパートを
録音し、完全なるセルフプロデュースできる時代になった。

いや~・・・・デジタルってすごいもんです。

でも・・・いくらデジタル楽器はすごいと言っても・・・
演奏するのは完全アナログの陶芸家たち。

かなり・・・不安です。とほほほ

ブログランキングに参加しています。

人気blogランキングへ

banner2.gif

 

まだまだ暑いです

 
まだまだ暑いです。
松岡修造の暑苦しさと良い勝負です。

今日は朝から全力疾走です。

素焼きの窯出しから始まり、棚板にアルミナを塗り、窯出しした作品の底に
撥水剤を塗り、そして釉薬賭け。

子供体験教室で作られたかなりの数のお皿に釉薬を掛ける。
コンプレッサーで釉薬を吹き付ける。

吹く!

吹く!

吹く!

そして・・・

吹く!

工房の中はひどい暑さ。

耐え難きを耐え、忍び難きを忍び・・・頑張る。

汗が飛び散ります。

なんとか全ての作品に釉薬を掛けようと思っていたら、なんと
途中で釉薬の残量が少ない事に気がついた。

まだ在庫分があると思っていたら無かったのでありました。

やっぱり夏ボケか???

釉薬が切れたのではそれ以上の釉薬掛けの仕事は中断せざるをえない。

残念と思うのが半分、途中で止めれる嬉しさ半分。

汗臭くなった体をきれいにし、Tシャツ、Gパンをはきかえる。

中年の臭いのは最悪だから、せめて清潔にしなくちゃね。

しかし・・・・雨が全然降らない。

それでも大雨が降った地域もあるみたいですね~!

老婆心ながら・・・・大雨が降った時に・・・

「ちょっと川の様子やら田んぼの様子を見に行ってくる」

というのは止めましょう!(特にお年寄り)

その理由で死んでいるいる人があまりに多すぎます。
家の中でじっとしているのが一番ですよ。


ブログランキングに参加しています。

人気blogランキングへ

banner2.gif
 

引退

 
オリンピックも終盤戦になり、日本の選手もメダルをいくつか獲得して
「よくがんばったぞ!」と本当に労をねぎらいたいと思っています。

晴れてメダルを獲得して聞く言葉は「これで引退」という言葉。

スポーツ選手は旬の時期というのは短く、4年後のオリンピックに
出られるかどうかも難しい。

毎日超ハードな練習に明け暮れ、もう体力、気力の限界って感じなのも
納得いくから、引退も仕方ないかな~?なんて思うのでありますが・・・

じゃ~・・・陶芸はどうだろうか?と考えると死ぬまで減益で・・・とほほ
いやいや現役で頑張れるとは思う。

いや、むしろ死ぬまでひとつの仕事をやりぬく事は美徳であり、逆に
途中でやめるとなると、挫折したみたいに思われるふしがあります。

でも、人生は一度きりなワケで・・・

陶芸の道を選んだのから死ぬまで陶芸一本でやらなければ
ならない法律があるわけでもなく・・・

50歳くらいで引退して、残りの人生を他の事をして生きてもそれはそれで
人生なんだろうと思う。

いや、むしろスポーツ選手ほどじゃないけど、一体何歳まで陶芸は
できるのだろう?

趣味としての陶芸ならまだしも、本業としての陶芸家は
体力、そして気力の問題も出てくるだろうと思う。

今、私は陶芸というレールの上を走っている列車であり、20年以上も
そのレールの上を走り続けているんだけど、一度列車を止めて
途中下車してみるのもひとつの選択肢ではないか?と思ったりもする。

別に陶芸と決別するわけではないんだけど、このままで良いのだろうか?
という考えがふと頭の中をよぎったりして。

私には息子と娘がいるが、陶芸家の家に生まれたからと言って
跡継ぎにするつもりもないし、本音を言うと継いで欲しくない気持ちの方が
勝っている。

ある意味、早めに引退し工房の跡地を子供達が自由に活用するのも
ありなのかな?なんて事も思ったりして・・・


ブログランキングに参加しています。

人気blogランキングへ

banner2.gif

 

黄昏

 
黄昏。

DSC00016.jpg

この写真は15日にお義母さんの所での黄昏写真です。

日頃は平屋に住んでいるので、こうやってマンションの10階からの景色は
それはそれで気持ちが良いものです。

かなり遠くまで見下ろす事ができます。

8月15日というのは毎年の事ながら暑いし、終戦の日だし・・・

まあ、今年はオリンピックがあったので戦争色というのが若干
薄れた感じがあったけど、例年の8月15日はテレビの番組も
戦争関連が多い。

ああ、またこの日がやってきたんだな~・・・と・・・

別に戦争を知っているワケでは無いんだけど毎年そう思う。

お坊さんの「今日はとにかく忙しいのねん!」って感じのお盆特別短縮バージョン
のお経を聞くたびにもそう思う。

さて・・今日は完全休養する事ができました。
(・・・と言っても素焼きの窯の仕事を少ししたんだが)

キーボードもなんとか友人から借りる事ができたし・・・

明日から仕事モードに突入です!
(・・・ってずっと仕事モードなんだけど)


ブログランキングに参加しています。

人気blogランキングへ

banner2.gif



 

お盆総括

 
今日は16日。

ほとんどの人は明日の日曜日までお盆休みで18日から本格始動って
感じでしょうか?

私の14日、15日、16日は・・・と言いますと・・・

14日・・・午前中は教室はお休みなんだけど生徒さんのJさんが来られました。
その時間帯を同じくして、私の友人がお墓参りの途中に大あんまきを土産に
寄ってくれました。

午後からはこれまた神奈川に住んでいる友人が子供を連れて遊びに
来ました。せっかくなので陶芸体験をしてもらいました。

15日・・・朝はアルバイト?母の使用しているウォーターベッドの中の水を入れ替える
という大作業。2階にあるのでまずは1階まで運んで作業開始。まあ、母の手伝いで
お金をもらうというのも何なんだけど、お盆休みのお小遣い?のつもりで出費して
くれたみたいでありがたや!ありがたや!

午後からは地元四日市のお墓参りを2ヶ所済ませて、名古屋、大須と栄へ。
栄では彫刻家の南川先生の個展を見に松坂屋へ。今回の作品は南川先生が
うちの土を使って、焼き物と彫刻との融合作品を発表されていて、実際に
作品になったのを見るとかなり勉強になりました。

その後、カミさんの実家にご仏壇のお参りに。

今日、16日・・・午前中は秘密プロジェクトの最終仕事。それが終わる頃、陶芸家の
後輩が奥様と友人を連れて遊びに来てくれました。午後からはカミさんの友人の
ご兄弟が遊びに来てくれました。

まあ、毎年のお盆はみんな我が家になんだかんだと言いながら寄ってくれます。

うちはお盆にはどこへも行かず(行けず?)家にいるのがわかっているのか?

ま、理由は何であれ、寄ってくれるのは嬉しい限りです。
ず~っとお盆の間は人に会っていた感じです。

さて・・・ようやく明日はな~んも予定が入っていない日で、ようやく明日から
お盆休みスタートって感じなんですが、実際には月曜日には普通に始動すると
思うので明日は陶芸の事はなにもせずにゆっくりしようと思います。

さて・・・オリンピックも終盤戦、がんばれ日本!ですね!



ブログランキングに参加しています。

人気blogランキングへ

banner2.gif

 

もしもピアノが弾けたなら

 
さて・・・今日からお盆休みの人って多いじゃないかな?

ブログのアクセス数も激減する時期でどうせみんな読んでないんだから
今日は(今日も?)偏った趣味?の話でも書くとするかな~。

つまらないから今日は読まなくて良いです。





去年、9月に「名月陶芸祭」というのをやって、みたらしを1000本も
焼いて世界新記録を樹立したんだけど、どうやら今年も「名月陶芸祭」は
やるみたい。

去年、新記録を樹立したので今年はみたらし競技には不参加です。

・・・でも・・・何かしらやりたいね~・・・という事になって
知り合いの陶芸家がギターを、うちの生徒がベースを、私がキーボードを
演奏して余興をやろうか?という事になった。

なにせ「名月陶芸祭」での演奏となるので、曲の選曲は「月」とか「秋」の
イメージでいこうと言う事になり・・・

「荒城の月」とか「赤とんぼ」とか「月の砂漠」とか「朧月夜」とか
「Fly me to the Moon」とか「Moon river」とか・・・

ま、せいぜい4,5曲なんだけどね。

それで9月のはじめの方に3人寄ってちょっとだけ練習しようという事に
なったんだけど、私もここ10年ほどキーボードを触ってないので
今日は埃をかぶったキーボードを倉庫から出してきて「赤とんぼ」の
練習を少しだけしたんだけど・・・・

まあ、はっきり言ってこの「赤とんぼ」という曲はたった8小節で
なりたっているんだけど、これほど短く、しかも情緒的に完成している
曲は世界広しと言えども他には中々ない。

曲自体はそんなに難しくはないんだけど・・・だからこそ
簡単にピアノを弾いてしまったのでは面白くない。

つまり幼稚園の伴奏みたいになってはやはり45歳のおじさんとしては
ちょっとね~・・・という事で・・・「赤とんぼ」をちょっとJAZZっぽくしてみたく
なったわけね。

しかし、この「JAZZっぽく」というのが、実に難しいのねん。

ネットで探した楽譜によるとこの「赤とんぼ」はハ長調。

つまりは♯も♭も五線譜にひとつもない、まあ、一番簡単?な楽譜。

ドミソはそのままドミソ。コードネームは「C」

主旋律はギターが演奏するので、私は伴奏に徹するのみ。

まさか「ドミソ」を和音として演奏するわけにも行くまい。

いきなりの「ドミソ」を「ドミソシレ」コードネームはCM9。

そして今回、多用するのがディミニッシュコード。

このコードがあるおかげでかなりJAZZっぽくはなるんですが
とにかくはっきりしない音なんですね~。

いや・・・すべてがはっきりしない。

なぜなら・・・使う音は・・・

「ド・レ♯・ファ♯・ラ」

そして

「ド♯・ミ・ソ・ラ♯」

そしてそして・・・

「レ・ファ・ソ♯・シ」

なんなんだ?一体?

ハ長調で♯も♭もひとつもないから簡単だと思っていたら
JAZZ調にしようとすると、黒鍵がどんどん出てくる。

JAZZの場合ルート音(すなわちドミソならドの音ね)を
ベースが演奏するのでピアノはドの音は演奏しなくても良いわけね。

その代わりと言ってはなんだけど、ドを演奏しない代わりに他に音を
バシバシ付け加えていくんだけど、この足していく音をテンションっていうだけど
このハ長調のコードCの場合、ドレミに・・・
5度(ソ)7度(シ)9度(レ)11度(ファ)13度(ラ)の音なんかを足していく。

なんだ?結局ドレミファソラシド全部じゃんか~!!!
って事になってワケわかんなくなるわけね。

そして5度の音を半音下げたり、上げたり・・・・

コード記号も「C-5」とか「C69」とか「Cm7-5」とか「CmM79」とか
なんだか化学記号みたいになってきて猛暑で頭がいかれているのに
もっといかれてしまったワケ。

もっと・・もっと・・・いかれる事が発覚!

埃をかぶったキーボードを弾いてはいたんだけど、途中でなんだか
おかしい事に気がついた。

鍵盤のセンサーがいくつか壊れているらしく、ちょっと鍵盤に触っただけで
最大の音量が出てしまっていてとてもバランスが悪くとても人前で
演奏できる感じではない。

つまりは10年ほど寝かしていたら、壊れていたのでありました。

いや~それこそ・・・テンション下がるよな~。

誰かに借りられないと演奏できないよ~。
買ってまでしようとも思わないし。

やれやれ・・・何やってんだか俺!


ブログランキングに参加しています。

人気blogランキングへ

banner2.gif

 

要領が悪い

 
今日も暑い日でした。

ここ、三重県四日市では本当に雨が降っていません。
毎日、毎日、工房の温度計は38度をさしています。

これだけ毎日暑い日が続くとかなり体も慣れました。
30度が涼しいと思えてくるので怖いです。

今日は秘密プロジェクトの作品の絵付けがようやく完成し
電気窯に入れました。

秘密プロジェクトって何?って聞いても無駄です。

だって秘密プロジェクトだから秘密なんです。

秘密じゃなくなった時にまたご報告したします。

ちょっとネタばれすると・・・かなり細かい作業の作品を製作。
うまく金彩と上絵の色が発色してくれるのをただ祈るのみですが・・・

こういう作品にも言える事なんですが、とにかく私は要領が悪いです。

どうしても手をかけてしまう。

生き方自体も本当に要領が悪い。

(でも逆に言うと腹黒くないんだよ)

ま、ぶっちゃけ陶芸家という職業自体、要領が悪い代表選手みたいなもんですがね。

すごく時間や手間をかけてもらえるお金はたったこれだけ?っていうのに
慣れてしまっているので、たまに違う仕事をする事になった時に
「こんな事でこんなにもらえるの???」ってすごく喜んでしまう事が多いのです。

実はこの夏は色々と他人から労働力を頼まれる仕事があり・・・
まあ、こういうのをアルバイトっていうのかも知れないけど・・・

とにかく体ひとつで労働力を提供し、お金がもらえるというのは
これほど楽な事かと思ってしまうのでありました。

つまり経費がいらない。
土代、ガス代、電気代がいらない。

そもそも・・・とにかく労働力を提供すれば必ず収入がある。

時給が1000円でも2000円でも、とにかくまるまる入ってくるお金は
純利益であるので基本的はまるまるの儲けという事。

陶芸の仕事は長時間かけて作ったから、儲けがある!っというのではありません。

むしろ、その逆のパターンの方が多いかも知れない。

売れて初めてお金になる。しかもその売れた金額から経費、人件費を
差し引くと・・・なんとも要領が悪い。

その点、今回の労働力提供っていうのは気持ちがすごく楽。
とにかく絶対にお金になるんだからね~。

働いてもお金になるかどうか分からない職業についている私にとっては
確実に収入となる仕事は気分的に楽勝!楽勝!

実は秘密プロジェクトもお金になるかどうか???まったくわかりません。
時間はかかりました。労力も使いました。

しかし、お金になるかどうかわからないなんて・・・・要領が悪い仕事やな~。

ブログランキングに参加しています。

人気blogランキングへ

banner2.gif

 

夏をあきらめて

 
さて・・・今週は教室はお盆休みをいただきますが・・・

それは単に教室がないだけの事で私はいろいろと仕事を
する予定です。

前々回の日曜日、前回の日曜日も子供陶芸体験が入っていましたので
完全休養も全然ありません。

・・・そして、どこか・・・

海や山に行く予定も
海外に行く予定も
宇宙旅行の予定も
ゴルフやスキューバや釣りといった予定も

まったく皆無。
(ヤル気がないだけなんじゃないのか?)

おまけにこの夏になってからスイカも食べてないし、カキ氷も食べていない。
(それくらい買って食べろよ)

まったく世間でいう夏らしい事・・・そして夏休みというのもありません。
(夏らしいといえばセミの声と蚊にさされたくらいか)

せめて仕事の合間を見て、テレビでオリンピック観戦かな?
(北島!おめでとう!お前はすごい!すごすぎです)

う~ん・・・寂しい。寂しすぎ。

サザンの曲・・・「夏をあきらめて」が脳裏をめぐります。

ブログランキングに参加しています。

人気blogランキングへ

banner2.gif


※ どこにも行く予定がない方!今日のブログで少しは安心した???
  寂しい夏を送っているのはあなただけではない!
  あははは
 

ネクタイ姿

 
今日も暑い日曜日。

朝も最後の子供陶芸教室がありました。

午後からは母校関係の集まりが四日市都ホテルであり、私はなぜか
役員になっていて、ビンゴゲームの進行役になっていたのでありました。

ネクタイ姿なんて数年ぶりです。

reitaku.jpg

・・・っていうか・・・ビンゴの司会を頼まれてはいたのですが
それまでにビールで出来上がってしまいました。

もう・・・ハイテンションでなんでもモハメド・アリ状態です。

2次会にもお誘いを受けたのですが・・・かなり飲んでいましたので
店に行く途中でス~~ッと消える事としたしました。

消える時は幽霊のように・・・さりげなく消える!

これが宴会から抜け出る基本中の基本です。

いちいち断りを入れていたのでは角が立ちますんでね。あはははは


ブログランキングに参加しています。

人気blogランキングへ

banner2.gif

 

長い開会式

 
昨夜はオリンピックの開会式をテレビで見ていて、聖火の点灯式が終わったら
ブログを書こうと思っていたら・・・・

これがこれが・・・まったく終わらない。

気がつけば深夜1時を過ぎていましたのでブログが書けませんでした(苦笑)

長い!長すぎるぅ~!参加国の入場だけで何時間かかっているんだろう?
200以上の国の参加らしいんだけど、いや~・・・まいった。

それに知らない国がたくさんあったのは私の勉強不足か???

各国の入場行進を見ていて思った事は、「ちょっとラフすぎない??」って事。

入場行進しながら携帯電話はないだろう!って感じ。
オリンピックの入場行進中でも電話しなければいけない用事でもあるんかいな?

もうちょっとちゃんと整列して歩けないもんかいな~?
一応、スポーツ選手なんだから・・・

あまりの長時間のためか、先に入場した国の選手なんて地面に座り込んで
いたもんな~。まあ、気持ちはわからんでもないけど、なんだかな~?って感じ。

私は古い人間だからかも知れないけど、かつて大昔に開かれた東京オリンピックの
入場行進で日本が真っ赤なブレザーできちんと整列して行進し、帽子をとって
挨拶をする・・・ああいう風の方が私は好きなんだけど。

時代の流れと言ってしまえばそれで終わってしまうんだけど、
やっぱり「なんだかな~?」っておじさんは思ってしまうわけよ。

さて・・・来週はお盆で教室はお休みですが、今週も酷暑のせいか生徒さんの
出席率は非常に悪いです。

まあ、毎年の事なので慣れてはいますが、逆にみんなが来ない時は
当然、空いているのでチャンスといえばチャンスなんですがね~。

・・・で今日の夜の部の教室ではシャレでトンボ玉を作りました。

tonbo.jpg

生徒のSさんがトンボ玉製作キットをもっていて、一度やってみようという事になりまして
経験者のSさん指導?の元、いくつか作りました。

ガラス棒が熱でクニャクニャになるのは面白いですね~。

陶芸の場合は窯の中で焼いて焼きあがるまでは作品を見る事ができませんが
トンボ玉の場合、真っ赤に溶けたガラスが変形していくのは陶芸にはない
面白さがありますね。


ブログランキングに参加しています。

人気blogランキングへ

banner2.gif


 

とにかく前進?

 
昨日まで絵付けの事で悩んでいましたが、意を決してやはり
自分なりの模様と色で勝負する事としたしまして、本日より
下書きを始めました。

まあ、「三歩進んで二歩下がる」状態なんですが、とりあえず
前進する事といたしました。

沢山のコメント、ありがとうございました。

この場を借りて御礼申し上げます。

今日も朝からハードスケジュールでした。

ノーマル陶芸教室をしながら子供陶芸教室を同時進行、
お客様の接待、そして夕方から生徒のEさんが明日から
四日市文化会館でのグループ展のための展示お手伝い。

夕食にありつけたのは8時でした。

まあ、今週はハードでも来週はわが光風窯陶芸倶楽部もお盆休みを
いただきます。

まあ、オリンピックも始まるし、チュモンも見なければいけないし・・・

(ちなみにチュモンは超長いので、かなりの根気が必要!高句麗と
いう国を作った人の話。歴史の勉強にもなる??かも??)

でもその前にたまっている雑用をこなすお盆休みになるんだろうな~!
全然、旅行にも遊びにも行ってないや。

今日もある生徒さんがドバイにご旅行に行くという事を聞きました。

「あ~んあ、イヤ~なっちゃった♪あ~あんあ、驚いた♪」

ブログランキングに参加しています。

人気blogランキングへ

banner2.gif


 

前に進めない

 
今、子供陶芸教室と平行し、新しい作品を制作中なのですが・・・
ピタッっと手が止まってしまい前に進めません。

今回も絵付けの作品を作っているんですが、とりあえず本焼きは終了し
傷もなく無事に焼けたのですが、今回作っているのは今までにない形。

フォルム(形)を重要視しすぎたために、今までのような絵付けをして
しまうとせっかくのフォルムを台無しにしてしまいそう・・・っと考えたら
まったく手が動かなくなってしまいました。

作品を前にただひたすら「う~ん・・・」と考え込み、頭の中で色々な
絵付けをしてみるのですが、中々決まりません。

生徒の作品だと「こうしたらどうか?」とか「ダメダメのダメ出し」など
即興で出てくるんだけど・・・

自分の作品となるとダメだしするのも自分!

そのダメ出しを否定するのも自分!

その否定をまたまた否定するのも自分!

いくつもの自分が自分の中に混在し、それぞれの自分が
自分の意見を言いたい事を主張しています。

派手に行きたい自分、いやいや・・・ここは大人のシックな感じで行きたい自分。
格好つけたい自分、もう怪獣ヤメタランスになっている自分。

こんな調子でだんだんと深みにはまっていって、今現在私は
海底3万マイルのところにまで来ています。

右を向いても左を向いても真っ暗闇じゃ~ござんせんか?!って感じ。

色数を最低限に抑えていくか?

いや、いっその事絵付けを無しにしてみるか?

・・・しかし・・・本当は心の奥で失敗しようがやはり自分の表現を
貫くという事はわかっているんです。

色数を抑えたり、絵付けなし・・・そんな事、「クリープを入れないコーヒーなんて」と
同じで私にできるはずがないのです。
(比喩としてまったく意味わかりませんが)

あえて絵付けをし、あえて自分らしくし・・・結果、ダメに?しようと
している自分。

この自分が止められないのです。

田代まさしや植草教授が○×を止められないのと基本的には
同じなのかも・・・

パチンコで負け勝負とわかっていても、財布の中が空になるまで
やってしまうのと同じなのかも・・・

やめられない止まらない、カッパえびせんと同じなのかも?(なんのこっちゃ?)

・・・と思うと一抹の・・いやいや、かなりの寂しさをおぼえますが、
結局は自分を殺して他の表現方法を試みたとしても、やはり「どこかが
何かが違う」・・・と思ってしまうんです。

こういう時、「師」と呼べる人がいれば・・・・

亀仙人でも、諸葛孔明でも、ダイバダッタでも、沖田艦長でもかまいません。

だれかに助けて欲しい気分。

HELP ME ~!!


ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif


 

朝日陶芸展

 
先日から追い込んで追い込んで・・・毎夜、ある生徒さんの
指導をしていた作品は実は朝日陶芸展出品のために作品
だったのです。

結果は見事「入選」

先生として肩の荷が下りました。

はっきり言って、今回の生徒さんの作品は決してレベルの
高い作品ではありません。
それは指導していてよくわかっていました。

(ま、それでもエッジのシャープさとかは口うるさく言いまして
せっかく作った作品も私の一言でボツという事もしばしば。)

作品の完成度で勝負は無理ですから、いかに見せるかにも
かなり指導&アドバイスをしてました。

ですから展示台を特注で作り・・・(それだけで5万円以上かかってしまった)
見せる陶芸に徹したのがよかったのでしょう。

ま、とにかく5万円もかけて落選では、私としても・・・
いや~・・冷や汗ものでした。

生徒が入選するのは嬉しいのですが肝心の自分は最近全然
公募展に出品してないな~。

朝日陶芸展は毎年夏に搬入です。しかも一番暑い時に。

若かりし頃、私も毎年のように応募してました。

奇跡的?に新人陶芸奨励賞と隼グランプリである秀作賞・・・と
なんと2回も賞をいただきました。

初出品は見事に落選。2年後に再チャレンジでいきなり新人賞だったので
その時に嬉しさは忘れられません。

今回の生徒さんは入選3回目。
毎回、生徒さんもがんばっているんですが、私の神経も
結果が出るまで夏バテしてしまいます。

ま、とにかく良かった!良かった!

ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif


 

クイックコース新設予定

 
8月10日までの「夏休み子供陶芸教室」はおかげさまで本当に
たくさんのちびっ子に来ていただきましたし、まだまだ予約が
かなりあります。

10日までというのは8月中に焼き上げるためですので
8月中に焼き上げなくても良いという方はお盆過ぎでも
OKですのでお気楽に申し込んでくださいね。

当初はシャレのつもりで始めたのですが、予想以上に大反響があり
ありがとうございました。

前にも書きましたが一般の体験は3000円なのに対し
土・時間とも短縮し1300円という値段の設定がよかったのかも
知れない。
(この1300円というのは夏休みとか冬休みの子供限定)

早い人では30分未満で終わっていきます。

よくよく考えれば子供の活動限界時間・・すなわち忍耐時間というのは
せいぜい30分~40分。

こちらも・・子供への免疫時間は30分~40分(大笑)

いや~・・・両者がマッチしました。

この原油高ですべての物価が上がっている昨今。
一般体験教室3000円というのも、「ちょっとね~」という雰囲気。

そこで「クイック体験コース」というのを新設しようという事になりました。
まるでマッサージのようですが・・・・
もちろん大人もOKです。

値段は1500円。土の量は700グラムで作るのはお皿のみ。

ほんのちょっとの体験だけの人はこのコースで体験していただきます。

どうも今まで体験コースを難しく考えすぎていたみたい。

私としてはみっちりと陶芸の面白さを味わっていただきたいし
技法も色々と説明させていただこうと思ってやってはきたんですが
超お手軽というニーズもあるという事が今回の事でわかりました。

下手すると3000円のコースよりも1500円のコースで数をこなした方が
得のような感じもします。何せ30分で終わりだからね~。

9月くらいから新設しようと思っています。

さてさて・・・ここ東海地方は地獄のような暑さです。

バテないようにがんばるとしましょう。

(まだこの夏・・・スイカもカキ氷も食べてない。)


ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif

 

小さな君へ

 
いや~・・・しかし、暑いっす。

暑いと書かないようにしようと思いつつも、もう「暑い」としか
書けません。

工房まで歩いていく途中に膝まで足が熱で溶けていました。(ウソ)

今日は日曜日だったんだけど、朝から子供陶芸教室が入ってました。

今回、なんと教室最年少記録達成!なんと・・・

「1歳!」

あははは・・・まあ、私の説明なんて聞いてないと思うし
っていうか・・・日本語わからないと思うし・・・ほとんどはお母さんが
作ってくれました。(しかし、ハンコを押すとかは参加してくれた)

君が私の歳になる頃・・・私はもうこの世にはいないと思うけど
どんな世の中になっているんだろう?

そういう意味では君に期待してるぜ!

な~んて書くと、すごく年寄り臭くなるんだけど・・・

これから地球温暖化や少子高齢化社会が今よりもずっと深刻に
なっていくに決まっているこの先に生きていく小さな命に期待と希望を託すというのも・・・
まだ、あまりにも無責任な事なのかも知れないな???

君の時代にはガソリンは、リッター300円くらいかも知れない。

タバコは一箱5000円くらいかも知れない。

消費税は50%かもね。

地図から北極の氷の地域は無くなっているかも。

年金は出れば良い方で支給されても半分以上はなんだかんだと
天引きされるだろう。

国民年金はやめておけよ!年金を納めたつもりで自分での貯蓄を薦めるよ!

陶芸家もやめておけよ!理由は・・ちょっと言えないな。

就職先は社会保険庁が良いよ!理由は・・もっと・・・言えないな!

ふと、オフコースの「生まれ来る子供たちのために」っていう曲が
頭に浮かんだ日曜日だった。


ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif

 

 
こう見えても(どう見えてるんだ?っつ~の?)・・・私は学生時代はそこそこ本を
読んでいた?

流行の本とかはそれなりに??

アルビントフラーの「第3の波」やらエズラ・ボーゲルの「Japan as No1」とか
ちょっと古いけどシュリーマンの「古代への情熱」やら、マズロー博士の
「マズローの心理学」とか・・・まあ、今となってはどれも骨董級の本だけど・・

まあ、読んでいる人から言わせると全然読んではいないんだけど
今よりはやはり読んでいた。

卒論もこう見えて(だからどう見えるんだ?っつ~の!)、シェークスピアだったので
それなりにその手の本も読みました。
(読まないと卒論は書けない)

経済学の本やら心理学の本、もちろんミステリーなんかも読んでいた。

今では文学とかはほとんど・・・いや、まったく読んでいません。トホホです。

学生を卒業し社会に出てからは「陶芸」という仕事柄、陶芸関係の本、
それに美術書などを好んで読んでいました。

eiji.jpg

(先日、注文で作ったコーヒー碗皿)

陶芸を始めた頃はどの陶芸雑誌などを見ても新鮮で、読みあさってました。
作家の名前も有名、無名を問わずかなり知ってました。

しかし、最近は本屋に行き必ず美術書や陶芸の本を手にとって見るんですが
昔のような新鮮さがまったくありません。

本に載っている作品も、物故有名作家の特集だったり、現代作家の作品も
いつかどこかで見たような作品に影響を受けた作品が多く・・・
(たとえば鯉江良二風とか八木一夫風とか・・・)

まあ、他人に事を言える立場ではありませんが、面白くないものは
面白くない。


eiji1.jpg

(製作中のコーヒー碗皿)

・・・で最近はどんな本に興味があるか?と言いますと・・・

実は「壁」の本です。いわゆる現代左官の本。

塗り壁は基本的には漆喰とか土とか粘土とかでその表情が
すごく朝鮮~!!!じゃなくて新鮮~~!(韓国ドラマの見すぎ)

明日は久々に本屋でも行って壁の本をあさるとしよう!


ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif




プロフィール

熊本栄司

Author:熊本栄司
陶芸家・熊本栄司

三重県四日市市在住。
陶芸ビエンナーレグランプリ。
朝日陶芸展 秀作賞・新人奨励賞。
日展など多数の公募展に入選。

岐阜県瑞穂市の市章をデザイン




カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


ブログ内検索

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。