陶芸家・熊本栄司の陶芸春秋

陶芸家・熊本栄司の日々の活動や思い、陶芸家としての喜怒哀楽を綴ります

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

個展裏事情Ⅲ

 
1週間も画廊にいると色々な事を知る事ができます。

たとえば「隠語」。

百貨店には色々な「隠語」があり、お客様にわからないように意思疎通できるように
なってます。

「ちょっとトイレに行ってきます」

というのを大丸百貨店では確か「さんさん」と
言っていましたし、三越では「遠方?」、そごうでは「奥」とか「突き当たり」なんて
言っていたと思います。
(確証はありませんし、同じ系列の百貨店でも店によって違うらしい?)

うちの生徒さんには名古屋・松坂屋にお勤めの人がいるんだけど
名古屋・松坂屋ではトイレに行く事を「ナカムラ」と言う・・・って
教えてくれました。

色々あるもんです。

ちなみに家の中では私は「うんチョス行きま~す」・・・です。失礼。

ですから、大丸百貨店で個展をしていた時にはトイレに行く時には
 
「さんさんに行ってきまぁ~す!」

食事に行く時は・・・

「玉(ぎょく)に行ってきまぁ~す!」

・・ってな感じですっかり自分も百貨店の社員になった気分で使ってました。

しかし、百貨店によって隠語が違うので時々どれがどの百貨店だったか?
ワケわかんなくなってしまいます。

天満屋はどういう隠語があるのかな????

そして店内放送の音楽にも色々な意味があって・・・

「雨に唄えば」が流れると外は雨だからビニールの包装をしたり
「スパイ大作戦」の音楽だと不審者がいるから注意とか
「ロッキーのテーマ」だと売り上げがんばれ!だったりとか・・・

もうこれも百貨店のよってバラバラですが、知ると面白いですね。

そして、とっておきの個展裏事情といえば・・・・

作家は個展終了後にお礼状をお客様に書いたりします。

「先日は個展にお越しいただき、またご購入いただきましてありがとう・・云々」

しかーーーーーーし!!!

個展会場というのは、たまに愛人との密会の場であったりする場合も
あるんですよ。これが。

それでパパさんが愛人に何かを画廊で買ったとして、その礼状が
家にいる奥さんの目にとまり・・・

「あなた!いつ画廊で何買ったのよ~?!」

な~んて事が実際にあるんですよ!これが。

作家の方は純粋に感謝の気持ちでお礼状を書くんだけど
それがヤバイ場合もあるので・・・・

みなさ~ん!画廊で愛人に作品を買った場合は気をつけましょうね~!(大爆)

などと・・・今日も長々と裏事情を書いてまいりましたが・・・

いよいよ明日、広島に出発です。

広島の隠れ熊本ファンの方!(いればだが)、気軽に「ブログ読んでます!」って
お声をかけてくださいね!
もれなく特典が・・・ありませんが・・・・笑顔プライスレスでお迎えいたします。



個展終了後までブログはお休みをいただきます。

しばらくの間、御機嫌よう!さようなら!



ブログランキングに参加してます。

応援クリックお願いします。

人気blogランキングへ

banner2.gif

スポンサーサイト
 

個展裏事情Ⅱ

 
本日・・・夜はちょっと忙しいので早めの更新で~す!

百貨店での個展の販売方法には大きく分けて2つあります。

ひとつは「店頭売り」。
いわゆる画廊で作品を並べてお客様に見ていただき、ご購入いただくという事。

そしてもう一つは「事前売り」というがあります。

この「事前売り」というのは読んで字の如く、個展開催前に売るというやり方です。

昨日のブログでも書きましたが、画商さん(美術業者さん)が百貨店の
外商員と共に、個展開催前約1週間から10日ほどかけてお得意様の
お宅に訪問し、事前に作品を紹介してできればご購入いただくというものです。

この「事前売り」は特に有名な作家さん、物故の作家さん、の作品を扱う事が
多いです。

作品一つが何十万円、数百万円・・・のような高額作品の場合、店頭売りだけだと
なかなか動かない場合も想定されます。

なにせ個展期間はたったの1週間ですので、その間に高額作品を買ってくださる
お客様が来られれば良いのですが、そうでない場合もあります。

やはり高額作品をご購入できそうなお得意様の所へ画商さんと外商さんが
一緒に訪問販売をするワケですね~。

BIGな作家さんになると、個展用にパンプレットまで作られますんで
実物を持たずしても、そのパンフレットをお客様に見ていただきご購入という
場合も少なくありません。

ですから・・・・たまに個展初日に赤丸(売約済みを意味する小さい丸いシール)が
いくつもの作品についている場合がありますが、あれはほとんどが事前売りで
売れた作品なんですね~。

やっと電話が通じたと思ったらSOLD OUT状態の人気ミュージシャンの
チケットのようです。売り出す前にもうすでにかなり売れている。
あれ?たとえが可笑しいかな???まあいい。

ちなみに青い丸は「商談中」という意味です。

そして、超ウルトラ人気作家になりますと、作品はひっぱりだこ状態になります。

次の窯からの作品を事前に数点から数十点、予約する場合もあるみたいです。

そうなると・・・

「お前はもう・・売れている!」

ってな北斗の拳のケンシロウ状態になる訳ですね~。
あ~・・・羨ましい。

・・・・で・・・・・私の作品は事前売りされるか?と申しますと・・・


あははは・・・・・



「聞かないでよ!そんな事~~!」



って感じでしょうか!

私は店頭売りでがんばります!
皆様のお越しをお待ちしております。

注・・・こんな私ですが、会期中に外商さんと仲良くなり、他の高額作品と一緒に
私の作品も持ち出してくれる場合もあります。
売れてくると無茶苦茶、外商さんに感謝します。

ちなみにアルパーク天満屋では事前店頭売りで私の作品もすでに何点か
並んでいると思います。



ブログランキングに参加してます。

店頭クリックをよろしくお願いします(爆)

人気blogランキングへ

banner2.gif




 

個展裏事情

 
個展の準備も終わって遊んでいると思われがちですが、そうではありません。

今日、日曜日も午前中は釉薬掛け、そして午後からは名古屋に某用事で・・
帰宅後は体験教室の生徒さんの仕上げ作業&窯詰め・・と終わりなき仕事が
待ってます。それが陶芸家ですね~。

さて・・・水曜日には広島に出発しますのでブログの更新も今日をいれて
あと3日で、1週間ほどブログのお休みをいただきます。

個展をしに広島まで行くわけですが、今まで何十回と個展をしてきて
その裏話を3回シリーズで書いて行こうと思います。
(1回で終わるかもしれないけど)




よく、個展をやっていると・・・

「ここ借りるの高くなかった??」

・・って聞かれるんですが、基本的に百貨店での個展はお金を出して場所を借りると
いう事ではありません。

いわゆる「企画展」という類でして、売り上げの?%を百貨店にお支払いする・・・
・・っていうか売り上げの?%を私が頂戴するという感じです。

で・あ・る・か・ら・し・て・・・・・

仮に売り上げ0円でも、私の腹は痛みません。

しかーーーーーーーーーーーーーーーーーし・・・その後はきっとありません。(泣)

個展と言っても百貨店でやる場合もありますし、個人ギャラリーや個人画廊での個展、
そして公民館のスペース、はたまた自宅での個展というのもあります。

個人のギャラリーの場合は、「企画」と「貸し」があります。

「企画」は先ほど書きました。「貸し」は字の如くお金を出してスペースを
借りるわけですね~。

一日1万円なら7日で7万円って感じです。もちろん画廊によってその値段は
天と地ほどの差がありますし、いくら「貸し」と言っても「素人」さんには
貸しません!という所もあります。
(プロと素人の線引きはオーナーさんが決めるんだと思いますが)

では・・・百貨店で個展をするにはどうすれば良いのでしょうか?

実は百貨店の個展催事は店の美術画廊担当者が全ての作家を
探し出して声をかけているわけではありません。

百貨店と取引をしている業者さん・・いわゆる「画商さん」が持ち込んで
来る企画も多いのです。

百貨店の美術画廊での催事は基本的に1週間にひとつです。
月に4週あると計算すると4社の画商さんが入っているという事です。

絵を扱っている画商さん、彫刻を扱っている画商さん、骨董を扱っている画商さん・・・
それぞれの画商さんは百貨店から依頼されて画廊で作品を売るわけです。

もちろん全てが全て、画商さんが絡んでいるわけでもありません。
直接、百貨店と作家が取引をする場合もありますよ。

しかし、上記の理由から画廊の年間のスケジュールのうち、かなりの
美術業者さんが画廊に出入りするという事になります。

ですから、百貨店で個展をする場合・・・どこぞの画商さんと一緒に仕事をすると
いう事が上げられます。

今回のアルパークでの個展もそもそもは私と取引があった画商さんからの
話でした。

ですから、ふろしきの中に作品を入れて百貨店の美術画廊に
「たのも~っ!」って行っても中々イチゲンさんは相手にされない可能性が高いです。

そもそも・・・月に4回の個展催事・・・年間で48催事。
その48の中には絵もあり、彫刻もあり、掛け軸あり、骨董ありで・・・・
一体、いくつの催事が陶芸に割り当てられるのでしょうか?

そう考えると、百貨店での個展というので新地開拓というのは
本当に大変な事なんですね~。

よく一人の作家が短期間にあちら、こちらで個展をしている場合がありますが
その場合、業者さんが作家の代行をしている場合が多いです。

すんごい偉い先生だと、1回も会場に行かない場合もあります。

その点・・・私は・・・・

「毎日、会場にいますっ!!!」

ので、気軽にお声をかけてくださいね~。

また、最近の私は相当なボケが入ってきてますので、前回、親しくお話をさせていただいた
方のお名前、お顔・・・忘れている場合がかなりの確率でございます。

悪気はございません。病気ですのでどうぞその時はお許しを!


あ~・・・・今日は長いブログやな~。

注・・・百貨店によって色々と事情がありますので、今日私が書いた事が
全てではありません。あくまでほんの一例です。


ブログランキングに参加してます。
まだ・・・1位だす!

人気blogランキングへ

banner2.gif



 

コーディネート

 
毎回、個展の度に頭が痛い事があります。

それは服装。コーディネートです。

カミさんのブログでも書かれましたが、何故かスーツのズボンの
ほとんどが縮んでいまして、入りません。不思議だ!

・・・で、なんとか使用可能なスーツは1着のみ。

そのスーツも何故かズボンだけ少し縮んでいまして、ヤバイ状態です。

スーツは長い間、放置するとズボンだけ縮みますので皆さん、気をつけましょう!

今回の個展で使用するズボンはスーツのを入れて全部で3着で・・・全て黒色。

そして、ジャケットはスーツのも入れて黒2着、薄い黒1着。

なんの事はない・・・ほとんどが黒だけじゃ~ん。

毎日、着替える必要性もないかも???
ズボンをはき変えても、昨日と今日の違いがわかる人・・いないんじゃない?

唯一、変化が目に見えて分るのはシャツのみ!

そのシャツも黒色系統が多い。

思わず・・・

「まっくろくろすけ、出ておいで~っ!」

・・・ってとなりのトトロしそうになっちゃいますよ。

そういえばメガネも黒ブチにしたんだった!

とにかくネクタイをすると、百貨店の店員に間違えられるのでネクタイはしません!
・・・って言うか・・・ネクタイをうまくしめる事ができません。

1回でうまくいく事はほとんどなく、何回も何回もネクタイと格闘してしまいます。
ホテルの鏡の前でネクタイ相手に四苦八苦する45歳男。

はっきり言って・・・アホ面です。

なにせ、ここ数年間でネクタイをしめたのは数回で、どれもお通夜や葬式だけ。

3本あるネクタイも、どれも10年以上・・・いや・・・20年くらい経ってます。

こうなってくると個展会場での服装の選択というのは本当に頭が痛いです。

やはり場所は百貨店の美術画廊という事なのでジーンズとスニーカーという訳にも
いきませんしね~。
(作家には作務衣を着ている人もいるし、ジーンズにTシャツの方もおられますが)

スーツにネクタイだと、私の場合さえない会社員風になってしまうし、アイビーって
感じでもないし、ブランド一色というのも経済的に無理だし・・・

そうです・・・残されたファッション・・・それは・・・

「ロッケンロールです!」

GLAYやJ-WALKのオジサンファッションです。

全身黒色。そしてシルバーアクセ&光モノ。

これで「アート方面」の雰囲気は少しは出る????かも?????

とほほほ

誰か良いアイデアがあれば教えてちょんまげ!

dm2.jpg


ブログランキングに参加してます。
おかげ様でまだ1位です。またまたクリックよろしくで~す。

人気blogランキングへ

banner2.gif

 

492キロ

 
アルパークでの個展の準備は全て終了。

今から製作という事はありません。
・・・ってあと出発まで4日しかないのでどう考えても無理。

今回、やるべき事はやりましたから、後は個展会場で色々な方との出会いなどを
「楽しむ」だけです。

でも、その前に・・・ちゃんと現地に到着し、搬入作業&飾りつけ作業があります。

当然ながら搬入時間には現地に行かなければいけませんが、一体何時間
くらいかかるのか調べる必要があります。

それで・・・カーナビで調べてみる事にしました。

chizu1.jpg


なんと「四日市東インター」から「五日市インター」までという事。

四日市から五日市・・・・
四日市から五日市・・・・
四日市から五日市・・・・

う~ん・・・変な偶然です!

ちなみに四日市というのは昔、4のつく日に市が開かれていたので四日市。
たぶん五日市も同じ理由だと思われますが・・・

さて・・・・移動距離は?・・・と・・・・

chizu2.jpg


492キロ!

しかも・・・かかる時間は8時間と出ています!
まあ、カーナビの到着予定時間よりはかなり早く到着するとは思われますが・・・
やはり6時間くらいはかかるでしょう????

制限速度は守りましょう!

また白バイに止められたり、車道にあるカメラ(オービス)に
頼んでもない記念撮影をされるのは・・・もうごめんです。(笑)

しかし・・492キロと言えば四日市からだと東京をはるかに越える距離です。

まあ、500キロと計算して・・・ガソリンが1リットルで10キロ走る計算でいくと・・・
行きだけで約50リッターの消費。

(正直、うちの車がリッターあたり何キロ走るのか知らないんだけど)

ガソリンタンクが空になってしまうじゃないか~!

いや~・・・とにかく個展期間中だけでも暫定税が無くなっていて本当に
良かった!

車で広島の福山までは行った事がありますが、五日市は福山からでも
まだまだ遠い距離でしょうね~。

なにせ新幹線で一駅ありますんで。

途中でドライブインで食事をしたり、休憩をしたりの事も考えて
23日は何時に出発するのか?もう再度考えてみようと思いま~す。

「どこでもドア」の早期の開発を期待します!

ブログランキングに参加してます。
クリックをよろしくお願い申し上げ奉り候~!

人気blogランキングへ

banner2.gif



 

雨の日ですが・・・

 
今日は朝から冷たい雨。

外はなんとなく暗いし、雨も本降りなので今日の陶芸教室は・・

「空き・空き・空き・空き・空きっ空き♪愛してるぅ~」

一休さ~ん!はぁ~い・・・一休み!一休み!

ってな感じだと思ってました。

案の定・・午前中は誰も来ず・・・

これは午後からも誰も来ないだろうと
土を出し、板(タタラ)にし、来月の万古まつり出店のための小皿を作りはじめました。

少し作った所で、お客様がお見えになり、花器をご購入。
そして茶席で使うお菓子を入れる鉢をご依頼いただきました。
ありがたい事です。
そのままお客様を四日市市街までお送りしていたら、午前中終了。

さて・・・午後からは午前中に出してあった土で小皿の製作続行と思ったら・・・
生徒さんがやってきた。

あれ?大雨の中でも来てくれるんだ~?!っと感心していたら
一人・・・また一人・・・また一人・・・と今日はどんどん増殖していって
気がつけば教室は満員御礼状態でした。

どうもみんな今日は雨だから空いていると思ったみたいで
それぞれがアテが外れたって感じです。
(・・・ってみんなが来ない日はいつも空いているのに)

そしてまた教室は世界の物産品をゲットです。
今日来た生徒さんの中には先日イギリスに旅行された人がいて
英国クッキーです。

いや~・・・・いいな~!!!

・・・で結局・・・出してあった土は固くなっていき・・・・
それでもなんとか教室終了後に無理やり成形しました。

まあ、みんなでワイワイ・ガヤガヤしながらの本日の教室でしたが
生徒さんのYさんの作品が四日市にある「六國世紀食彩Sinar Bulan」という
店のブログに紹介されている!・・・というのでここでも紹介させていただきます。

・・・っていうかYさんはそこで働いておられるんです。

Yさんの作品はコチラ
ぜひ、見てください。

最終的には店がYさんの作品で占拠されてしまうんじゃないでしょうか?!

そして・・・独身女性に朗報です。

Yさん・・彼女募集中で~す!30歳ちょいすぎです!

ラーメン・つけ麺・彼イケメン!・・です!

候補者の方・・・ご一報を!



ブログランキングに参加してます。
ラーメン・つけ麺・・・ランキング!よろしく。
(何のシャレにもなってない) 

人気blogランキングへ

banner2.gif



 

禁煙実行

 
朝起きていつものように「とくだね!」を見ていたら、小倉さんが
オープニング・トークで神奈川県の条例検討について話をしていた。

・・・で新聞を見てみると・・・・

レストランやバー・パチンコ店など不特定多数の人が集まる公共施設を
全面的に禁煙とする条例の基本方針を明らかにして年内に県議会に
提出する・・・って書いてある。

なぬ~?バーも禁煙!パチンコ店でも禁煙?!

いや~・・・世の中の流れはここまで来たか?!

・・・・という事で、これを機会に禁煙しようと思い立った。



朝、起きてから一服する所をここは我慢。
なにせ禁煙なんだからね~。




午前9時・・・大丈夫。

午前10時・・・余裕!余裕!

午前10時30分・・・禁断症状が現れる。

午前10時45分・・・臨界点ギリギリ。原子炉内圧急上昇!

午前10時50分・・・どげんかせなあかん!

午前10時55分・・・原子炉緊急停止。

午前11時・・・禁煙断念!




なんと!半日も持たないではないか??




意思がなんて弱いんだ!!

・・・っていうより、本音を言うとそれほど強く禁煙を望んだ訳じゃないのが
やっぱり問題かな~。

よく、「軽い気持ちで禁煙をしたら成功した」って聞くからやってみたが
やはり陶芸も禁煙も軽い気持ちじゃ~・・・いかんぜよ~!

実はうちの教室は禁煙ではありません。無法地帯です。

でも・・・近い将来・・・禁煙になる?予定?????です????

ブログランキングに参加してます。 

なぜかランキング現在1位になりました。
久々です。これからも応援よろしく!

人気blogランキングへ

banner2.gif



 

暖かい日

 
暖かい春の日。

暖かくなってくると空気の「匂い」って違ってくる。

「地面が暖かくなった匂いかな?」

「空気が暖かくなった匂いかな?」

「草木が伸びてきた匂いかな?」

なんだか初夏の匂いが今日はした。







オレって詩人!・・・・プププッ







ブログランキングに参加してます。
緑のボタンでグゥーーーーーーーーーーーー!!

人気blogランキングへ

banner2.gif

 

金付け病

 
私・・・今・・・完全に・・・・

「金付け病」

です。

金欠病と似ていますが違います。

花器、壁掛け・・・もう、なんでも金付けです。

まあ、この病気は今に始まった事ではありませんが、ここ数日
病状が悪化しています。

作品をちょっと薄暗い所で見ると、なんだか物足りなさを覚えてしまって
つい・・金付け。

最近では明るい所で見ても物足りなさを感じ、金付け。

侘び・寂びの世界とはイスカンダルの距離くらいかけ離れてしまった。

昔、陶芸家の先輩に「金は品良くつけないとね!熊本くん!」って
言われた事があったけど、由緒正しき家系に生まれたわけでもなし、
品良くっていうのが、私にとっては中々難しい。

天邪鬼(あまのじゃく)な私は、「じゃ~、もっとつけてやれ~!」って感じで・・・
会社だったらすぐに干されるタイプだね~。
困ったもんだ。

金の使い方がわかってないのかも?!
(お金の使い方もわかってないし・・・)

でも、仏像って全身金ピカなんだよね。

電気の灯りのない昔・・・お寺の中は暗かったろう。
薄闇の中にうっすら金色に光る仏像は、やはり神秘的に見えただろう。

だけど・・・金色で装飾した私の作品は???見る人にどう映るのだろう?

ちょっと心配ではありますが・・・・時すでに遅し。
一杯、一杯・・・つけちゃいました。

広島の個展会場はどうなるのでしょうか????


ブログランキングに参加してます。緑のボタンをクリックしましょう!

人気blogランキングへ

banner2.gif



 

機能性

 
いつの間にか・・・



「器は使いやすくなければいけない」

「軽くなければいけない」

「丈夫でなければいけない」

「シンプルでなければいけない」

「重ねができなければいけない」等々

・・・という風に思い込んでいませんか?



人によって器に対する要求はそれぞれなのでそれは
それでOKでしょうが・・・・

こういうのって「機能性」って言うのでしょうか?

機能性重視で、食べるための道具としてだけの器なら
最初から給食で使うプラスチックのような食器でも良いと思ってしまいます。

使いやすいし洗いやすい、軽いし、丈夫で、シンプルで重ねもできる。
完璧だ!

だけど一般の家庭でも給食の容器は使わないのが
大半だと思われます。

やはりいくらなんでもそれでは抵抗があるからでしょうか?

・・・であるならば・・・

よく雑誌の器特集で、わかってんだかわかってないんだかの、
評論家やら器屋のオヤジやギャラリーのオーナーが出てきて
「使いやすさ」と「シンプルさ」を連呼している意味が私にはわからない。

パソコンのスペックでもあるまいし、いちいち機能性第一をなぜに個人作家が
作る作品にまで、それを要求するのか?がわからない。

器を扱う専門家でさえ、ある種の約束事が器選びの基準として
洗脳されているんじゃないか?ってよくそう思う事があります。

給食の器で機能的には十分・・・しかし、そうではない所に重点を置くのであれば
なぜにいつまでも手作りの器、作家ものの器に対しても機能性を最重点事項として
語っているのかが、ある意味不思議ワールドです。

機能性以外の魅力や特色を語るのが評論家や店の主人なのでは
あるまいか???

豊かな表現の器の中に機能性が実はこっそりと隠れている・・・
そうあれば最高なんですが、器への酷評が機能性という部分の指摘というのは
どう考えても近視眼的見方としか思えないんです。

機能性という部分を指摘されるのがイヤだから、いつの間にか器の作り手さえも
機能性部分だけを重視し・・・もっといえば機能性は完璧・・・・だから器としても
高得点!と錯覚してしまい、器が持っている真の特徴が後ろの方に追いやられて
しまっては本末転倒。

(器の表情が良くても使い勝手が悪いこそが本末転倒って言われるんだろうな!きっと)

貫入が入ってしまう器は汚れていく?美しさ。

低い温度で焼いたほこほこした器は当然に欠けやすいけど、そのほこほこ感は
低い温度でしか表現できない。

荒々しい岩をくり貫いたような器は当然重いし、いびつな形をしているが故に
重ねる事も難しいし、収納するのも大変。

機能性だけを重視した場合、上記のような器は論外という事になってしまう。

作品が発する魅力・・・(それは端整な形でもありバイオレンスな形もあり)よりも
機能性を第一に持ってくると、やはりどこか順番が違っているんじゃないか?って
私が作る時はそのように思ってしまう。

まあ、先に書いたように器に対しての要求は人それぞれだから、自由に
やってもらえば良いと思うし、誤解なきように書いておきますけど
器は機能性が優れている事にこした事はありません。

ただ・・器を製作する時に・・・あまりにも機能性を気にして手が止まっている
生徒さんをみると・・・

いや・・・生徒に限らずプロの作り手の中にもいるかも
知れないけど・・・

とにかく、機能性は後回しにして自分が使ってみたい器を作って
みましょう!

重くても、収納できなくても構いません。

今日は日曜日ですが臨時の陶芸体験がありました。

あるオジサンがろくろで皿を作ったのですが、中心が盛り上がっていて
機能的に考えれば駄作?なのですが、作った本人さんは
「これは、おもしろい!」と言っていたのがとても印象的でした。

「この皿は汁がふちに溜まるな~!おもしろい、あははは」

機能的に優れているクオーツ時計や電波時計よりも機械式時計の
方に愛着が湧いてしまう私なのでありました。

ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif




 

反省です

 
昨日のブログは短すぎました故に・・・
色々と憶測を生んでしまったみたいですが・・・(笑)

私は元気で、気分は平常モードです(爆)

昨日のブログは生徒さんに「自由に作れば良いじゃ~ん!」
だから私は指導しませ~ん!
・・・っていう事ではなく、レッドカード的人間行動に
対して怒っていたので、ありました。

時間を守らない。
約束事を守らない。
教室で営業活動をやる。
KY(空気が読めない)
日本語の会話が成り立たない(日本人なんだけど)
他の生徒さんに対して悪影響。

教室では怒らないという事を今まで教室が始まって以来
私は実践してきましたが、ちょっと昨日はプッツンきたと言いますか・・・
(それでも耐えがたきを耐え、忍び難きを忍んでました)

飛び入りのある方に対してすごく怒ってしまっていて
そして結局・・・ブログには「もう勝手にやってくれ」と書きたいところを

「自由に作ってくれ!」って書いてしまって・・・・

皆々様にはご心配をおかけいたしました。

気分がヤバイ時はブログは絶対書かない方が良いですね!
反省してます。







さて・・・気分を変えて・・・しかし、「自由に作ってくれ」がらみで
今日は書きます。

「自由に作る」 

小さい子供や小学校低学年の児童にクレヨンや粘土を握らせると
もう無茶苦茶と言っていいくらい自由にやってくれる。

心配になるくらい自由に。

しかし、大人に「自由に作って」っと言うと・・・これが心配になるくらい
自由にできない。

現在、自由に作れない大人も子供の頃は、自由気ままに描いたり、
作っていたり・・・たまには破壊したりしていたに違いない。

人間もだんだんと大人になってくると・・・いや色々な経験を
積んで長期間生きてきたからこそ、作る前に要らぬ心配をしてしまい
萎縮してしまう。

作った作品よりもその後の他人の目の方に重きを置くからであります。

「こんな形にしたら笑われないかしら?」

「こんな色を塗ったら変に思われないかしら?」

「こんな模様って私のセンスが疑われちゃうわ!」

・・・っとこんな具合に。

はじめは自由に作れない理由としては「技術的な問題」「知識不足の問題」
かと思っていたんだけど、幼児や低学年児童にそんなモノがある訳もないので
自由に作れない事の理由としては成立しない。

やはり、自由製作の一番の敵は「他人の目」であります。

小さい子供は他人の目を気にしない。

画用紙からはみ出て、後にお母さんに叱られる事など考えてない。

裸のままで、家中を走り回ったり、海水浴場で遊ぶ事が
できるのは他人の目を意識してないからであります。

真の自由という無限大のフィールドは他人の目や評価に耐えうるための
バリケードで限定的エリアに変貌を遂げる。

隣の○×さんから笑われないように作品を作るには・・・
ふいのお客さんが見てすばらしい作品と言ってもらえるには・・・
亭主にそこそこの評価をもらうには・・・

などと考えだすと、自由のフィールドは猫の額ほどになってしまう。

そしてその他人の目からのバリケードはいつの間にか
自分自身の行動までも不自由にするくらい張り巡らされてしまうのであります。

しかし・・・真の自由は子供だけの特権なのだろうか?

他人の目を無意識に意識してしまう大人には、もう自由に作るという事は
無理なのだろうか????

しかしあえて、そういう状況下において、より自由であろうとする事は
他人の目と戦うという事なのかも知れない。

もっともっと言えば最終的には他人の目を気にする
自分自身との戦いなのかも知れない。



ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif













 

自由に!

 
頼むから・・・

























「自由に作ってくれ~っ!」























ブログランキングに参加してます。 

人気blogランキングへ

banner2.gif




 

趣味の陶芸

 
雨にぃ~濡れながら~たたず~む人がいるぅ~♪

これを歌っていたのは三善英二・・・ちなみに私は熊本栄司。

今日は雨の日でしたね~。ちょっと小寒い感じでした。
そして・・・教室は大寒い日でした。

生徒さん・・・全然来ません。
光風窯陶芸倶楽部も、もう長くないかも知れません(笑)

長くないかも知れない陶芸教室なんですが、内容レベルは
妥協してません。

生徒さんの兜も年々レベルアップしてます。

kabuto.jpg


こういう兜は作るのも大変ですが、焼くのも大変です。
形状を保つために色々と工夫をしながらの窯詰めでした。

そして、生徒さんと色々と意見交換をしながら金付けの場所などを
話し合います。

もちろん、私の感性と生徒さんの感性は違います。

基本的には生徒さんの思うようにしていただくのが良いのですが
やはり、私のアドバイスで「やっぱり良くなったわ~」っと言ってくれると
嬉しいものです。

このレベルになると十分に売り物として恥ずかしくないです。
下手な陶芸家の作る兜よりもレベルは上です。

やはり陶芸教室のレベルとは言え、長い間やっている人は確実に
力をつけています。

なんでもそうなんですが、必ず途中で嫌になってくる時があります。

陶芸もある程度までは簡単に誰でも作れます。

しかし、そのちょっと先、もっと先・・・それは自分の記録を伸ばす
自分自身との戦いでもありますね~。

途中で止めてしまっては、力が半減します。
継続は力なりです。

モチベーションを維持しつつ、技術力も上げていく。

たかが趣味とは言え、やはり努力なしでは何一つ満足の行くような
作品はできません。

本格的な趣味こそ、楽しく、しかしストイックに!

そして、最後には大いなる自己満足!自画自賛の作品ができるはずだ。



ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif

 

オーパーツ

 
さすがに桜も散ってきました。

それ以外はこれと言った事はありません。
よってブログのネタもありません。

よって、今読んでいる本について書きます。

はっきり言って小学生が読む類の本なんですが、タイトルは
「超古代オーパーツFILE」

そもそもオーパーツとは「Out of Place Artifacts」を
省略した呼び名で、日本語に訳すと「場違いな加工品」ってとこでしょうか。

つまり、時代的に見てあってはならない品。

たとえば古墳の中から携帯電話が出てくるというような感じ。

その時代には絶対にありえないモノがオーパーツであります。

たとえばコロンビアのインカの産物である黄金ジェットは紀元前6~9世紀の
頃に作られたと言われている。

ougonnjet.jpg


その姿、形は現代の飛行機にそっくりで、航空力学上実際に飛ぶ事ができる形なのだそう。
確かにスペースシャトルに形が似ていなくもないですね~。
しかし、これが作られたのは紀元前6世紀以前。

ひょとして当時の人間はすでに空を飛んでいたのかも?な~んて思われているわけ
なのよん。

う~ん・・・・

そしてやはり有名なのが水晶のドクロ。

dokuro.jpg


このドクロはマヤ文明の遺跡から見つかった。

水晶のドクロがどうしたの???って感じなんだけど、当時の技術で水晶を
このドクロの形にする事は不可能という事になっている。

私もよくわかならいんだけど水晶軸というのがあって、このドクロはその水晶軸の流れに
反する加工方法で、現在でもそのようには作れないというのである。

どうやって古代人は水晶をドクロの形にし得たのだろう?

まあ、この2つ以外にも・・・あるは・・・あるは・・で・・・・

そもそも幽霊やUFOとかの現象はまったく信じない私ですが、信じないけど
心霊写真やUFO映像なんかは無茶苦茶好きなんです。

そしてこのオーパーツも結構好きです。

でも黄金ジェットにしても、空想力豊かな人が古代人の中にも一人や二人は
いても不思議じゃないし、水晶ドクロにしても超ウルトラ匠の技職人がいて
その人一代で門外不出の技を会得したのかもしれない。

ま、とにかく古代なのに現代人真っ青の技術力や思考をもっていたという事ですな~。

・・・で私はと言えば・・・・

テレビはデジタル放送、カーナビで車の移動、携帯電話をもっていて
インターネットで世界の動きを知る事ができる世の中に住んでいながら・・・

やっている事は縄文人。2008年にして土器を作っている!

ある意味、逆の意味のオーパーツじゃなくない??(ギャル言葉風に)
古代人に笑われそうだ!

ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif









 

よくよく考えてみれば・・・

 
今日、カミさんが読んでいる通販のカタログを見ていたら
食器の記事があり、これがこれが・・・無茶苦茶安い。

もう、信じられないくらい安いです。

よくぞこんな価格で販売できるものだと感心しきりでした。
MADE IN CHINAなんですがね。

・・・で・・・

昨日、ブログで書いた一枚7万円のシャツの事を思い出しました。

ちなみに私の金彩赤絵のコーヒー碗皿は1客で1万円。

通販のカタログでは1万円も出せば何十個と食器が買えます。

日頃、通販で食器を買っている人が私のコーヒー碗皿を見たら

「1客・・・い・い・・・一万円?!?!?」

って感じになるでしょう。

それって昨日「な・な・・・7万円?!?!」って驚いた私と同じだという
事に気がつきました。

今日の夜は臨時陶芸教室、通称3B(3人のババ)クラスがあったのですが
一枚7万円のシャツの話をしたら・・・

「先生!別に驚く金額じゃないよ~!」・・だって。

そうなんだ!?驚くべき金額ではなかったのか???

しかし、私にしてみれば驚くべき金額だった。

・・・という事はやっぱり私は下々の生活者だったという事をまた
改めて認識せざるをえなくなった訳であります。
(今更、何を!・・って突っ込まないでください)

考えてみればD&Gの店が存続しているという事は誰かが
買っているという事で・・・

そして私が陶芸を存続してやれているというのは、1客1万円を
出しても買ってくださるお客さんがいるからだという事。

改めて生活レベルはみんなそれぞれ違うという事を再確認しました。

私も作品の値段をつける時・・・本当に悩みます。

作品を作っている時は値段の事などまったく考えてません。
作っている時は作品のレベル向上のみ集中してますんで。
(商売人としては完璧に失格やね)

・・で実際、値段をつける時になると1000円単位で悩んでしまうんですが
よくよく考えてみれば、1万円のコーヒー碗を買える人でないと
私の作品は買わない訳で・・・

だから私のコーヒー碗皿を2000円にした所で、日頃カタログ雑誌で
安い食器ばかり購入している人や100円ショップでしか器を買わない人には、
まったく意味をなしません。1000円でも売れないでしょう。

逆に経済的に余裕がある人は、1万円でも2万円でもそこに価値を
見出せば金額というのは2の次、3の次なんです。

・・・で・・・つまりは・・・店に行ってなんでも自由に躊躇なく買える
身分になれれば一番なんですが・・・中々これが・・・・あはははは。

そんな事をまたまた思ってしまった月曜日なのでした。

ブログランキングに参加してます。 

人気blogランキングへ

banner2.gif



 

苦笑い

 
今日は名古屋に「ナゴヤ サックスフェスタ 2008」に行ってきました。

基本的にサックスによる吹奏楽の演奏会です。

サックスと言っても、テナーサックスやアルトサックス、バリトンサックスとか
色々な種類があり、それぞれの音色で合奏してました。

実はこのサックスフェスタにうちの生徒さんが出演しているんです。

sax.jpg


教室をやっていると、本当に色々な人と出会えます。

その後は名古屋のギャラリーに挨拶に行き、その後は
長島のJAZZドリーム(アウトレット)に行きました。

広島での個展は1週間。正直、1週間分の服がありません。

日頃、ジーンズにフリースという格好しかしてないからね~。

画廊でジーンズとフリースというワケにもいかず。
作務衣なんて論外だし。

それでシャツでも買おうかと思いアウトレットに行ったわけです。

まあ、色々な店を徘徊するんですが、まあたまには高級志向で・・・って事で
「DOLCE & GABBANA」の店に入って色々と物色していたんですが。

「お~・・・これは良いシャツだな~・・うんうん」

「これにしようかな~?!さて・・・お値段は???」

「一・十・百・千・万・・・・え?」

「な・な・七万円?!?!?!」

シャツ一枚が7万円?!7万円あればユニクロだったら一輪車一杯に
しまむらだったら軽トラ一杯買えるぞ!・・・って苦笑い。

しかしな~?!そもそも7万円のシャツが買える人ってわざわざアウトレットに
買いに来るのかいな~~~???

もちろん、そんな超高いシャツなど買う訳なく・・・いや・・・買える訳もなく
そしたらなんだか購買意欲がまったくなくなってしまい、夕食でも食べようという事になり
JAZZ ドリーム内にあるイタ飯レストランに入りました。

席につき、オーダーを済ませると、隣に若いカップルが座りました。

「すみません!デザートだけで良いのですが・・」

そこで店員さんは・・・

「デザートだけというのはお出ししてないんです。コースを
オーダーしていただいた方だけなんです」

若者カップルは・・・

「じゃ~出ます!」

って言って席を立ち、さっさと店を後にしていきました。

私は・・・と言えばその会話を隣で聞いていて・・・苦笑い。

可笑しい訳でもなく、
悲しい訳でもなく、
バカじゃないの?って思った訳でもなく、

いや?ちょっとは思ったけど・・・

この場合、苦笑いしか表現できませんでしたよ。

なんだか苦笑いの日でした。やれやれ。

ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif








 

やっと満タン!

 
さて・・・そろそろガソリンの値段も下がったという事で
ついにガソリンスタンドに行き、満タンにしてきました。

3月中旬頃より我が愛車はず~っと腹ペコ状態が続いていました。

ウルトラマンで言う所のカラータイマー給油ランプが
ピコーン♪ピコ~ン♪ピコーン♪と点滅しています。

車も人間と同じで腹が減っている時は動かないのが一番。

幸いにも3月中旬から現在まで、車での長距離移動という事が
一度もなかったので、それほど体力の消耗がなかった。

やっと、食事にありつけた感がある我が愛車。
カラータイマーも消えました。

1リットル121円!

やっぱり安くなってるぅ~~!

前回、ガソリンを入れた時は1リットル144円でした。

しかし、よくよく考えてみると1リットル入れる毎に暫定税率分だけでも25円も
盗られていたんだな~!

あくまでそれは暫定税率分だけだから、実際はもっともっと盗られている。

ガソリンは生活必需品だから絶対に買う。

その度に強制徴収。ヤ○金融の取立てが可愛く思えてくる。

あえて字を「盗」の字で使ったのは、税金が
ちゃんと使われていない実態が明らかになってきたため。

道路に使うと言いながらワケのわからんモノを買ったり、調査とか言う名目で
高額な旅行に行ったり、天下り役人への高額退職金や給料になったりで・・・

これも、考えようによってはヤ○ザへの用心棒代としてのみかじめ料の方が
税金より有効に?お金が使われているように錯覚していまいそうになるのが怖い。

首相は「税の減収分はどうするんですか?」な~んて言ってるけど
元々「暫定」であって、むしろそれを毎年、毎年、当てにしている方がおかしいのだ。

「無いモノとして考えろ!」

政府も考えようによると、ヤのつく自由業の方々よりもうんと冷酷で無責任で怖い。
昨今、特にお年寄りには。

・・・っておっと~・・・またまた時事ネタをやってしまい熱くなってしまった。反省反省。

お詫びに新作の写真をまたまたアップします。

461.jpg


463.jpg


462.jpg


ブログランキングに参加してます。 

人気blogランキングへ

banner2.gif







 

窯出し

 
嫌な釉薬掛けの作業から窯詰めの作業が終了し、昨日窯に火が入ってまして
今日、晴れて窯出しでした。

窯出しの作業は毎回楽しいですね~。

同じ釉薬、同じ温度で焼いても毎回少しづつ違いますから。

次回、個展用の作品もまたまた焼けてきました。

お~っ!モーレツ!(これ直径30センチくらいです)

451.jpg


う~ん・・・マンダム!(これも30センチ、つまりは尺寸ですね)

452.jpg


これは、すし屋の湯呑の大きさですよ。

453.jpg


金彩ベースに赤絵ですよね。
上絵焼成2回です。計4回焼いてます。

454.jpg


なんか写真で見直してみても、何やら面倒くさい作業してますね~。

前にも書いたけど私の脳味噌は百舌状態なので、作品が完成してしまうと
時間がかかった事など忘れてしまいます。

時間がかかる、かからない・・・の問題ではなく、やはり完成した作品が
自分として納得がいくか、いかないか?が最重要課題。

この作品達を作るには、手馴れた?私がやってもどうしても物理的に
時間がかかってしまう。

もちろん時間をかければ良い作品という事では決してありませんが
とにかくこの作品達は時間をかけなければ誕生できません。
困った事ですが仕方ありません。
値段も上がってきます

しかし・・・この作品達は皆様のとびきりの時間と空間の演出に役に
たっていただける事間違いなしです。

なぜなら、この作品達には恐ろしいくらいの私の怨念が・・・いやいや・・・
私の思いが入っています。

絶対に良いムード作りに一役かう事間違いなしです。

自画自賛ではありません。マジにそう思ってます。

(いや~・・・今日は強気発言やな~!)

ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif







 

サクラサク

 
「サクラサク」

今ではこういう電報はないのかも知れませんが
今から30年ほど前。

私が千葉県柏市にある全寮制の高校、「麗澤高校」の入試結果が
電報で送られてきました。

自分としては学科試験も面接もうまく行かなかった感じだったので
半分あきらめていたんですが届いた電報には

「サクラサク」

の文字。

季節の巡りは早いものです。
それからもう30回目のサクラ舞散るヒュルリ~ラ、ヒュルリ~ラ♪です。

今日のランチは近くにある桜の名所の堤防へ行って、
生徒さんとお花見ランチです。

昼からビールを飲んでしまい・・・
午後からの授業は酔っ払い状態でした!(ウソです。ちゃんとやりました)

sakura1.jpg


きれいですね~!

ここの堤防にはもうひとつ名物があってその名も「ド根性桜」
まあ、見てください。

sakura2.jpg


コンクリートの間からがんばって生きています。
根性!根性!ド根性~♪です。
ド根性カエルも真っ青です。

しかし・・・のどかです。

sakura3.jpg


実は明日のお昼も違う生徒さんとお花見ランチ。
明日の午後のクラスも酔っ払い?クラスになりそう?です???

それから、今日はちょっとBIGな仕事の依頼がきました。
自由業にとっては一番嬉しいことですが・・・
捕らぬタヌキのなんとかで・・・うれしさ半分、でも万が一の心配半分です。

ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif



 

嫌な仕事

 
今日は朝9時前から釉薬掛けの仕事スタート。

陶芸家だからと言って、陶芸に関する全ての仕事が大好きだという
ワケではありません。

以前から釉薬掛けの仕事は「嫌いだ!宣言」をしていたんだけど
現在でもやはり嫌いな仕事です。

しかも大漁です!・・・じゃなく大量です。

とにかく汚れますので、朝一番からそれなりの覚悟を決めて
面会謝絶状態にし一心不乱に釉薬を掛けます。

掛けます!

掛けます!

掛けます!

お昼ご飯の休憩をはさみ・・・

掛けます!

掛けます!

掛けます!

午前中の休憩も午後の休憩もほとんど取りません。

掛けます!

掛けます!

掛けます!

なんか坂上二郎になった気分。
(あれは飛びます!飛びます!だっけ?古っ)

最後の方になると1個とか2個だけ違う釉薬を掛けなければ
ならない仕事が残ってきます。

1個のために釉薬を攪拌機でかきまわし、それをコンプレッサーの
中に入れ、1個の釉薬を掛け終わると、またまた、コンプレッサーの
掃除となります。

そしてまた違う1個のために同じ作業の繰り返し。

ほとほとイヤになってきます。

イラついてきます。イライラ棒状態です。

おまけに掛けている釉薬が「伊羅保」(イラボ)です。
イライラ最高潮です。

まだ、今日は暖かかったのでよかったですが、厳冬日やら猛暑日の作業だと
ケンシロウのように「ウオオオオオオオ~~っ!」っと服をビリビリ
破いちゃいそうな、殺気が私から放たれます!

「ラオウよ!天に還る時が来たのだ!」

こういう時は私には近づかないようにしましょう!
北斗百烈拳が出ます。

釉薬掛けの仕事が終わると、今日はカミさんがいたので
スポンジで作品の底の部分にはみ出した釉薬を取ってもらいましたが
いつもはこの作業も一人でやります。

それが終了すると今度は釉薬を掛けた作品を窯に・・・

詰めます!

詰めます!

詰めます!

まずは酸化の窯に・・・

詰めます!

詰めます!

詰めます!

そして還元の窯の方にも・・・

詰めます!

詰めます!

詰めます!

大小ある作品を積み木のように窯の中に組んでいきます。
窯の内容積は決まっているので、無駄無く、効率的に入れていくには
それなりに色々と考えないといけません。

また釉薬によっては「溶けやすい」のと「溶けにくい」のがありますので
溶けやすい釉薬は窯の下の方へ、溶けにくいのは上の方に持っていきます。

そういう事をいちいち考えながら・・・時には窯の前で腕組をしながら立ち止まります。

一番困るのは5客セットとかの作品です。

窯に入れる時に原則的に5客セットだと同じ階層の所に入れないといけないからです。

スペースの都合上、一つだけ半端になってしまい、空いているからと言って
遠い所に置いてしまうと、それだけ色が変わってしまう事があるので
そういう事に神経を使うのがやはりシンドイですね~。

誰かこの仕事だけ代わってくれないかな~?!なんて毎回思います。

はっきり言いましょう!私・・・この釉薬賭け&窯詰めの作業・・向いてません。

ま、しかしなんとか夕方6時半には終了する事ができました。

ようやく集中治療室から抜け出る事ができました。
面会謝絶解除です。

後は今日の深夜にガスバーナーに点火。
明日の朝までゆっくりと温度を上昇させていきます。

あ~・・・今日は疲れたぞ!まったくぅ~!

ブログランキングに参加してます。 

人気blogランキングへ

banner2.gif



 

電柱看板撤去

 
うちの電柱看板です。

kanban.jpg


もうこの電柱に設置して6年ほどになりますが、今回この電柱看板が撤去される
事となりました。

お金が払えなくなったというわけではなく、実はカーブミラーのついている電柱には
看板は取り付けてはいけないのだそうです。
つまりは違法という事です。

しかし、そんな事は私が知っているわけでもなく、電柱看板を設置している会社が
違法な事をやっていたという事になります。

それで、看板の位置を違う電柱に移動するという案をいただいたのですが
遠い所に電柱看板を設置してもあまり意味がないと思い、今回契約を解約するという
事となりました。

この看板はうちの教室の道しるべだったんですが残念です。

しかし撤去するという事で一年に3万5千円ほどの経費が要らなくなりましたし
前払いしているお金もいくらかは戻ってくるみたいです。
(当然といえば当然ですが)

しかし・・・カーブミラーの電柱・・・って・・・・

写真ではカーブミラーが写っていますが、今はありません。

なぜならここのカーブミラーは設置しても1ヶ月と持ちません。
どこかのトラックがひっかけるのか?良からぬ人が壊してしまうのか
カーブミラーが設置してあっても結局は壊れている時間の方が長いのです。

まあ、今の政治と同じで何がなんだか・・・
本音と建前って感じです。

カーブミラーがほとんどついてない状態の電柱は、カーブミラーのある電柱とは
もはや言えないんじゃないかな~?

それなのにカーブミラーの電柱だから撤去というのも・・・
なんとも素直に納得できない気分ですよ。まったく。

ここまで電柱看板の事を書いておいて、こんな事を言うのもなんですが・・・
電柱そのものってすごく邪魔だし、景観が本当に悪い。

日本の風景がどこか海外と違ってゴミゴミしていてきれいでないのは
ほとんどが電柱のせいだと私は思ってます。

電柱がない街並みは本当にすっきりしていて気分が良いです。

電柱に無数の電線が絡み合い、空を見上げると空がいくつものパーツに
線を入れたみたいで・・・なんともはやですね。

すべて地中化にできないものでしょうか?
電力会社はほとんど独占企業なので、すごい儲けを出しているんだから。

ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif

プロフィール

熊本栄司

Author:熊本栄司
陶芸家・熊本栄司

三重県四日市市在住。
陶芸ビエンナーレグランプリ。
朝日陶芸展 秀作賞・新人奨励賞。
日展など多数の公募展に入選。

岐阜県瑞穂市の市章をデザイン




カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


ブログ内検索

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。