陶芸家・熊本栄司の陶芸春秋

陶芸家・熊本栄司の日々の活動や思い、陶芸家としての喜怒哀楽を綴ります

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

木箱

 
茶碗が出来てきました。

kinsaiakaewan1.jpg


kinsaiakaewan2.jpg


まあ、相変わらず派手なんですが、とにかく他にない作品作りを第一目的にしてますんで
派手でも良いのです。

そして個展が近づいてくると毎回悩む事があります。

それは木箱。

以前までは1万円以上の作品には木箱をつけていたんですが、
今回は3万円以上の作品だけにつけるようにしました。

もちろん、ご要望があれば1万円の作品でもつけますが・・・・

本音を言わせていただくと、木箱をつけると当然ながら木箱代が値段に中に
含まれてしまいますので、値段がその分高くなってしまいます。

できるなら少しでも値段を下げて展示販売したい。

しかし、木箱に箱書きというのが陶芸作品とセットになってますので
致し方ないかな???

なんでも鑑定団でも箱があるのとないのではかなり価値が違ってくるみたいだし。

しかし、それは巨匠だけの話かな????あははは

ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif



スポンサーサイト
 

百舌(もず)状態の私

 
ほぼ毎日ブログを書こうと思うとやっぱりネタが尽きてくる。

・・・でたまに良いネタが降ってくる。

「よし、明日のブログはこのネタを書こう!」・・・と

しかし、いざブログを書こうとすると・・・・忘れているんです。

もう、まったく、全然、すっかり、完全に思い出せない。

ネタが降ってきた時にメモをしておけば良いのだけど、その時は
「こんな良いネタを忘れる事はない!」と思っているのでたちが悪い。

ネタが降ってくるというのは、陶芸をしている時もあるし、テレビや新聞を見ている時、
トイレやお風呂の場合もある。

実は今回もそのネタをすっかり忘れてしまい、まずは昨日見たテレビから
記憶の糸をたどってみる。

「タイタニック」だっただろうか???

「ハリー・ポッター」だっただろうか???

実はCMになると違うチャンネルに変えてしまう癖があり、おかげさまで
同時に2つの映画を見る事になる。

つまりは今まで「ハリー・ポッター」を見ていても、それを見ていた事を忘れ
「タイタニック」の画面になると今度はそちらに集中してしまい、残念ながら
今まで見ていた番組の事をいきなり忘れてしまうのでありました。

こんな感じだからこそ、記憶を留めておく事なんて到底できないのであります。

こういう状態の事を百舌(もず)状態と言います。

百舌とは鳥の名前なんだけど、えさを捕ってきて木の枝なんかにそのえさを
刺しておくんだけど、百舌はその事を忘れてしまう。

結果、百舌が捕ってきたカエルなんかが木の枝で干からびている状態になります。

えさを捕って木に刺した事までは覚えていても・・・
いや・・・刺した場所をわすれたか?・・・
いや・・もっと重症になると捕った事自体を忘れてしまう。

なんだかボケ老人と状況が似ているのが、非常に怖いんだけど
似た症状がすでに・・・

これからは良いネタを思いついた時にはしっかりメモを取る事にしよう!

(しかしメモを取った事自体忘れそうで・・・やっぱりボケ中年か???)



ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif





 

始めの一歩

 
始めの一歩を踏み出すという事ほど難しい事は無い。

一歩さえ踏み出してしまえば、後は山あり谷ありでも
前には進んで行ける。

マラソンで例えると、途中の長い道がとてもシンドイ感じがするんだけど
私が思うに右足の次は左足、そしてまた右足と足を前に出しさえすればいい。

途中にある、山や海や空・・・それとも自分の前方にある道路、前を走るランナーの背中。

そういうものを見ながら、一歩、また一歩とリズムに乗り、はたまた機械的に
足を前に出しさえすれば、ゴールにどんどんと近づいていく。

最後の10キロなんていうのは、本当に大変だとは思うがゴールは見えている。
自分の進むべき道をただただ進んでいくのみであります。

結果は優勝?10位?ビリ?
それぞれあるだろうが、マラソンに参加したという満足感、充実感が生まれるであろう。

問題は最初の一歩であります。

・・・っていうか、もっと厳密に言うとマラソンの一歩目という事ではなく、
マラソン参加への応募用紙をもらいに行く一歩。

もっと、もっとさかのぼるとマラソンに出場するために、
ジョギング練習を始める一歩であります。

私もこの一歩がなかなか踏み出せないでいます。

陶芸という道はもうすでに歩いています。

しかし、その道にも色々な道があり・・・

「イージーコース」

「ノーマルコース」

「ハードコース」

「やるぞ!やってやるぞコース」

「ちょっと疲れたのでパチンココース」

「未知への遭遇コース」

「リンダ困っちゃうコース」

他いろいろ。

まあ、冗談半分のコースも書きましたがやはり
「未知への遭遇コース」なんていうのは、中々始めの一歩が
踏み出せません。

でも・・・たぶん・・・始めの一歩さえ踏み出せば「未知への遭遇コース」が
一番楽しかったりしてね。

仕事も趣味もそうなんですが、よく生徒さんから・・・

「私の友人もみんな陶芸をしたいって言ってはいるんだけどね~」

っていう事をよく聞きますが、「陶芸をしたい」と口で言ってはいても、
やはり始めの一歩が出ないんです。

始めの一歩は信じられないくらいのエネルギーと勇気を使います。

(スペースシャトルの打ち上げもはじめが一番エネルギーを使う。
・・って関係ないか????)

「千里の道も一歩から」

・・・とよく聞きますが、私が思うに
始めの一歩さえ踏み出す事ができれば、千里を歩いたのも同然です。


ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif



 

製作途中

 
製作途中。

金・紫・ひわ・草青の着色完了。

seisaku.jpg


後は黒・赤・九谷緑の着色予定。

ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif

 

ワリの悪い仕事

 
今日は通称Rクラス(年配クラス)終了後、歯医者に行った。

歯のスケーリング・・いわば掃除であります。

所要時間5分くらいだったかな?

支払った金額は、はっきりした事は覚えてないけど800円近かったような気がする。
私の負担は3割負担だから、もし保険がなければ歯の掃除だけで数千円かかる
計算になります。

歯医者は儲かるな~!

陶芸で同じだけの金額を儲けようと思うと、相当に大変です。
はっきり言いましょう。
陶芸はワリが悪い仕事です。

かかる材料費や燃料費、人件費を考えると儲かる職業では
決してありません。(例外も世の中にはもちろんいると思うけど)

そんな事は陶芸を始める時からわかっていた事ですが、
実際のところ、そんな事を深く考えた事もなかったし・・・(ダメじゃん!)

いや・・・考えないようにしていた!と言った方が正直なのかも知れません。

好きな陶芸の仕事をしているのだから儲からないのは仕方ない・・・と
心の奥でそう決め付けていたのかも知れない。

実際に陶芸の仕事に従事してから、儲かって、儲かって笑いが止まらないって事なんて
一度もありません。

そうは言ってもおかげさまで今のところはカミさんや子供も養って?ますし
車もテレビも携帯電話も所持している身分ではありますが。

テレビ番組で「世界バリバリ・バリュー」とかに出てくるお金持ちを見ていて
やる気が出てくるというよりは、なんだかため息しかでてきませんね~。

「こんな世界があるんだ?!」って驚きとともに、なんでそんなにお金が
入ってくるんだ????

「それにひきかえうちは・・・」
って事になると、なんだか虚しくなってきますが陶芸家の場合はズルイようですが
貧乏していても世間から容認されるフシがあります。
(アート系=貧乏)

まあ、そういう面だけはうちは職業的に随分と得しているのかも知れません。
(なんのこっちゃ???)

もちろん、努力して稼ぐという事が一番大事な事。

それでも何億って金額は
いくら陶芸家が努力してもかなり夢のような金額です。

よく株で儲かったとか損をしたとか・・・そういう話を聞きます。

モノを作って売るという原始時代のような経済観念しか
持ちあわせていない自分もかなり情けないですが、
クリックひとつで何百万と儲かる仕事って?!

それは仕事ではなく、「金儲け」という行為にしか私の目には映りません。

「いや・・・それでも立派な仕事だよ!」と顔を真っ赤にして爆笑問題の太田光のように
まくしたてられれば、そうなのかも知れませんが、個人的には仕事という感じが
しないというイメージが先行します。

仕事の重要な事に、やはり「世間に役に立つ」という事を抜きでは仕事は
語れないような気がして・・・
いやはや、若干青臭いんですが。

ネットでクリックひとつでお金を稼いでも、それって社会の何の役にたったのだろうと?
自分が儲けるだけで他人様は何も喜んでいなんじゃ??

「金儲け悪い事ですか~!」ってそういえば消えていったあの人の事を思い出した。

それでもワリの悪い陶芸の仕事を続けているって事は・・・・

続けているのには、お金だけでない所がやっぱりあるんでしょう!?

いや・・・あるんですよ!(強引に締めくくる)

(そして逃げる)スタコラサッサ!


ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif


なんで最後に逃げなければいけないんでしょうか??あはは


 

喜楽歩さん

 
以前、ブログランキング工芸部門にエントリーされていた大阪の喜楽歩さんがわざわざ、
光風窯陶芸倶楽部を訪ねてくれました。

大阪で陶芸教室を経営している喜楽歩さんは、言わば同業者。
色々と我が教室やギャラリーを案内させていただき、そして現在の教室事情も
色々とお話させていただきました。

奥様とお二人で来られたのですが、ご両人とも気さくな方でとても
良い印象です。

先日のよのじさんに引き続き、ネット繋がりで輪が広がっているのは
本当に喜ばしいことです。

そういう意味ではこうやってブログランキングに参加して、毎日オヤジブログを
書いているかいがありました。

でも・・・ブログもやはり第3者からみると人間関係については詳しくは
わからないみたいですね~。

前回でもそうだったんですが、よのじさんとは知り合いだけど、実際にはお会いして
ないので知り合いのようなそうでないような???って感じですから
よのじさんは知り合いですか?という感じの質問には何て答えてよいのやら。

今回もNYの豚足さんは知り合いですか?・・・と聞かれたのですが
知っている事は知っているんだけど、豚足さんの顔も年齢も(だいたい想像はできるが)
何も知らないので、こういう時って何て答えれば良いのでしょう?

たぶん第3者からみると豚足さんは日本にいる時に私の知り合いでそれから
NYに渡りそれでブログに書き込んでいるという風に思われているふしがありますが・・・

実際に豚足さんはNYで毎日美味しいものを食べて色々な所に出没して
たくさん写真を撮って、そして陶芸スタジオで作品作って・・・でも
何かしらやっている人!って感じですかぁ~???あははは

まあ、どうであれ、ネットで友人や知人ができるという事はすばらしい事ですね~!

喜楽歩さん!今日は遠い所、お疲れ様でした!
今度また大阪に行きますんで、その時はよろしくね~!

・・・という事で喜楽歩さんがお帰りになった後はひとしきり仕事をしまして
夜は友人夫婦との会食がありました。

一応、おフランス料理だったのですが、おフランスというよりは創作料理って感じでした。

niwa.jpg


久々に友人ご夫婦と色々な話をして楽しかったです。

今日は色々な人と過ごす時間が多い日でした。

ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif



 

茶碗

 
日頃、私は茶道具としての茶碗は作っていません。
(ご飯茶碗は作っているけど)

でも昔は一時期、作ってはいました。

いましたが・・・個展で茶碗を展示していた際にお偉い?お茶の先生がお見えになり
「あ~でもない」「こ~でもない」とご指導ご鞭撻を受けて以来、茶碗というモノを作る
事が面倒くさくなり、作らなくなりました。

しかし、4月の広島での個展では出品しようかな~なんて思っています。

今日、茶碗に釉薬をかけましたので、焼きあがらないと最終的に出品するか
どうかはわかりませんが、うまくいけば出品する予定です。

茶碗についてご指導、ご鞭撻をお受けしてから、色々と本などを読みましたが
どれだけ読んでみても、よくわかりません。

よほど私がバカなのでしょう。

わからないものはわからない。

・・・で結局は「お茶が飲めれば良いのじゃないか?」って事になってしまうんです。

この事は陶芸を始めた頃に思っていた事。

なんかグルッとまわって結局スタート地点に戻った気分。

そして天邪鬼(あまのじゃく)な私は、今回はお茶の先生に思いっきり
叱ってほしくなりました。

「なんなんだ?これは?」
「ふざけている!」
「お茶の事をわかってない!」

そういう言葉を頂戴する事ができたなら、私の思惑どおりという事になるのでしょうか?

同じ言葉を受けても、私はあの頃の純粋な?私とは違います。

「何故に、こんな茶碗を作ったのか?」

堂々と答える事ができる自分になりましたので。



ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif

 

悩みます

 
今日は朝から昨日ロクロで作ったミニ花瓶の削り作業。

それが終了してからは、鼻炎の薬の影響もありボ~ッとして
ました。

まあ、体を休めるのにもちょうど良かったのかも知れませんが。

それでも夕刻には本屋に出かけ、いつものようにメンズ雑誌と美術系の
本に目をとおしましたが・・・買ってまでという本にはめぐり合えずに
ただ立ち読みして帰ってまいりました。

夜7時より、5月に行われる万古祭りの打ち合わせで陶芸家6人が集結。
色々な役割分担を決めました。

そんなこんなで日曜日は過ぎていってのでありましたが・・・

ひとつ、気になっている事があるんです。

実はマイカーのガゾリン残量がほぼ空の状態なんですが、4月から暫定税率分が
引かれて25円安くなる?!との報道がチラホラ・・・で・・・・

ここでガゾリンを満タンにするとかなり損?になるのではと考え、できるだけ
車に乗らないようにしようとしているんだけど、この先どうなるんでしょうか?

それでも移動の手段に車は必要ですから、ガソリンは入れなくてはなりませんが
5リットルとか10リットル単位でしか入れないでしょうね~、きっと。

もし4月から値下げとなれば、ほとんどの人が3月末にガソリンを入れるという
事はしないでしょう。

まあ、3月末はガソリンスタンドもきっとガラガラになるんじゃないでしょうか?
その代わり、ガソリンの値下げと同時にスタンドは超混雑になるんかいな???

たかが25円、されど25円ですからね~。

しかし、25円下がっても一時期のガソリンの値段よりも高いのには
閉口してしまいますが・・・みなさんの所ではどうしてますか~????

マジで悩みます。

ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif



 

宇宙家族ロビンソン

 
今日も陶芸教室を朝・昼・晩とこなしました。

それでもこれと言ったネタがないのですよ!これが。

・・・でいきなりで何ですが、今日は「宇宙家族ロビンソン」の話です。

ある生徒さんが「宇宙家族ロビンソン」のDVDを貸してくれました。

そもそも・・・「宇宙家族ロビンソン」を知っている人なんているんでしょうかね~。

ちなみにスピッツの「ロビンソン」ともサイモンとガーファンクルの「ミセス・ロビンソン」
でもありません。

調べてみるとこのドラマが放送を開始されたのが1965年。

私が3歳の頃だそうですが・・・私の記憶の中にこのドラマがあるという事は
私が小学生の頃にもTV放送されていたんじゃないかな~って感じです。

特に濃いキャラクターのドクター・スミスやフライデーという名前の
ヘンテコなロボットは今でも鮮明に覚えています・・が・・・・

第1話というのはまったく知りませんでした。

なぜにロビンソン一家が宇宙で漂流する事になったのか?
何故にドクター・スミスというワケのわからない人物が宇宙船に同乗しているのか?

その疑問にこのDVDは答えてくれました。

そしてびっくりしたのがこのドラマの設定年代が1997年という事です。

ですから放送開始当時の1963年には1997年にはすでに人類は
光速で移動できる宇宙船を作る事ができると予想していたのでしょう。

まあ、このドラマもそうなんですが、初期のスター・トレックの船内の様子も
近未来を想定している割には舞台セットが実に古臭くコンピューターの
セットを見ても、どう考えても光速で巡航できる船というよりは
クリスマスの電球がやたらチカチカと点滅しているだけという感で
とても笑えます。

そういえば「謎の円盤UFO」というドラマの舞台設定は確か1980年か
1985年だったような気がしますがどちらにしても、
月に基地は今現在の2008年でも全然できていません。

当時の技術の進歩のスピードから考えると宇宙旅行くらいは20世紀末には
できると考えられていたんでしょうね~。

しかしながら実際は、我々は宇宙に目を向ける事よりも我々の地球の環境問題とか
年金問題の方が重要視しています。

そういう事になろうとは昔の人にはまったく予想できなかった事なんですね~。

ただひとつ言える事は21世紀に突入した今でも、人間自体はなんら変化なく
腹は減るし、寝るし、怒るし、笑うし、金は欲しいし・・・と大昔からなんの変化も
ない事が一番笑える事なのかも知れないですね~。

ネタがないとは言え、あまりの昔話についてこられるのは完全に中高年の
読者だけです。

「宇宙家族ロビンソン」と聞いて「あ~・・・懐かしいね!」なんて思ったあなた!
最悪です!


ブログランキングに参加してます。 応援クリックよろしくね~。

人気blogランキングへ

banner2.gif

 

こんなの作ってます

 
最近、ブログで書く事がぜ~んぜん・・・思い浮かびません。
鼻炎の薬のせいでしょうか?

頭がボーッとしています。(いつもの事かな?)

・・という事で今、こんなの作ってます。

konnano.jpg


ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif



 

なんなんだ?一体?

 
今日は雨です。

今までポカポカ陽気だったんだけど今日は若干気温が下がったような
気がします。

それでもやはり花粉症の人はツライです。
今日も朝から薬を飲んでがんばりましたが、やはり昼食後の眠さは
半端ではありません。

昼食を食べた後、また今日もウトウトしてきたのでこれではいけないと
思い重い腰を上げて仕事場に向かうべく玄関の方に歩き始めました。

すると・・・玄関の下駄箱の上になにやらドライヤーに似たモノがあるじゃないですか!

よく見ると・・・それは・・・拳銃でした!!!!

なんで拳銃がこんな所にあるんだ?

・・・と思ったその時、玄関のチャイムがピンポーンとなりました。

「あ~すみません!警察の者ですが!」

げげっ!私は何故かそこにあった拳銃を後ろのポケットに隠してしまいました。

玄関の扉をあけると制服を着た警官がいて、近所で警官を殺害し拳銃を
うばって犯人が近所に潜伏しているというので調べているんだそうです。

「あやしい人物を見かけませんでしたか?」

「いえいえ・・・あ・あ・あ・・・・見て・・・ませんね~」

「あれ?なんか返事が不自然ですね~。後ろに手をやっていますが
何か隠しているのですか?」

「いえいえ・・・なんにも持っていませんよ」

「すみません!ちょっと後ろのモノを見せてください」

「いえいえ・・・何も持ってませんってば~」

・・・という会話をしていたら後ろのポケットにある拳銃が床にポタリと
落ちてしまった。

「それはなんですかっ!」

すかさず私は拳銃を拾い上げ警官に向けて
「近づいたら打つぞ」・・と言ってしまいました。

なんでこうなるんでしょう?!ヤバイヤバイ!私は何にもしてないのに・・・

そうしたら警官も自分の拳銃を抜いて私の方に銃口を向けているでは
ありませんか?!

これはやばい!
私は無意識のうちに警官に向けて引き金を引いていました。



・・・・と・・・ここで・・・目が覚めました。
仕事に行ったのは夢の中だったんです。

つまりは昼食後に・・・寝てしまっていた!!!

なんなんだ?一体?

やっぱり鼻炎の薬って恐ろしい。
幻覚作用もあるのかも???

花粉症の方は気をつけましょう!

ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif

 

春ですね~。

 
今日も暖かい日でした。

すっかり春っぽくなってきました。

もうスタッドレスタイヤもノーマルに交換する時です。
スキーキャリアーもはずしましょう。

なんだかちょっと寂しい気持ちもするんですが、春なのに
寂しくなっていても仕方ありません。

春っぽい歌でも聴きましょうか?!

(ちなみに私の娘の名前は春歌です)

そして今は花粉の季節です。
やはり薬なしでは無理ですので朝に鼻炎の薬を飲みますが・・・

これがまた眠い。

「春眠暁を覚えず」効果プラス薬の副作用で、特にお昼ご飯を食べた後が
ヤバイです。「マジ寝」しそうになっちゃいます。

「マジ寝」したら最後・・・起きるのが大変です。
再起動するのに5分くらいはボ~~ッとしなければいけません。

しかしボ~~ッとしている間にまた眠くなってくるのには困ったもんです。

だからと言って・・・寝てる場合ではありませんので仕事をします。

細かい模様を鉢に書いちゃっていたりして・・・もう目がショボショボに
なってしまいます。

sara.jpg


この作品はちょうど素焼きから出てきた状態です。

細かい線は撥水剤で書きました。
素焼きをする事により撥水剤の効果がなくなり、釉薬を掛ける事ができるように
なります。

黒泥土でボディーを作り、撥水剤で模様を書き、白化粧をかける。
素焼きで撥水剤を飛ばす事により、模様は黒で出てきます。

今回の個展(広島)では上絵付けの食器だけではく
この手の手法のも並べる予定です。

ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif







 

本日にて終了

 
永らく皆様に愛されました・・・・

熊本栄司の「PRIVATEな日々」も・・・・

本日を持ちまして終了と・・・・


・・・・・ってな事ではありません!!


今日、春スキーに行ってまいりました。
本日で今シーズンのスキーは終了!という事です。

(え?まだ滑れるの?って思った人も多いでしょう)

とにかく飛びきりの青空!

daina1.jpg


そして初夏のような陽気で、普段着で滑っても寒くなかったと思います。

その分、雪の状態は朝はアイスバーン。もう10時頃からはシャーベット状になりました。
さらさらのパウダースノーをこの時期に期待はしていませんが
とにかくシャーベット状になると、本当に滑りづらいです。

今日は最後という事でゆっくり、まったり。
・・・という事でランチ(といっても10時頃だけど)早くもビール2杯目に突入状態。

daina2.jpg


完全に飲酒スキーです。

しかし、なんだかんだと言いながら今シーズンは4回スキーに行く事ができました。
シーズン中に3回は必ず行くと自分の中にノルマを作っていましたので・・・
(勝手に作ってろ!)

そして今年の12月28日にまた、スキー道具を持って再会しようと
スキー仲間と別れたのでありました。

(できる事なら新しい板と新しいウエアーで)

しかし・・・顔は雪焼けで黒くなってしまいました。
まあ、色白の私としては良い事なんですが・・・いやいや・・・すぐに
元に戻ります。

ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif

 

西村芳弘 陶展 を見てきました。

 
今日は滋賀県の大津にある「ギャラリー船岡」に
「西村芳弘 陶展」を見に行ってまいりました。

「西村芳弘 陶展」は3月20まで。AM11時~PM7時まで
大津市島の関6-8
 077-524-6816

西村さんはこのブログにも時々コメントを下さっている「よのじ」さんです。

・・・でこれからは私と「ギャラリー船岡」のご主人さんとの会話。(以下主)

私 「こんにちわ~。作品を見せてくださ~い」

主 「いらっしゃいませ!西村さんのお知り合いですか?」

私 「え?ま~知り合いと言えば知り合いですが・・・」
   (知り合いと言ってもネットの書き込みだけの知り合いなんだけど・・・)

主 「西村さんの作品は今回初めての展示なんですよ」

私 「あ・・・そうですか」

主 「西村さんとは同年代の方ですか?陶芸やってみえるのですか?」

私 「はあ、一応陶芸家です。西村さんはたぶん私よりだいぶ若いと思いますが・・・
   あの~・・写真撮ってもよろしいですか?ブログで宣伝しますから」

主 「そうですね~。一応西村さんの許可を取ってからという事で今から電話して
   聞いてみましょう」

私 「あ・・・・・あ・・・・そうですか」

主 「あ~西村先生ですか~?三重県から来ている熊本さんという方にかわりますね」

私 「あ・・・もしもし・・熊本です」

西村さん 「あ・・・初めましてですよね」

私 「あ・・・そうですね。初めまして!」
   (知り合いと言っていたのに初めましてというのも変な話なんだけど)

・・・ってな感じで、画廊のご主人さんとその奥様と色々な話をさせていただきました。

それで肝心の西村さんの作品ですが、とてもよかったです。
非常に個性的で西村さんの独特の世界が広がっていました。

実用食器がほとんどない所がまたよかった。

yonoji1.jpg


yonoji2.jpg


yonoji3.jpg


yonoji4.jpg


私は一番最初の写真のシルクハットをかぶっているオジサンのフリーカップを
買いました。
とてもユニークです。

型で作っているのかと思いきや1個、1個、手で作られているみたいで
いや~・・恐れ入りました。

西村さん(よのじさん)とは広島のアルパーク天満屋の個展で
お会いできる予定です。
・・・が・・・・私の作品を見られるのもなんだか恥ずかしいな~。

あ・・・四日市から大津まで車で約1時間強で行く事ができました。
新名神高速道路ができたため、本当にすごい時間の短縮でした。

京都までも1時間半もあれば行く事ができます。

ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif






  
 

初めての事

 
教室が・・・

山手線のラッシュ時になってしまいました。

yamatesen.jpg


うちの教室にこんなにも人が一度に入ったのは初めての事です。

ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif

 

うちの教室は・・・

 
陶芸教室とは基本的に陶芸を習うところであります。

当然の事ながら陶芸教室には陶芸を習いに来る生徒さんが来る事になります。

しかしながら、うちの陶芸教室は純粋に陶芸を学びたくて来ている人もいれば
おしゃべりや会話をメインに来られる方もいます。

うちの陶芸教室は陶芸の訓練校でも、プロ養成機関でもありません。
うちに来て楽しい時間を過ごしていただく事ができればそれでOKです。

ですからおしゃべりだけに来る人がいても全然構いません。

当然、私はボランティアで陶芸教室をやっているわけではないので
人が来てくれるだけでも、受講チケットが消費されますので
私としては陶芸をしようがしまいが、教室に来てくれるのは大歓迎です。

しかし、せっかく陶芸教室に来るんだったら、やっぱり陶芸の事を
少しでも習って欲しいとも思いますし、作品もガンガン製作して欲しいとも思います。

ヤル気はあるんだけど、手が動かない生徒さんもいます。

つまり何を作って良いのかわからない・・・という状態です。

「自由に何でも作って良いですよ!」と言われても、バンバンとアイデアや
作りたいモノが浮かんでくるワケではないのはよくわかります。

私も次の作品をどうするか?・・・という問題にぶち当たるとまったく手が動かなく
なります。

生徒さんとまったく同じです。

そこで生徒さんに「こんなのはどうですか?」「あんなのは如何ですか?」と
提案するんですが、「じゃ~・・そうしますぅ~」ってな感じで作り始めても
やはり動きが鈍い。目の輝きが違う。

陶芸教室に行っている事を友人に言ったら、作品の依頼を受けてしまった人という
生徒さんがいますが・・・・こういう生徒さんは無敵です。

そこには使命感があり、作る事への責任感。作者である自分への評価アップを狙う自尊心。

結局はそういう事なのかも知れません。

陶芸理論やら陶芸鑑賞やら陶芸技法やら陶芸の歴史やら・・・
陶芸教室の先生がいくら説明したとしても、自分から知りたいと思わなければ
まったく意味がありません。

陶芸作品が上手く出来たとか出来なかったとかは、第三者的立場で先生は
評価はしますが、最終的には自分自身で評価する時がやってきます。

これでいいや・・・と思えばそれでよし!
いや、まだまだここを直したい!・・と思えば直すに値する作品なのであります。

どうわからないか?という事がわからないから他人に意見を聞いてしまうのです。
もっと簡単にいえば「どこが良いのかわからない」「どこが悪いかわからない」

経験を積んでくれば、形が崩れているような作品でも、あえて崩しているのと
崩れてしまったのとの違いが分るようになってきます。

先にも書きましたが、うちの陶芸教室は訓練校でも研修所でもありませんので
頭の中カラッポで来ていただいて結構ですし、ヤル気がなくても全然OK。

ただ・・・時々・・・自分で陶芸雑誌や本を買って得た知識を先生にぶつけて
先生を困らせて欲しい気持ちもたまにはあります。

・・・と言いながら世間話に一番食いついているのは何を隠そうこの私です。
とほほほほ・・・ごめんなさい。

ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif



 

メリットとデメリット

 
今日も暖かい日です。

教室もストーブいらず。

313.jpg


さて・・・当たり前の事だけど陶芸作品っていうのは腐らない。
これはそれを商売にする側としは本当にありがたい事で・・・・

それにひきかえ、食品に関しては基本的には在庫はあまり持てない。
生ものの食品などは特にそうでありますね~。

寿司とかサンドイッチとかケーキとかお弁当とか赤福餅とか(笑)
売れ残りは損失となるから、1個でも多く確実に売っていかないと
いけない。

そうすると消費期限などを偽装したりして、損失を極力減らそうと
悪い考えが出てきたりしてしまう。

その点、陶芸(焼物)は在庫がきくので本当に助かります。
10年、20年前の作品だって売る事ができる。

これはすごいメリットです。

しかし、ずっと前にも書いたと思うけど、ある意味においては

これはすごいデメリットです。

残るが故にずっと残る(当たり前か?)

割らない限り残るのであります。

お弁当みたいにすぐに消費して、次の日にウ○コになってくれれば
また次が売れる。

しかし、陶芸作品みたいに割れない限り残り続ける事は消費という観点から
みるとデメリットという側面もあります。

(それでも自分の作品はずっと残っていて欲しいと思うから勝手すぎるよな~)

「もう食器棚の中は一杯!一杯!」

「もう花瓶は10個も持ってるし・・・」

「壁掛けももううちには飾るスペースがないんだよね~」

・・・・となると売る側からみると、リンダ困っちゃう事になってしまうのであります。

「毒を食らわば皿まで!」・・・って感じで毎回皿も一緒に食べてくれれば
もっと作品が売れる?かな???

な~んて、暖かくなってくると脳の中まで、アホな事を考えてしまいます。

「峠の釜飯」の器は陶器でできていますが、食べた後にあの器の処理に
困ったと思う人も結構たくさんいると思うんだけどな~。

縄文人の作品は残すつもりではなく・・・やはりここは残ってしまった・・・と
考える方が自然でしょうね。

後世に残すためにそれらを作ったわけではないのですから。
土で作った作品の(良い意味でも悪い意味でも)宿命ですね。


ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif







 

今日という日

 
起床7時40分

めざましテレビを見ながら朝食。
洗面をすませて8時20分には工房に。

素焼きの作品に撥水剤を塗ったり、釉薬をかけたり、窯を詰めたり・・・で
時間はアッという間に過ぎてゆく。

11時、釉薬仕事で汚れた服を少しばかりキレイな服に着替えて
某ステーキ屋さんに。

ある方がご馳走してくれるというので、ハラペコ状態でステーキを頂く。
平日の昼からステーキコースとはなんとも、ライオネル・リッチー!
バレンタインのお返しもその時お渡しする。お返しの品は靴下。

ステーキを食べながら東京都の追加出資400億円の話。
東京都民はよくぞガマンしているな~って話で盛り上がる。

ステーキを食べた後は速攻で工房に戻る。
すでにRクラスの生徒さんが来ていた。
またまた速攻でジーンズに着替えRクラススタート。

Rクラス終了後、今度は速攻で歯医者に。
昨日、はずれた歯のかぶせを持っていったのだけど
それを元に戻すだけで治療は終了。ラッキー池田。

しかし、歯のスケーリング(歯の掃除)をしてもらったのはよいのだけど
口の中は血の海。痛い!痛い!
昼に食べたステーキ分の血が流れていってしまった。

もう1回スケーリングをしましょうとのありがたい?歯医者さんのお言葉にあまえ
来来週、もういちど歯医者の予約を入れた。

歯医者から帰ってきたら生徒さんのHさんが焼きあがりの作品を取りにきた。
急ぎらしい。
この生徒さんにもバレンタインのお返しを渡しこれで本日の予定は
全て終了!

そんな3月12日でした。

ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif


 

記念日

 
今日は結婚記念日。
今日から結婚20年目に突入~~っ!

・・って昔から私は「式」とか「誕生日」「記念日」等の日はあまり好きではなくて
いたって何もない日が一番好きなのです。

だから
お正月でもない、(1月)
節分でもない、(2月)
ひな祭りでもない(3月)
緑の日でもない(4月)
GWでもない(5月)
海の日でもない(7月)
盆でもない(8月)
敬老の日でもない(9月)
体育の日でもない(10月)
文化の日でもない(11月)
クリスマスでもない(12月)

な~んもない・・本当になんにもない6月が一番好きです。

ですから、我が家はすごく寂しく思われるかもしれないけど
誕生日パーティーなんて全然やらないです。
確か去年は結婚記念日って忘れていたような・・・(汗)

そこへもってきて・・・

「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日。

な~んて、記念日を自分で作ってしまう人がいるのには
リンダ困ってしまってわんわんわわんです。

そうなると、もう毎日が記念日です!

今日、夕食を食べていたら・・・なんと・・・・ガリッ!!!!!
奥歯にかぶせてあって金属がガボッととれてしまった。
最悪です。

いきなり・・・奥歯の金属がはずれてしまったので今日は
「奥歯記念日」
と化してしまった。

明日は・・・
その奥歯を治療しに歯医者に行くので
「歯医者記念日」

その次ぎの日は・・・
次ぎの歯医者に行くのが億劫になるので
「憂鬱記念日」

その次ぎは・・・
こんな事に金を使うなんてあ~もったいないと思うので
「ざけんなよな~記念日」

・・・と記念日を作り出したらキリが無い。

なんかこのままではマイナーな記念日ばかりになってしまいそうだから

個展でバカ売れで気分最高!

「ひかえおろ~っ記念日」

っていう日がくる事をただただ祈るばかりです。

付き合いきれませんね!はい!さようなら!

ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif




 

友人の展覧会

 
しかし、今日の高橋尚子選手は残念でした。

一生懸命がんばったのはよ~くわかるんだけど、がんばったのと
結果が結びつかない事も人生にはあり・・・やはり年齢的な体力の
衰えはもう否定できない。

そして、優勝したのはバリバリの若手選手でしたね~。

ふと、アリスの「チャンピオン」という曲が私の頭の中をよぎります。

見ていて元気をもらったような・・・奪われたような・・・複雑な気分でした。

さて、今日はカミさんのお母さんのところに行ってまして、そしたら
偶然にも近くのギャラリーにて私の陶芸の友人が展覧会をしてましたので
見に行ってきました。

高山大 陶展

Gallery 芽楽

名古屋市名東区梅森坂1-903
TEL 052-702-3870

3月8日~3月23日 12時~18時
休廊日 火曜・水曜日

同時開催で乾ももこ展(油絵)

dai1.jpg


dai2.jpg


高山君は現在35歳。
作品は土味を生かした古代的でしかしモダンテイストもあります。

乾さんは2006年に名古屋造形芸術大学を卒業したばかりのバリバリの
若手作家。これからが楽しみの作家です。

近隣の方がおられればぜひともご高覧下さいませ。


ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif



 

若い女性達

 
うちの陶芸教室は木・金・土曜日の朝の部、昼の部、夜の部(夜だけ予約制)で
最大、一週間に9クラスの教室がある事になります。

しかしながら、毎クラスに平均して生徒さんが来るという事ではなく
人数の少ないクラスもあれば多いクラスもあります。

毎週土曜日の朝のクラスというのは基本的に人数が少なく(みんな寝てるのかな)
いつもはIさんという方(男性)が来てくれる程度なんですが・・・
(今日はIさん以外にも生徒さんはいたんだけど)

その方が午前中に忘れ物をされて、今日午後の教室の時に忘れ物を
取りに見えました。

その時の一言・・

「午前中とは全然、雰囲気が違いますね~!!」

それもそのはず、今日の午後の教室は女の方ばかりで
しかも若い女性が3人もいましたので・・・

陶芸教室の中に若い女性がいるというのは、これほどまでに
雰囲気が違うものなのか???

やはり花があるというのでしょうね~。

まあ、そういう意味では「先生やってて良かった!」と思える瞬間でしょうか???あれ??

いつもIさんと二人だけの教室では・・・はっきり言ってオヤジ二人ですんで
もちろん花はありません。

二人だけですので話もしますが、キャーキャーという話の内容ではありません。
仕事の話とか世間話とかもオヤジ世界の話です。

いくつになってもやはり若い女性というのは良いですね~!

な~んて文章を書いてエロ先生と思われても困るんですが、
客観的な事実としては間違ってはいないでしょう。

Iさん!いつもさみしい教室でごめんなさい!

来週の土曜日の午前中は貸切教室なので、よろしければ午後にでも
おいで下さいませ!

うちの若い女子生徒がお出迎えいたします?!
料金完全前払い制、安心・明朗会計!(キャバクラか?っつーの?)

たまには違った雰囲気での教室も面白い??ですよ??
あはははは。

ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif



 

認めたくない事実

 
ど~も最近、テレビの画像がよく見えない。

特に字幕とテロップとかがぼやけて見えない。

自慢じゃないけど昔から目が良いのと白髪がないのが唯一の自慢であったんだけど
最近じゃ~白髪もあちらこちらに出てきたし・・・

先日、メガネを買った時に視力検査をしてもらったら0.3だった。

小学生の頃は1.5とか悪い時でも1.2の視力だったのが
勉強のしすぎ?で45歳の今になったら0.3になっていた。

今まではメガネなんてほとんどかけずに陶芸教室をやっていたんだけど
ここに来てメガネをかけるようになると生徒さんも・・・

「あれ?先生目が悪かったんですか~?」

・・・って当然の事ながらそう言われる。

「いや~・・・最近、遠くのモノが見えづらくてね~」

な~んて話をしていたら、ある生徒さんが

「それって乱視でしかも老眼の始まりじゃないの~?」

などと全然嬉しくもないコメントをして下さる。

「私のメガネは乱視と老眼が入っているんだけど、かけてみる?」

・・・って事でそのメガネを借りてみた。

「う~・・・まったく見えない!」

一安心であります。ただ視力が落ちただけじゃ~ん・・・と思い
今度は近くのモノを見てみたら・・・これがなんと・・・

「良く見えるじゃん!!」

これって・・・・これって・・・もしかして・・・老眼?
私の辞書に老眼という文字はない!ロナルド・レーガンなら知っているが。

そもそも老眼という言葉の中の「老」という文字が気に入らない。

「私・・・完全に老けてます!」って感じの言葉。

私はまだまだ若い?んだと・・・ブログでは自分の事をオジサンと呼んではいるが
本音を言うと精神的にはまだ30代前半なのだ。

しかし、ここにきてこの認めたくない事実を自覚しないといけない時が来たのか?

いや・・・私は絶対に認めない!
自分が老眼の始まりなんて絶対に認めないからな~っ!

認めないんだからねっ!!!!

ブログランキングに参加してます。 

人気blogランキングへ

banner2.gif


 

角度

 
作品を作る時、結構気になる事・・・それは「角度」です。

特に直角や鋭角の作品はきっちりと角度が出ているか
やはり気になります。

よく素人さんの陶芸作品を見る度に思う事は、例えば正方形の
花瓶を作る場合、きちんと角が出ていない場合が多いです。

角の作品を制作する場合・・・・特にタタラ(板状)の粘土で
角度を曲げて作る場合は角がうまく出づらいです。

「角は土食い」と言って、特に角には粘土を足してあげて
仕上げると直角とか鋭角が出やすくなります。
いくら定規でならしてしても、なかなかうまく角度がでません。

少し多めに土を盛っておいて、少し乾燥した段階でカンナで削ると
うまくいきますよ。

さて・・・話はまったく変わるんですが「角度」つながりで・・・

皆さんはスキーを滑る時の地面の傾斜角度ってどのくらいか
知ってますか~?

三角定規で直角(90度)そして60度、30度とありますが・・・
まあ、30度くらいの傾斜角度で滑っているんじゃないかな~?
な~んて思っておられる方も多いのではないでしょうか?

いやいや・・・・スキーだから45度くらいの傾斜かな~?なんて
思っている方もお見えかもしれない。

はっきり言いましょう。傾斜角度30度というのは
もうマッサカサマ!!です。

傾斜角度30度は下の方から上を見上げる分にはたいした事はありませんが
上から下を見た場合、足がプルプルきてしまいます。

kakudo.jpg


ちなみに先日行ったスキー場でのコース案内の看板、
無謀にもこのBLACK BEAR AVENUE というコースに挑戦して
しまいました。

平均傾斜角度25度、最高傾斜角度38度!!!

スキージャンプ台で35度から37度です。
滑るというより・・・恐る恐る落ちていく・・・という感じでした。

ちなみにスキージャンプの選手はもう人間ではありません。
宇宙人かスーパーマンです。あのジャンプ台を直滑降で
降りるなんて、信じられません。

次回からは30度なんて角度・・・もう挑戦しません。
歳ですから・・・もう怖いです。

スキーも陶芸も角度が大事!って事で・・・お後がよろしいようで!

ブログランキングに参加してます。 

人気blogランキングへ

banner2.gif





 

製作中

 
341.jpg


342.jpg


343.jpg


ブログランキングに参加してます。 

人気blogランキングへ

banner2.gif

 

かかる時間

 
今日は朝から次回の個展用の壁掛け作品製作をしてました。

大小あわせて5つの作品の仕上げ作業。

何十もの部品から構成されている壁掛け作品はどうしても
製作するのに時間がかかってしまいます。

作品は5分で作ったから駄作、100時間かけたから秀作という事では
決してありません。

ですから、時間がかかって製作している事をこれ見よがしに
自慢するワケではありませんが、今私が製作している作品は
物理的にどうしても時間がかかってしまいます。

よくひとつの作品に時間をかけすぎると・・・

「一体これいくらで売るの?」

・・・という事をよく言われます。

おっしゃるとおりで製作に時間をかけるという事は人件費?等を計算すると
作品の値段はどんどん高くなってきてしまいます。

そういう意味ではひとつにかける時間というのは極力少ない方が
良いに決まってます。

決まっていますが、それでは自分の表現したい作品にはならないのが
今の私の現状です。

商売としてのモノ作りだと、時間をかけず、手間かけず、それでいて
採算性が良く・・・となるでしょう。

わかっちゃいるけど・・・そこまで割り切れません。

儲けは少しでもやはり作りたい作品で個展をしなければ
個展の意味はありません。

でもそんな事では、ちょっとヤバイかな?
経済活動も大事だし!

な~んて事も毎回考えてはいるんですがね!はい。

ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif

 

芸術考

 
「あかりをつけましょ♪ぼんぼりにぃ~♪」

・・という事で今日は楽しい?ひな祭りですね。

3月・・・弥生です。

弥生という事で草間彌生さんを思い出してしまった。
インパクト強すぎです。

kusamayayoi.gif


彼女や岡本太郎を見ると真の芸術家と言うのは、やはり一線を越えている
ような感じがするのは私だけではないと思うんだけど・・・どうでしょうか?

実際に御両人にお会いした事がないので、推測の域での話なんだけど
安定した生活とか金銭面、健康面、社会性、人間関係など、普通の人間なら上位に
くる重要度がお二人にはさして重要でないような感じがうかがえる。

わが道を行く・・・他人からどう思われようが、そんなのカンケ~ネ~!

そういう意味で私はいたって凡人であり、ノーマル人間だという事を
ご両人を見ていると自覚せざるをえない。

芸術関係の仕事をする上では、やはり狂気?に似た領域に足を
入れないとダメなのか?

たまにそう考える事もあるけれども、何度自問自答しても
自分はその領域には足を踏み入れる事もできないし、実は
その領域に足を入れたいとも思っていないのであります。

ゴッホのように弟夫婦に世話になりながら生活し、耳を自分で切り落とす
までして芸術活動を続けたいとは私は思わないからであります。

そういう点だけとってみても私はいたって普通人。

普通人という事を自覚した上で、それなりに悩みながら作品を作っているワケです。

昨今では村上隆氏のように、芸術とビジネス、商売という事を密接に関係づけして
有名になった方もお見えです。

同じ芸術家と言っても、全然違うタイプが
存在し、それが世間でも評価されています。

もちろん世に認められるには作品をビジネス的にとらえ、メディアや広報に乗らせる
事が重要です。

昨今では作品を作る人間はベンチャービジネスの社長さん並みの
経営力がないと生きていけないのかも知れません。

・・が残念ながら私にはその才能はありません。

ふと、芸術とは?芸術家とは?アーティストとは?陶芸家とは?どうあるべきなのか?
な~んて人並みに考えたりする今日この頃。

村上氏の「芸術起業論」という本も読みましたが、どこか心の奥に
ひっかかる虚しさや切なさは一体なんなんでしょうか?

逆に岡本太郎的な生き方や考え方の方に、より親近感を覚えてしまうのは
何故なのでしょうか?

たぶん、それは岡本太郎や草間彌生が純粋で
打算がないからかも知れません。

小難しいビジネスや美術界を白い巨塔みたいに渡っていく事は
純粋にモノを作る、製作するという事と対極の位置に存在するからかも
知れない。

ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif









 

3月突入

 
ついに3月に突入ですね~。

まだまだ先だと思っていた広島での個展も暦の上では来月!
いや~・・・作品ヤバイっす!

今回は色々と失敗が多いし・・・

明日からは気合いを入れなおしてビシッっとかっちょよく
作品作りに精を出します。

さて・・・作品を作る場合、頭の中にイメージができないと
作品はできません。(私の場合)

イメージさえ出来上がれば、そのイメージにそって手を動かせば
良いだけです。

しかし、イメージができてもそれを具体化するための技術が必要です。
頭の中にアクロバット的な作品イメージが浮かんでも陶芸でそれを
具体化するのは大変な事です。

ですから始めに脳内製作をやります。

頭の中で粘土を積み上げ、乾燥させ、焼いてみる。

頭の中のシュミレーションが最後の焼成の工程までイメージが
できればほとんどの場合、うまくいきます。

しかし、製作には失敗はつきもの。
今まで数え切れない失敗をしてくると脳内のシュミレーションも
失敗回避の方向にベクトルが動いてしまいます。

結果、安全な道ばかりを選択するようになります。

あまりに安全な道は、失敗が少ない分面白みや新鮮味に欠けてきます。

職人的な仕事はそれで良いのです。

私の場合、職人的な仕事も基礎にはあるのですが、やはりそれだけでは
面白くありません。

例えば、ロクロの技術ももちろん大事ですが、ロクロが上手くなればなるほど
失われていくものもあります。

それは安定した技術から脱却できないからです。

新しい試みは面白いけど半面怖い。

失敗もあるけれど、新しい試みというのは今までの
自分の得意としてきた技を少し捨てるという事にもなるからです。

まあ、自分でも何を書いているのかワケわかんなくなってきていますが
とにかく、そういう事もふっくるめて新しい作品作りをがんばろうと思っておりますです。はい。

ブログランキングに参加してます。

人気blogランキングへ

banner2.gif

プロフィール

熊本栄司

Author:熊本栄司
陶芸家・熊本栄司

三重県四日市市在住。
陶芸ビエンナーレグランプリ。
朝日陶芸展 秀作賞・新人奨励賞。
日展など多数の公募展に入選。

岐阜県瑞穂市の市章をデザイン




カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ブログ内検索

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。