FC2ブログ

陶芸家・熊本栄司の陶芸春秋

陶芸家・熊本栄司の日々の活動や思い、陶芸家としての喜怒哀楽を綴ります

RSS     Archives
 

興味

 
しかし、今日は寒かったですね~。

小雨も降っていて寒さは拍車がかかりました。
三寒四温・・・ま、これが春の天気です。

今日は久々に本屋に行きました。
しばらく行ってなかったので、どれも私には新刊です。

片っ端からパラパラとページをめくっていきます。

男性誌のコーナーを立ち読みし、そしてやっぱり陶芸の
本のコーナーに行って色々と参考になる本がないかを
物色します。

毎回そうなんですが、陶芸雑誌というのは「当たり」と「はずれ」の
差が大きく、1,2ページめくっただけで閉じてしまう場合も
多いです。

しかし、これは私の場合という事で、興味のある人は
私がつまらないと思った雑誌でも興味深く読むでしょう。

私は陶芸家でありながら、あまり釉薬には興味がないんです。
ですから釉薬特集とかだと題名だけ見て速攻にパスです。

もちろん、自分の作品でも色々な釉薬を使い分けてはいますが
興味がないものはないんです。

私は釉薬の織り成す模様や景色、色彩もそれはそれでキレイだと
思いますが、それ以上に形や表現力という方に興味があります。

こういう事を書くと、陶芸家失格のように言われる事がいままでも
何回もありましたし、その度に勉強が足りないと指摘されても
きました。

(しかし陶芸家ってそもそも自称の世界なのにね~)

しかし、スキ・キライは・・・

「勉強して克服できるものではありません。」

市販されている釉薬でも、使い方とセンスでとてもよい作品に
仕上がります。

よく釉薬命でがんばっておられる方がおみえですが、そういう人と
話をすると作品についてどうのこうのよりも、釉薬について
どうのこうのの話が中心になり、錬金術師と話をしているみたいな
錯覚を覚える事もしばしばでした。

もちろんそれが悪いと言っているわけではありません。

元々、世捨て人的な職業の陶芸家家業です。

好きな事をやれば良いわけで、私が非難する事でもありません。
それと同時に陶芸家でありながら釉薬にはあまり興味がない私も
非難される所以はないのです。

どうも「陶芸家とはかくあるべき」という人が多いです。
とくに評論家や学芸員によくそういう人がいます。

ロクロがひけない陶芸家がいても、菊練りができない陶芸家が
いても別に作品ができれば全然OKなんですけどね~。

逆にロクロがバリバリで土練りもバリバリでも作品が
面白くないと何にもなりませんのよ!

・・・いや、これホントの話です。

ブログランキングに参加してます。 応援クリックよろしくね~。

人気blogランキングへ

banner2.gif










スポンサーサイト



プロフィール

熊本栄司

Author:熊本栄司
陶芸家・熊本栄司

三重県四日市市在住。
陶芸ビエンナーレグランプリ。
朝日陶芸展 秀作賞・新人奨励賞。
日展など多数の公募展に入選。

岐阜県瑞穂市の市章をデザイン




カレンダー
03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


ブログ内検索

最近のトラックバック