FC2ブログ

陶芸家・熊本栄司の陶芸春秋

陶芸家・熊本栄司の日々の活動や思い、陶芸家としての喜怒哀楽を綴ります

RSS     Archives
 

本質的な陶芸

 
さて・・正規の教室は今日からスタートです。

しかしながら統計的に言って、年始の教室はスロースタートと
いう事になっています。

年末・年始と教室をお休みしていて

「やっと陶芸やれるぞ~~っ!!」

・・・と言ってたくさんの生徒さんが押しかけると思いきや
毎年の如く年始は生徒さんは少ないです。

不思議なもので人間ってしばらく休んでいると再起動するのに
かなりのパワーが要るみたいです。

教室も数年やっていると「統計」が取れてきます。

入会していきなりターボエンジンで飛ばす人は意外と失速
するパターンが多いです。

逆にマイペースを保っている人は長続きしてますね~。

そして、春から夏にかけては入会が多いです。

やはり新学期であり、暖かくなってきて気分もヤル気になるんで
しょうね。

そして秋から冬にかけて辞めていきます。

まるで絵に書いたような恋物語みたいです。

陶芸教室はあくまで趣味の世界です。
興味がなくなったら辞めるので結構です。

しかし・・・できれば・・・

陶芸って結構奥が深いです。

表面的な事だけでなく、本当は

「作る事とは?」

「土というものは?」

「焼くという事は?」

みたいな陶芸の本質的な部分にこそ触れてもらえると
オジサン本当に嬉しいと思っていまうのでありました。

今日もろくろで土と格闘している若い生徒さん。

その姿はなぜか人間の本質的な部分(子供が泥遊びをするような)
・・・をさらけ出しているような気がして、ほほえましくなりました。


↓↓↓↓

人気blogランキングへ

banner2.gif


スポンサーサイト



プロフィール

熊本栄司

Author:熊本栄司
陶芸家・熊本栄司

三重県四日市市在住。
陶芸ビエンナーレグランプリ。
朝日陶芸展 秀作賞・新人奨励賞。
日展など多数の公募展に入選。

岐阜県瑞穂市の市章をデザイン




カレンダー
12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索

最近のトラックバック